• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月24日 11:00

明暗が分かれた2019年の福岡プロスポーツ(後)

昨季最下位からの飛躍・ギラヴァンツ

 日本プロサッカーリーグ(J.LEAGUE)のJ3に属するギラヴァンツ北九州(以下、ギラヴァンツ)。2019年シーズンは19勝6敗9分でJ3優勝を決めた。

 昨季(18年シーズン)は、6勝17敗9分。J3の17チームで最下位に沈んでいた。巻き返しを図るべく、ギラヴァンツの玉井行人社長は、「中長期的な観点から、改めてチームの基盤づくりに取り組んでいく」ことを表明し、サッカー界では名指導者として名高い小林伸二氏を監督兼スポーツダイレクターに招聘した。小林監督は、徹底したフィジカル強化のためのトレーニングを実践し、2部練習を導入して選手にハードワークを求めた。

 さらにシーズン前の選手補強においては、強豪・名門の大学や高校から有望選手を獲得し、シーズン中も他クラブから補強を進めるなど、強化・編成面でも積極的な活動を実践した。

 フロントと現場が一体となったギラヴァンツは、リーグ戦開幕から4連勝し、Jリーグ加盟から10シーズン目にして初、JFL加盟時代の2シーズンも含めて、全国リーグではクラブ初となる首位に立つ。その後も好調さをキープしながら、第26節から6戦負けなしと上昇気流に乗った。

 さらに第32節のホーム戦で讃岐に勝利し、J3の2位以上が確定。4シーズンぶりのJ2復帰が決定した。第33節、ガイナーレ鳥取戦で引き分けたものの、同節で2位藤枝MYFCが敗れたことで優勝が決定した。前年のJ3最下位から劇的復活をはたしてのクラブ初タイトルを勝ち取った。前年の最下位チームが翌年に優勝するのはJ1、J2、J3を合わせて史上初の快挙となった。

 総得点数は18年シーズン22から19年は51と倍増以上となり、失点は18年42から19年は27と大幅に改善した。27失点は、リーグ最少でもある。

 ギラヴァンツの大躍進は、フロント・現場とも危機感を共有し、対処的なチーム立て直しでなく、根本からチーム再生を実行することを決断し、ハードワークというシンプルで地道な強化が実を結んだ。来季は、16年シーズン以来のJ2復帰となり、スピード・フィジカリティそして戦略・戦法がより高度化することは必至である。Jリーグ史上初の快挙を成し遂げた戦力で、どこまで上位に食い込めるか、要注目だ。

資金難で迷走、ライジングゼファー フクオカ

 ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ(B.LEAGUE)のB2西地区で戦う、ライジングゼファー フクオカ(以下、ゼファー)。2018-19シーズンは、BリーグのトップカンファレンスであるB1の西地区で戦ったが、12勝48敗で勝率.200。6チーム中5位でシーズンを終了した。さらにシーズン中に、ゼファー運営会社のライジングゼファーフクオカは1億8,000万円の資金ショートが表面化し、4月29日までに資金調達の見込みが明確にならなければ、最悪のケースで「リーグから撤退」もあり得た。

 期限直前に、地元福岡に本社を置く健康補助食品製造・販売のやずやなどの支援によりリーグ撤退は免れたものの、B1ライセンスは交付されず、B2ライセンス交付となりB1から降格した。その影響で、主力選手のほとんどが退団し、戦力ダウンを余儀なくされた。

 2019-20シーズンは、B2西地区から再スタートし19年9月21日に開幕を迎えた。1月20日現在、9勝25敗勝率2割6分台と低迷。6チーム中最下位と苦戦している。球団マネジメントは19年8月に代表が交代し、経営陣も一新された。ゼファーの再生は、今後資金的な基盤を構築できるかにかかっている。選手補強など編成のテコ入れが急務である。

J2残留したものの、……アビスパ

コーナーキックに合わせる、アビスパ福岡の大型新人、三國ケネディエブス選手
コーナーキックに合わせる、アビスパ福岡の大型新人、三國ケネディエブス選手

 最後にJリーグJ2のアビスパ福岡(以下、アビスパ)。2018年シーズンまで4年間監督として指揮した井原正巳氏(現・J1柏レイソル・ヘッドコーチ)が退任。2019年シーズンは、新監督にイタリア・エラス・ヴェローナFC前監督のファビオ・ペッキア氏が就任し、新体制でのマネジメントに期待が寄せられた。

 ペッキア監督のもと、主導権をもった組織的かつ攻撃的なサッカーを目指すも19年2月24日開幕(対FC琉球)から4戦勝ち星なしで苦戦を強いられた。さらにペッキア監督が6月3日付で退任、同日付でコーチの久藤清一氏が監督に昇格して采配を振るった。厳しいチーム事情のなかチーム一丸となって健闘したものの、42試合12勝22敗8分の22チーム中16位でシーズンを終えた。

 課題であった得点力不足はシーズン中に解消されたとはいえず(総得点39)、失点が62と攻守とも不調に終わった。辛うじてJ2には残留したものの、クラブおよびサポーターとも満足いくシーズンではなかった。

 11月25日に同じJ2の水戸ホーリーホックで指揮を執っていた長谷部茂利氏が新監督に就任。さらに強化部長には、柳田伸明氏が就任して体制を一新させた。

 アビスパは、J2下位に甘んじていいチームではない。2020年は、組織的かつ攻撃的なサッカーに加えて選手が1対1の局面で必ず勝つハードワークの継続が求められる。これまで以上の過酷なトレーニングを追求していくことが先決である。

(了)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月17日 15:25

下請業者に不当な減額や返品を要求~伊藤忠商事の子会社に下請法違反NEW!

 公正取引委員会は2月14日、伊藤忠商事の100%子会社で、婦人服ブランド「レリアン」「キャラ・オ・クルス」「ランバンコレクション」などのブランドを展開する(株)レリ...

2020年02月17日 14:47

(株)INS(旧・(株)ヰノセント)(東京)/婦人服販売NEW!

 INSは2月14日、東京地裁に特別清算の申請を行った。

2020年02月17日 14:30

これからのカードは指紋センサー搭載カードに(前)NEW!

 中国発の新型コロナウイルスは全世界に大きなショックを与えており、新型ウイルスのワクチンがない現在、さらなる感染拡大が心配されている。新型コロナウイルスは感染者と接触...

2020年02月17日 14:00

老舗企業のお手本となるマネジメント~(株)未来図建設NEW!

 地場総合建設業の(株)未来図建設は地元のまちづくりに貢献し続け、顧客および取引先などステークホルダーから高い評価を受け絶大な信用を得ている。同社代表取締役・菅原正道...

人災としてのコロナウイルス感染拡大NEW!

 想定された事態が発生している。日本全国で新型コロナウイルス感染者が確認され始めた。しかも、中国・湖北省から日本に移動した人、中国・湖北省を訪問した人ではない。そもそ...

2020年02月17日 13:30

神奈川県知事肝いりで推進!「人生100歳時代の設計図」(後)NEW!

 人生100歳時代では、リタイアしてからスムーズにセカンドキャリア、あるいは新たな生活ステージに移行できるかがポイントとなる。

2020年02月17日 11:52

【書評】有森隆著『創業家一族』を読む~かつて日本の創業者は起業家精神が旺盛だった!(前)NEW!

 永らく日本はベンチャー不毛の地と言われてきた。インターネットの勃興に合わせて、米国ではGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)が、中国にはBAT(バ...

2020年02月17日 11:30

【シリーズ】生と死の境目における覚悟~第2章・肉親を「看取る」ということ(4)NEW!

 石田弘次郎(仮名)は、母の葬儀を、ひとりですべて準備・段取りして、取り仕切った。「母が亡くなってから葬儀までは、悲しんでいる暇などなく、葬儀の準備から会葬していただ...

2020年02月17日 11:22

【政界インサイダー情報】大阪IRの日本側エクイティ参画は20社1,400億円NEW!

 大阪IRの公募(RFP)申請の締め切りに際し、日本側エクイティ(株主資本)投資負担額が1,400億円であることが明らかになった。また、これに応募するのは関西地元財界...

2020年02月17日 11:14

【インタビュー/加谷 珪一】オリンピック後、2020年代日本の未来図~祭りの後の日本経済発展のために(1)NEW!

 2020年、56年ぶりに東京オリンピックが開かれる。前回の東京五輪同様、その後に景気が低迷すると予測されている。また、2020年から全都道府県で人口減が始まるとの予...

pagetop