• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月24日 14:00

アロマセラピーで認知症を予防・改善(後)

星薬科大学先端生命科学研究所ペプチド創薬研究室
特任教授 塩田 清二

香りによる認知症の改善

 認知症の改善に、香りの効果があることが証明されている。嗅覚とアルツハイマー病が密接に関係していることがわかってきたが、すでに香りが認知症患者の周辺症状の治療に有効であることは経験的にいわれていた。

 抑うつや不眠障害については、アロマセラピーが効果的なことは古くから知られている。しかし、アルツハイマー病の中核症状である認知機能障害についての有効性はまだ検討されていなかった。

 我々は、横浜市にある老健施設において、医師の協力の下で交感神経系を活性化するレモンやレモングラスなどの柑橘系の香りを用いて毎日2時間芳香療法をアルツハイマー病の患者さんに施術した。

 その結果、患者さんは日中活動的になり、夜は疲れてよく眠れるようになった。その結果、生活リズムが整い、物忘れなどの中核症状が改善されることがわかった。認知症の初期、中期、末期いずれの時期においてもレモングラスにより芳香療法が効果的であることが実証された。

 また、NIRS装置を使って被検者の患者さんの脳機能を調べたところ、レモングラスの香りは大脳の前頭葉の脳血流量を有意に増加させることが確認された。

アルツハイマー病にアロマセラピーが効果

 我々の臨床研究で、高度のアルツハイマー病患者でもアロマセラピーに一定の効果が見られることがわかった。脳が機能不全を起こしているアルツハイマー病の重症の患者さんでも認知症改善効果がみられたことから、アロマセラピーが認知症の症状改善の有望な手段になり得るということになる。

 現在臨床で使用されている認知症の薬は、症状を遅らせる効果はあるが、認知能力をあげる点ではまだ効果が低いといえる。アロマセラピーを、従来の西洋医学的治療と併用することで、認知症の予防や改善に役立つことが期待できる。

 最近我々は、認知症の予防や改善を目的として「忘れないで1日2時間マスク」を製造・販売することになった。このマスクを装着すると2、3分で大脳皮質前頭葉の脳血流量が上昇し、集中力が増加してやる気が出てくるということもわかってきた。

 また、このマスクにはレモングラスのセルエキストラクトを用いているが、低温真空抽出法で作出した天然の細胞水を使っており、一切化学香料を使用していないのが特徴である。

 天然の香りを嗅ぐことによって免疫機能の向上や精神安定作用、あるいは記憶の神経回路の調節など、ヒトの健康のみならず社会行動にも嗅覚情報は深く関与している。

 さらに嗅覚に関与する嗅細胞の神経再生の本質的理解が進めば、嗅覚障がいの予防・治療法の開発、脳や脊髄の神経再生医療にもつながると考えられる。

 今後、認知症などの精神神経疾患の予防や改善にアロマセラピーが役立つと考えられる。また、セルエキストラクトを用いたマスクを装着すれば高齢者のドライバーの事故防止やさらにうつ病対策にも使えると我々は考えている。

(了)

参考文献:『<香り>はなぜ脳に効くのか アロマセラピーと先端医療』塩田清二著(NHK出版新書)2012刊

<プロフィール>
塩田 清二 (しおだ・せいじ)

 早稲田大学卒業後、新潟大学大学院修士課程修了。昭和大学医学部にて医学博士号を取得(1983年)。アメリカのチューレン大学客員教授、昭和大学医学部顕微解剖学講座主任教授(1999年〜2015年)を経て現在、星薬科大学特任教授。2018年に中国ハルビン医科大学の客員教授に就任。日本アロマセラピー学会名誉理事長、糖尿病肥満動物学会の名誉会員。「米田賞」「後藤賞」を授与。VIP/PACAP関連ペプチドおよびRegulatory Peptides国際学会の理事。英文原著論は500を超える。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年04月06日 14:00

リニア開業に向けた「This is NAGOYA」な駅づくりとは?(前)NEW!

 2027年のリニア中央新幹線開業に向け、名古屋駅周辺で新たなまちづくりが進行している。名古屋市は14年に「名古屋駅周辺まちづくり構想」を策定。東西駅前広場の再整備、...

2020年04月06日 13:30

傾斜の事実を隠され販売されたマンション!(前)NEW!

 NetIBNewsでは、3月9日に「福岡市東区の傾斜マンション、構造計算にも問題あり!」、3月16日には「続・福岡市東区のマンション、構造計算問題」を報じ、構造設計...

2020年04月06日 13:11

大腸内視鏡の進化、「AI内視鏡」の時代へ(前)NEW!

 2018年2月、CTで撮影した脳の画像を解析し、脳卒中の有無を判断する人工知能(AI)ソフトウェアが米国FDAによって医療機器として初めて承認を受けている。

2020年04月06日 12:00

脳サプリで認知症啓発 地域貢献にも注力NEW!

 健康食品や医薬品製造販売を展開する東京製薬(株)は、薬業からの観点で、ホスファチジルセリン(PS)などの機能性素材を組み合わせた、高齢者向けの健康食品「アルツブロッ...

2020年04月06日 11:30

KFT(株)がFUTAEDA(株)に商号変更NEW!

 KFT(株)は4月1日、ユアハーベスト(株)、グレートモーニング(株)、(株)遊星の3社を合併し、権利義務の一切を継承。3社は解散し、KFTはFUTAEDA(株)に...

2020年04月06日 11:01

【コロナに負けない(16)】西福製茶(株) SARSや災害に学び異変へ備えNEW!

 国内外でお茶の卸売を手がける西福製茶の代表・西宏史氏は2003年に日常の備えの重要性を痛感したという...

2020年04月06日 10:39

国民守る意思と能力がない布製マスク内閣NEW!

 安倍無能内閣が真価を発揮している。1住所あたり2枚の布マスクの支給。自己申告制による所得が減少した世帯への30万円支給。いつ実現するのかも不明だ。最低最悪の施策であ...

2020年04月06日 09:56

【コロナに負けた!(1)】コロナ狂想曲NEW!

 プロフェッショナルにとって、仕事は自分が自分であると実感できる唯一の瞬間といっても過言ではあるまい。3月、福岡市美術館での個展中止の電話をもらう。DMを出したばかり...

2020年04月06日 09:20

WHOは政治と公衆衛生を分けるべき~WHOに台湾の参加を求める要望書を送付NEW!

 3月26日、九州在住の台湾出身の医療関係者らで構成される「西日本台湾学友会」が、台湾のWHO参加を求める要望書をWHOのテドロス事務局長宛に送付した...

2020年04月06日 07:00

アジアの世紀を踏まえて、2020年以降の世界政治経済動向を占う!(後)

 「21世紀が「アジアの世紀」になることは間違いありませんが、私はGDPの大きさや経済成長率だけで中国やインドが欧米に代わって、世界のさまざまな新しいルールをつくって...

pagetop