• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月25日 07:00

貧乏脱しても財布のヒモは緩まず~財務データから見たカープの経営哲学(後)

財務データなどからわかる経営ビジョン

 では、業績好調が続くカープは今後、どこに向かおうとしているのか。それについては、この10年に6度の日本一に輝き、「球界の新盟主」ともいわれる福岡ソフトバンクホークスと比較検証すると、自ずと浮かび上がってくる。ホークスはカープと同じく地域重視の球団経営をしながら、人気、実力に加え、資金力もあり、チームカラーが好対照だからだ。

 たとえば、決算公告を基に両球団の直近3年の業績を比較しただけでも、両球団の経営の特徴が浮かび上がってくる。

[ホークスの2017年2月期]
売上高278億2,800万円
純利益19億8,300万円

[カープの2016年2月期]
売上高182億191万円
純利益14億4,619万円


[ホークスの2018年2月期]
売上高304億9,100万円
純利益18億6,700万円

[カープの2017年12月期]
売上高188億681万円
純利益12億9,705万円


[ホークスの2019年2月期]
売上高317億7,400万円
純利益2億6,000万円

[カープの2018年12月期]
売上高189億4,230万円
純利益9億3,020万円

 見ておわかりの通り、売上高は毎年、ホークスがカープより100億円前後多いのに、両球団の純利益は数億円しか差がなかったり、むしろカープがホークスより純利益が上回っていたりする。つまり、それだけホークスは多くの経費を計上し、カープは経費の節減に努めているわけだ。

https://www.data-max.co.jp/files/article/20191223-carp-02.jpg
※クリックで拡大

 また、前掲の【表Ⅱ】にもそんな両球団の特徴がよく現れている。つまり、売上高はホークスがカープより毎年100億円前後多いにもかかわらず、直近の決算公告で示された利益剰余金はホークスが82億7,400万円、カープは81億8,100万円で、その差は1億円に満たない。ホークスが稼げば稼ぐだけ使うのに対し、カープは稼いだ金を貯め込んでいるわけである。

 では、ホークスはどんなことにお金を使っているのか。

 まず、前掲の【表Ⅳ】に示されている通り、ホークスは現在、選手の年俸総額が12球団中1位である。そして実をいうと、ホークスの年俸総額が12球団中1位になったのは2016年から4年連続だ。チームはこの10年の間に6度も日本一になっているが、この戦績に見合った年俸が選手たちに支払われているわけだ。

 また、再び【表Ⅱ】を見ていただきたいのだが、ホークスの1,080億300万円という総資産額は、180億6,800万円で2位の阪神以下9球団を大きく引き離して断トツとなっている。これは本拠地の福岡ヤフオクドーム(2020年より福岡PayPayドームに名称変更)を所有しているためだ。

 ホークス球団の公式発表によると、その取得金額は870億円。先ほどはカープがこの10年余りの間に、財務状況が好転するとともに固定資産を47億円余り増加させていたことを紹介したが、両球団はお金の使い方のスケールがまったく違うと言っていい。

 このほか、両球団はファンサービスのありようも大きく異なっている。

 プロ野球では現在、観客へのユニフォームの無料配布がイベントの1つとして定着したが、これを2004年に最初にやったのはダイエー時代のホークスである。一方、これを12球団で唯一行っていないのがカープなのだ。

 また、現在はプロ野球でもチアガールがお馴染みになったが、ホークスも「ハニーズ」という公式チアリーディングチームを有している。一方、カープは12球団で唯一、チアリーディングチームをもっていない。カープはその代わり、ホームランを打ったカープの選手にホームラン人形を手渡すホームランガールがいるほか、5回終了時のイベントタイムにはスタンドでビールの売り子に踊らせるという独自路線を突き進んでいる。

 つまり、ホークスがファンを喜ばせるためなら、いくらでもお金を使うのに対し、カープはできるだけお金を使わず、ファンをもてなすことを目指しているわけだ。

 では、このような両球団の差はどこから生まれるのか。それは、経営ビジョンの違いに起因するのだと思われる。

 ホークスの孫正義オーナーは2004年、ダイエーから球団を買収した当初より「福岡から世界一のチームを目指す」と公言してきた。一方、カープの松田オーナーが常々言っているのが「広島にカープを残すのが使命」ということだ。

 つまり、ホークスは福岡から世界一を目指しているので、稼いだお金をどんどん使って球団をスケールアップさせている。これに対し、カープは広島で存続することが至上命令なので、お金を貯め込んでいるわけだ。

 カープは、松田オーナーの一族が株式の大部分を所有する同族会社のため、チームが低迷していた時期はファンの間で「オーナー一族は球団を私物化している」という類いの批判が飛び交っていた。今もそういう批判がないわけではないが、事実関係を見る限り、「広島にカープを残すことが使命」というオーナーの言葉は本心から発せられたものなのだろう。

(了)
【片岡 健】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop