• このエントリーをはてなブックマークに追加
2019年12月27日 11:24

公民連携、ふるさと納税を巧みに活用し「健幸長寿のまちづくり」を推進(前) 一樹百穫 

佐賀県三養基郡みやき町 町長 末安 伸之 氏

 全国の地方自治体が自立を目指して施策を模索するなか、幾多の民間企業とコラボレーションすることで、いま日本全体が抱える人手不足、高齢化の問題に果敢に挑戦しているのが、佐賀県三養基郡のみやき町だ。しかもそれらの取り組みはすべて町民の健康を増進することにつながるという。旗振り役である末安伸之町長にお会いし、企業からの提案を柔軟な姿勢で受け止め、さらに誘致を積極的に行うほか、公民連携、ふるさと納税を活用したGCFなどを巧みに活用し、両者のWin-Winな関係を見事なまでに構築しているみやき町の現在をうかがった。

(聞き手:内山 義之)

 ――各種のメディアで取り上げられるなど大変注目されていますが、まずはどういった考えのもとに動いているかをお話しください。

佐賀県三養基郡みやき町 町長 末安 伸之 氏
佐賀県三養基郡みやき町 町長 末安 伸之 氏

 末安伸之町長(以下、末安) これまで旧3町が掲げてきた「平準化・融和・協働」のもと、第1次総合計画および第2次総合計画の基本目標に沿った行政運営を行っています。重点目標には「定住総合対策事業」「子育て支援のまちづくり」「健幸長寿のまちづくり」がありますが、昨今は公民連携のプロジェクトに力を注ぎ、それぞれの加速化を図っています。

 とくに「定住総合対策事業」においては、民間が事業主体になり、その資金やノウハウを生かして公共事業を行うPFI(Private Finance Initiative)方式による「定住促進住宅」の整備や、「土地の分譲・住宅建設」「企業誘致」がとても順調で、自治体や企業の視察が絶えません。

 また、「子育て支援のまちづくり」では 学校給食費の完全無償化や18歳までの医療費補助を実施するとともに、産前産後のケアや子育てサポート事業を推進することで、そうした世代から選ばれるまちづくりを目指していますが、昨年度は6年連続の転入超過、さらには旧3町時代から続いていた人口減少に歯止めをかけ、22年ぶりの人口増となったところです。

 そして「健幸長寿のまちづくり」については、面白い取り組みを続々と打ち出していますので、ぜひ詳しくお伝えしたいところです。

 ――そうした指針からはみやき町の独自性が感じられます。実際にはどういった取り組みがなされているのでしょう。

 末安 まずはビジネスの視点から公民連携についてお話ししましょう。現在、40社以上と連携協定を締結し、そのうちの十数社とはビジネスパートナーとしてとても良い関係を築けています。

 とくに活発なのは農業分野です。後継者不足から起こる農地荒廃が全国的な問題として取り上げられていますが、そのスピードがどんどん速まっているという現状があります。もちろんみやき町も例外ではありません。そこで問題を解決すべく私たちはスマート農業に着目しました。

 AI・IoT・ビッグデータプラットフォームのマーケットリーダーとして知られる民間企業とタッグを組んだのが、「スマート農業アライアンス」です。ここではGCF(ガバメントクラウドファンディング)を活用します。ふるさと納税制度を活用して行うクラウドファンディングです。寄附金の使い道を可視化し、プロジェクトに共感した方から寄附を募る仕組みですが、地方自治体として初めての取り組みですからとても注目されています。

 具体的にはドローン・AI・IoTを利用し、高付加価値の農作物を生産し、流通・販売を行っていくことが目標です。町内の生産者の農地を、ドローンを使って空中から解析します。人間の目ではなかなか察知できないものをコンピューターの力を借りて見ていくわけです。ウンカの発生やいもち病の兆候が見られれば農薬を散布しますが、反対に何の兆候もなければ農薬散布をやる必要がないと判断できます。経費削減ができるのはもちろんのこと、農薬を使わなければ無農薬米として価値を高めていけます。

 前回の試験的な取り組みでは、農薬散布の必要なしということで大幅な農薬代のコストカットができました。さらには無農薬米ということで約3倍の価格で販売できましたから、「スマート農業アライアンス」の効果たるやご説明するまでもないでしょう。今後は、これをみやき町全体に広げていきます。

 その前提として研究者や商社と強固な協力関係を築くための法人を立ち上げたところです。

 もう1つ、公民連携に関係する面白い話題としては、みやき町内に工場を誘致した国内最大手の漬物メーカーからオファーがあり、漬物の素材となる農作物の契約栽培を行うための産地化を進めています。

 当時、久留米市と東京都内に拠点を構える老舗化学薬品商社から共同して農業法人の立ち上げの依頼を受けておりましたので、まず、農業法人「みやきファーム」を立ち上げました。

 その際、私から要求したのは、まずは従業員を2名派遣してくれ、そして机上ではなく実際に汗にまみれてやってくれということでした。産地化を実現するためにはやはり、みやき町のことをよく知ってほしい、どういう気持ちで取り組んでいるか、そういう想いを共有してもらいたい。町としても新規に地域協力課という部署を設け、町役場の職員とともに野菜づくりをやってもらいました。

 そうした努力の甲斐もあり、すばらしい野菜ができましたので、いまは産地の拡大という次のステップに入っています。

(つづく)
【文・構成:天野 祐次】

25周年記念出版雑誌 『一樹百穫』 一覧

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年08月05日 10:52

京大名誉教授鎌田氏が富士山噴火について語るNEW!

 江戸時代の1707年(宝永大噴火)を最後に約300年噴火していない富士山。関連の学会ではそう遠くない時期の噴火の可能性およびその場合の被害などについて議論されている...

2021年08月05日 10:06

博多三大祭り・筥崎宮の放生会~規模を縮小、露店出店は中止NEW!

 新型コロナウイルス感染拡大を受け、お触れ行事や御神輿清などの神事を取りやめるなど、規模を縮小して開催する...

2021年08月05日 09:36

動物園アジアゾウ舎整備、別府JVが2.4億円で落札NEW!

 福岡市発注の「動物園アジアゾウ舎放飼場整備(その3)工事」を(株)別府梢風園を代表とする別府・小山JVが2億4,361万2,000円(税別)で落札した...

2021年08月05日 06:00

同一労働同一賃金、個別の処遇は?NEW!

 今回は、個別の処遇について検討します。なお、以下の解説はあくまで例示ですので、会社によってその手当の「性質・目的」が異なる場合には、別の結論になることもあります...

2021年08月05日 06:00

【みやき町「健幸長寿」のまちづくり(4)】健幸長寿の象徴をカタチに、元気なまちづくりを支援NEW!

 「市村清記念メディカルコミュニティセンター」は、隣接する町営の温水プール施設の改修に合わせて周辺一帯を再開発する「メディカルコミュニティみやきプロジェクト」の肝とな...

2021年08月05日 06:00

【球磨川水害から1年】「流水型ダム」が球磨川治水の要(中)NEW!

 あくまで個人的な意見になるが、緊急治水対策プロジェクトのさまざまなメニューのなかで、最も重要であり、最も象徴的な対策は、流水型ダムだとシンプルに考えている...

2021年08月05日 06:00

22年度、ついに延伸開業 地下鉄・七隈線が博多駅へ(5)NEW!

 薬院は、七隈線では天神南に次いで2番目に乗降人員が多い駅である。西鉄・天神大牟田線への乗り換えが可能なほか、駅前から博多駅方面へのバスも運行しており、交通結節点の様...

2021年08月04日 17:02

中国の再エネ巨大市場 脱炭素化を追い風に「技術覇権」狙う(前)

 中国は世界の太陽光パネル生産量の約8割を占め、風力発電設備でも主要生産国の1つだ。巨大エネルギー市場をもつ中国は石炭火力発電が主力であるが、再生可能エネルギーが急拡...

2021年08月04日 16:25

【業界を読む】斜陽産業だが改革進まず、新聞は恒常的な赤字事業へ(後)

 毎日新聞は毎日新聞グループホールディングスの連結決算の公表がなくなり、持株会社と毎日新聞社の単独決算だけが公表されたため、別表は毎日新聞社単独の業績推移と決算内容で...

2021年08月04日 16:12

【コロナ禍の明暗(1)】三井物産は通期予想を上方修正、JR九州は最終黒字 第1四半期決算

 三井物産が3日、2022年3月期第1四半期の決算発表(連結)。売上高は2兆6,580億円(前年同期比44%増)、税引前利益は2,561億円(同151.2%増)、純利...

pagetop