• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年01月24日 14:30

【検証】「ゴーン国外脱出」~王は法を犯さない

現在の日本は、「検察と裁判所は法を犯さない」か

 被告人・ゴーンは入管法違反(形式犯)の罪を犯しただけなのに、「国権を揺るがす」「国権に対する重大な挑戦」とまで非難されている。日本人の入管法違反に対し、このような言説を聞いたことがないから、これはゴーンが外国人であるからだろう。そういえば、ゴーンは母国と自宅に戻っただけである。

 裁判所が、GPSをつけて、自宅に戻ることを許していれば、そもそもこの「犯罪」は発生のしようがなかった。GPS装着が非人道的と思えば付けないで許可すればいいだけだ。

 検察は刑訴法の大原則である検察官の順法義務違反と憲法違反を犯し、裁判官はそれを容認する違法な訴訟指揮権の濫用で同様の大罪を犯した。ゴーンはどれだけ声を枯らしてこの国家権力の大罪を批判してきたことか。これを一切国民に伝えなかったのが日本のマスメディアである。このため、ゴーン事件が世界に報道されればされるほど日本国民は世界の笑い者になっている。

 「罪人が何を言う」これは有名な落語家のMCが繰り返しテレビやネットで主張してきたことである。このMCがいう罪人とは入国管理法違反についてだけ言っているものと信じたいが、世間ではゴーンの国外脱出は「もはや科刑は免れないと悟ったため」とまことしやかな動機が流布しており、これらの情報発信源がいずこであるかは、日本人なら誰でも知っている。この裁判の判決が出ない前の「有罪推定」こそが、日本の文明的後進性である。

 具体的には、日本では、検察に逮捕起訴された段階で強い有罪推定がはたらく。それをささえるものが「検察と裁判所は法を犯さない」という秘密の法格言である。

 このような国で刑事被告人となった者が冤罪から逃れるためには国外脱出しか方法はない。「正々堂々と裁判所での裁きをうけるべきだ」と主張する「知識人」は多い。それは「潔く冤罪を覚悟せよ」と言っているのに等しい。「知識人」は膨大な冤罪の存在を知らないか、無視している。どちらも許されない。

 刑事裁判有罪率99.9%の問題性の本当の意味は、検察の起訴時に強い有罪推定を生み出していることである。単なる比率それ自体を議論しても意味がない。刑事裁判が法と正義に従って遂行されていれば、その結果の数字を議論する意味はない。論者は検察と裁判官の法執行が違法な結果、有罪率が99.9%と異常である、と言っているもので、99.9%が異常な比率であるから、検察と裁判所の法執行は不正・不当であると言っているのではない。

 論理的思考教育をほとんど回避する日本の公教育の結果、日本国民はこの論理の順序方向を理解することができない。その結果、本質的な問題を理解しないままに終わる。

 ゴーンの国外脱出は、背後に重大な国家権力の違法行為・犯罪行為があって発生したものであり、ゴーンが科刑逃れのために脱出したのではない。その証拠を今、眼前で国民はみせつけられているのに理解することができない。ゴーンの公然とした反撃こそ、ゴーンが科刑逃れの為に脱出したのではないことを雄弁に物語っている。

【凡学 一生】

▼関連リンク
【検証】「ゴーン国外脱出」~菊池弁護士の誤解説
【検証】「ゴーン国外脱出」~「ゴーンは日本の刑事裁判から逃げた」との論評について
【検証】「ゴーン国外脱出」~明白な陰謀の証拠
【検証】「ゴーン国外脱出」~前後する二つの「陰謀」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年02月24日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(4)NEW!

 萩原氏は1996年、東京工業大学教授に転じた。日産時代はアメリカの安全基準をクリアすることに精一杯だったが、「外に出てみて振り返って考えたときに、改めて衝突について...

2020年02月24日 07:00

【業界ウォッチ】第54回スーパーマーケット・トレードショー2020~Future Store “Now”NEW!

 幕張メッセにおいて2月12日~14日、スーパーマーケットを中心とする流通業界に最新情報を発信する商談展示会「第54回スーパーマーケット・トレードショー2020」が開...

2020年02月23日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(3)

 こうした製品化への応用が進む折紙工学だが、萩原氏が折紙工学の研究に向かうきっかけは自動車の衝突対策であった。萩原氏は1972年、工学系の修士課程を終えて日産自動車(...

2020年02月23日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(6)

 セブン-イレブンは、従業員の作業時間と作業量の削減を目的とした省人化の実験を19年7月「セブン-イレブン町田玉川学園5丁目店」(東京・町田市)でスタート、同年12月...

2020年02月22日 07:00

日本発の「折紙工学」産業化に向けて離陸へ(2)

 折紙工学を基に実用化された製品も登場してきている。萩原氏は、衛生用品の大手メーカー、ユニ・チャーム(株)と共同で、平面の紙を立体的に表現する「折紙工学」を応用してフ...

2020年02月22日 07:00

コンビニ業界大激変時代~月刊コンビニ 編集委員 梅澤 聡 氏(5)

 チェーン本部がいま最も腐心するのが、店舗運営におけるコスト削減である。納品時の検品レスやスライド棚による作業軽減、食器洗い機の導入、カウンターフーズのセルフ販売、発...

2020年02月21日 17:23

【熊本】動き始めた熊本空港アクセス鉄道~熊本地震が“追い風”

 熊本県で長年懸案になっていた熊本市街地と熊本空港を短時間で結ぶアクセス交通の整備計画が動き始めた。2016年4月の熊本地震への復興支援が“追い風”になり、定時輸送で...

2020年02月21日 16:56

『第10回日本山岳遺産サミット』に参加して

 「第10回日本山岳遺産サミット」が2月15日(土)、東京都千代田区一ツ橋にある一橋大学講堂で開催された。日本山岳遺産サミットとは、2019年度の日本山岳遺産認定地の...

2020年02月21日 16:28

通期予想、達成厳しいイズミ、MV九州、ナフコ~主要6社、1月末現在の売上高進捗状況

 2、3月期決算まで残すところ1~2カ月を切った。そこで月次売上増減率を公表している6社を対象に1月末現在の売上高の進捗状況を調べた。

2020年02月21日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」2月18日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop