• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月06日 17:14

ITからコスメ事業へ参戦 九州産フラワーソープの「循環型ビジネス」とは(前)

日本フラワーソープ協会 代表理事 小林 由紀 氏

 IT企業でアプリやソフト開発などを行う(株)デキャンタージュ(福岡市中央区)が、2018年7月に日本フラワーソープ協会(略称:JFSA)を発足させた。ITからコスメ事業という異業種への参戦には、どのような経緯があったのか。そして生産、レンタルからプロ育成まで一環して行う「循環型ビジネス」のコンセプトについて、同協会・代表理事である小林由紀氏に話を聞いた。

女性活躍推進と就労支援をフラワーソープで

 ――日本フラワーソープ協会(以下、JFSA)を立ち上げた経緯をお聞かせください。

 小林由紀氏(以下、小林) 2013年にデキャンタージュを設立し、システムやスマートフォンのアプリ開発、ウェブ制作を中核として事業を進めていました。実は私がアレルギー体質で、安心して使えるシャンプーやボディーソープが少なかったこともあり、IT事業と平行して無添加の洗顔石けんの開発に力を入れることにしたのです。

 安心して生活に取り入れることのできるコスメに、”使うことで少し幸せな気持ちになれる”をプラスしたいと開発したものが「バースデーストーンソープ」でした。全国で販促活動を行っていくなかで、タイのフラワーソープという存在を知り、このすばらしい技術を日本で普及させたいと協会を設立することにしたのです。しかし、石けん粘土は初めてで原材料もわからない状態からのスタート。開発は試行錯誤の連続でした。

 ――MADE IN JAPANにこだわるフラワーソープの特徴はどういったところにありますか。

 小林 石けん粘土は、熊本の奥阿蘇にあるラ・コンテスという石けん工房と共同開発しました。粘土から花びらを1枚1枚形づくって乾燥させ、それを組み合わせて作品に仕上げていきます。「この花器には、こんな組み合わせで」と、そのときの素材に合わせて作品にするので、唯一無二、国産で世界に1つだけのオーダーメードの商品になります。日本人ならではの繊細さは、ハイクオリティな作品づくりに不可欠です。

 また、商品の一部には、有田焼の老舗である香蘭社さんの花器を採用しているのですが、香蘭社の深川祐次社長にフラワーソープをお見せしたところ、とても気に入ってくださり、「ショールームのなかから、どれでも好きなものを使っていいよ」と使用許可をいただいたのです。当協会は設立したばかりですので、140年の歴史のある香蘭社さんとのコラボレーションであれば、世界的な評価が違ってきます。いずれパリのメゾン・エ・オブジェに出て、MADE IN JAPAN=オール九州産の価値を広めたいですね。

 ――プロの講師の育成も行われ、女性の活躍推進や就労支援に積極的に活動されています。協会の目的や理念についてお聞かせください。

 小林 女性はとくに置かれた環境やライフイベントによって、立場はさまざまです。派遣社員であるために将来への不安を抱えている方、病児を育てるためにどうしても働くことができない方、ご本人に病気や障がいがあり社会との接点に制限のある方、お子さんが巣立ってこれから自分の趣味を見つけたいと考えている方…。そういった女性たちの受け皿になれたらなと考えています。

 楽しいことを考えると女性は輝きます。フラワーソープに出合って自信をつけ、入会当初より元気になったり、きれいになったりという方を見ると私もうれしくなります。作品づくりは楽しいのでぜひ1度経験してほしいです。きれいなものなのでつくりたくなる、人にプレゼントしたくなる。それで人が喜んでくれる、といった幸せのお裾分けができるんですね。

 フラワーソープにはいろいろな女性が携わっていて、女性活躍推進として地域や社会に貢献するもの。そういったストーリーを多くのところで伝えていきたいと思っています。

講座の様子。フラワーソープづくりで心も華やかになる受講生
講座の様子。フラワーソープづくりで心も華やかになる受講生

(つづく)
【文・構成:瀧口 果林】

<COMPANY INFORMATION>
代表:小林 由紀
所在地:福岡市中央区今泉1-2-30
設立:2018年7月
TEL:092-791-2577(運営会社)
URL:https://flowersoap.org

<プロフィール>
小林 由紀(こばやし・ゆき)

 独学でマイクロソフト認定の資格を取得し、OLからパソコンスクールの講師に転身。その後、3Dグラフィックスソフト開発やメーカーのシステム開発の業務を経て、2013年7月、システム開発・スマートフォンアプリ開発を手がける(株)デキャンタージュを設立。17年に誕生月で選べる1枚使い切りの無添加石けん「バースデーストーンソープ」の考案で全国商工会議所女性会連合会の「第16回女性起業家大賞」スタートアップ部門の優秀賞を受賞。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

販路拡大と従業員教育に注力し 次世代にレールを繋ぐNEW!

 ビルやマンション建設の要となる鉄筋コンクリート。そのコンクリートのなかにある鉄筋の部材を繋ぐ、いわゆる「継手」を専門として請け負うのが(株)アクティスだ…

時代の荒波を乗り越えるためホールディングス制導入NEW!

 2020年1月、福岡市中央卸売市場の鮮魚市場で仲買を営む(株)アキラ水産は、新たに(株)アキラホールディングスを設立し、持株会社体制へと舵を切った…

資産税の「フロントランナー」 さらなる高みを目指して

 (税)アイユーコンサルティングは、全国的にも数少ない資産税案件を専門としたコンサルティング型(税)で、全国でもトップクラスの実績を誇っている(2019年度実績:47...

入居者目線とオーナー満足度を高めるアパートづくりで全国展開

 昨今のコロナ禍において、会社経営者やサラリーマンなどから投資対象として一際関心が高まっている、賃貸アパートの経営。家賃収入で資産を増やしていくアパート経営では、いか...

2020年11月27日 16:41

クイーンズヒル田原司氏の人となり

 当サイトで複数回にわたり発信している、名門の「クイーンズヒルゴルフクラブ」の運営会社・(株)ザ・クイーンズヒルゴルフ場をめぐる騒動。元理事6名の発起により「クイーン...

2020年11月27日 16:34

九経連などが「ベトナムスマイルフェア」を実施

 27日、渡辺通り電気ビルにて「ベトナムスマイルフェア~がんばろう!! ベトナム留学生応援企画~」が開催された...

2020年11月27日 16:24

三井不動産、東京ドームにTOB実施か

 三井不動産が東京ドームに対して株式公開買い付け(TOB)を行おうとしていることがわかった。買収総額は1,000億円規模になるとみられている...

2020年11月27日 16:15

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(前)

 「ソーシャル」というキーワードをこれほど耳にした年はなかったのではないだろうか。しかし、今回は一世を風靡した「ソーシャルディスタンス」ではなく、本来の意味での「ソー...

2020年11月27日 15:04

負けを認めないトランプ大統領に見る精神的若さの可能性と限界(3)

 しかも、そんな“アンチ・エイジング社会”アメリカで今、新たな進化が見られるようになった。何かといえば、「リバース・エイジング」という発想法である...

2020年11月27日 14:40

『脊振の自然に魅せられて』すばらしい脊振の紅葉(2)

 山の季刊誌『のぼろ』の記者から、「池田さん、脊振山系で一番紅葉のきれいな所はどこですか」と電話が入った。来年の『のぼろ』の秋号の紅葉特集は、脊振にするという...

pagetop