• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年02月13日 09:30

【中村医師追悼企画】活動する場所は違えども 先生のご遺志を継いでいきたい―(後)

特定非営利活動法人ロシナンテス 理事長/医学博士 川原 尚行 氏

 12月4日、アフガニスタンなどで人道支援事業を行っているペシャワール会の現地代表で医師の中村哲氏が、銃撃されて死亡したと報じられた。この悲報は国内外に大きな衝撃を与え、多くの人が悲しみに包まれた。スーダンなどで医療支援を展開する特定非営利活動法人ロシナンテスの理事長で、中村氏と同じ九州大学医学部の後輩でもある川原尚行氏もその1人だ。川原氏に、現在の心境などを聞いた。

 

川原 尚行 氏
川原 尚行 氏

 ――スーダンでは2019年に、政変が起きたと聞いています。

 川原 4月11日、デモ隊の座り込みによりバシール前大統領が退陣に追いやられました。その後、スーダンの軍部が強制排除のためにデモ隊に向けて発砲し、100名以上の死傷者が出ました。そのように国内情勢が不安定になったことで、安全のためにロシナンテスの日本人スタッフ全員をいったん引き揚げました。

 その後、私が10月と12月の2度にわたってスーダンに行き、現地の状況を見極めたうえで、20年1月からは再び2名の日本人スタッフが駐在することになっています。政変後の現在のスーダンは、軍部と民主化勢力による暫定政権の共同統治が行われていますが、前政権のときと比べると、我々のような国外からの支援団体への対応や態度などが、やや柔和になっている印象は受けます。

 ――今後は、どのような活動をされていかれますか。

 川原 ロシナンテスの“目指す将来像”として、「支援した地域の人たちが、『医療』を自分たちのものとし、地域の人たちだけで医療を継続できる仕組みが根付いている世界」の実現を掲げています。

 我々が活動をスタートしたのが、スーダン東部のガダーレフ州の無医村地域なのですが、そこでは医療の提供のために診療所を建てたほか、井戸を掘って水を確保し、学校をつくって子どもたちの教育を行い、さらに母子保健の部分で助産師さんの育成などを行いました。ここは今では我々の手を離れ、地元の人々が自立して、自分たちの手で医療を継続できる環境になっています。こうした地域をスーダン全土に、そして、今はご縁があってザンビアでも支援活動を行おうとしていますが、ゆくゆくはアフリカ諸国にも広げていきたいと思っています。

 スーダンのように医療資源が乏しいなかで、いかにして地域医療を行っていくか。先ほどの水の問題もそうですし、衛生面などの“病気にならない”ための地元の人々の保健意識の変革も必要です。ブラッシュアップを重ね、場合によってはITなどの最新技術も活用しながら、より良いモデルをつくっていければと考えています。そして、そうしたモデルは、日本の地域医療にとっても、1つのヒントになるのではないかと思います。

 ――最後に、中村先生への追悼の思いをお聞かせください。

 川原 12月にスーダンから日本に帰国してから、すぐさまペシャワール会の福岡事務局に弔問に行きました。そこで中村先生のご遺影を拝見し、先生のご遺志を継いでいこうという決意を新たにしたところです。とはいっても、私がアフガニスタンに行くわけではありません。先生がされていたのは、本当に地元の人々のことを思って、医療だけでなく、彼らが自立して生活できるための環境や仕組みをつくっていくことでした。そのような先生の志を継いで、場所は違えどもスーダンを始めとしたアフリカ諸国で、私は私なりに、地元の人々のために頑張っていきたいと思っています。

 また、弔問した際に、ペシャワール会の若い20代のスタッフの方々と話す機会がありました。そうした若い世代の方々には、私やロシナンテスが培ってきた経験なども伝えながら、一緒に中村先生のご遺志を継いでいければと思っています。

(了)
【坂田 憲治】

<プロフィール>
川原 尚行(かわはら・なおゆき)

 1965年9月、北九州市生まれ。小倉高校、九州大学医学部卒業などを経て、98年に外務省に入省。2002年に在スーダン日本大使館に一等書記官兼医務官として着任した。05年1月に外務省を辞職し、同年4月よりスーダン国内での医療活動を開始。06年5月、北九州市に「NPO法人ロシナンテス」を設立。同年8月にはスーダン共和国政府から国際NGOとして正式に登録される。以来、スーダンを中心に医療支援活動を展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年05月27日 16:30

Zoomが中国で利用規制~新規の無料ユーザー登録が不可に

 ここ数日、中国において、「Zoom」の無料ユーザーがログインできない事態が生じている。24日、記者が日本、中国、香港の友人たちとZoomで会話をしようとしたところ、...

2020年05月27日 16:10

緊急事態宣言全面解除 「新しい生活様式」46ヶ条の総まとめ

 「新しい生活様式」とは何か! すでに実践済みとは思いますが、改めて政府が唱える46項目の「新しい生活様式」を掲載します

名ライオンズマン・和田耕司氏のライオンズクラブ「惜別の辞」

 和田耕司ライオンより、ライオンズクラブ脱会にあたっての「惜別の辞」が送られてきた...

2020年05月27日 13:36

【BIS論壇No.322】コロナ後の日本、世界経済予測

 今回のコロナパンデミックは2003年のサーズに比べ、グローバル化の加速もあいまって、伝染病が短期間に世界に蔓延。世界の経済活動にかつてない深刻な影響を与えている...

宇都宮健児都知事誕生の可能性

 新型コロナウイルスの人口あたり死者数のデータを見ると地域差が歴然としている...

2020年05月27日 11:26

春日市温水プール大規模改修、中野建設JVが3.5億円で落札

 春日市発注の、「春日市温水プール大規模改修工事(建築工事)」を、中野建設・キムラJVが3億5,850万円(税別)で落札した...

2020年05月27日 10:56

危機に直面し、自らをイエス・キリストにたとえる孫正義の自信と勝負魂(1)

 日本では緊急事態宣言が解除されたが、先行きに対する不安は残ったままだ。そのため、政治家はいうにおよばず、ビジネスの世界でも冒険心や挑戦の気概を失い、立ち止まってしま...

2020年05月27日 10:18

「徒歩の調査」から見た福島第一原発事故 被曝地からの報告(中)

 放射線の話になると、さまざまな単位が出てくるため、以下に簡単に説明しておきたい。原発事故の記事が出ると、多くの読者はこれで訳がわからなくなる...

2020年05月27日 07:00

【書評】『やる気を引き出す言氣の心理学――働き方か生き方改革か』柳平彬著(ぱるす出版)

 著者の柳平氏は、昨今議論されている働き方改革について、より大事なことは1人ひとりの「生き方改革」ではないかと主張する。その理由は人の潜在的な能力を引き出すには...

2020年05月27日 07:00

博多阪急3月期、売上高4.7%減 インバウンド、コロナ禍響く

 エイチ・ツー・オー・リテイリングの発表した2020年3月期決算によると、博多阪急の売上高は...

pagetop