2024年05月22日( 水 )

日銀が家族寮2物件を入札 大濠は大和ハウスが1種170万円で取得へ

記事を保存する

保存した記事はマイページからいつでも閲覧いただけます。

印刷
お問い合わせ
法人情報へ

 日本銀行が福岡市中央区の「大濠家族寮」(敷地面積807坪)、「荒戸家族寮」(同596坪)の2物件を売却する。大濠家族寮は12月2日、荒戸家族寮は11月13日にそれぞれ入札が行われた。

 大濠家族寮を落札したのは大和ハウス工業(東証一部)で、入札価格は坪あたり340万円といわれている。プレミストシリーズの分譲マンション開発が予想されるが、「現状は未定」(同社)という。

 荒戸家族寮を落札したのは九電グループの九電不動産(福岡市中央区)で、入札価格は同420万円といわれている。こちらは「オークシリーズの分譲マンション開発を予定している」(同社)という。今後は引き渡しを経て、既存建築物の解体が行われる見通し。

 いずれも高額での落札だったことから、マンション価格は高価格帯となることが予想される。

大濠家族寮
大濠家族寮
荒戸家族寮
荒戸家族寮

【永上 隼人】

関連記事