効率性重視の20世紀型建築からもっと自由で“樹木
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月11日 07:00

効率性重視の20世紀型建築からもっと自由で“樹木"のような建築へ――(前)

建築家 有馬 裕之 氏

有馬 裕之 氏
有馬 裕之 氏

20世紀型の建築が抱える“人間否定”の状況

 ――現在、大都市の都心部では、大規模な再開発プロジェクトが次々と動いています。これに対して、どのような見解をもたれていますか。

 有馬 我々は、21世紀の時代に生きながら、これから先の未来をつくっていこうとしています。ですが、我々の周りにあるのは、相変わらず20世紀型の建築ばかりです。

 今から100年くらい前に、ル・コルビュジエという建築家がパリの街を改造する計画「300万人の現代都市」というものを行ったのですが、それとあまり変わりません。コルビュジエが当時やろうとしたのは、都市が非常に過密・複雑になっていたのに対して、建築を高層化することによって空地(くうち)を生み出し、そこを緑化して快適な空間をつくろうという仕組みで、その当時は画期的で新しい概念でした。今の“天神ビッグバン”などを見ると、その100年前と同じことが行われているように思えてなりません。

 今、変革が起きています。東京などの大都市では、電車や自動車のラッシュといった交通疲弊を始めとするさまざまな混乱が起きています。これは、都市における効率の悪さの象徴的なもので、いわば“人間否定”の状況です。そろそろ都市や建築も“人間を解放する”―地域の集中化などを、もう一度整理し直すことを考えていくべき時代なのではないかと思っています。

 20世紀のいわゆる近代主義と呼ばれた建築は、抽象化して、できるだけ表面積を小さくすることによって、経済性を得て性能を上げるような“機械的な”イメージをもっていたわけです。つまり、我々が今生きているのは、“人間の効率的な作業や居場所だけが必要となった”世界であり、それはある意味では“工場”や“倉庫”です。しかも、それはいくつかの限定された要素を切り取って目的を設定し、それに向かって効率性や性能を高めていくようなやり方で、これまでの日本はそれでどんどん進化してきました。ですが、それをもう少し考えるべき時期ではないかと思っています。

 たとえば新幹線は、在来線とはまったく違う別のシステムであり、2つの駅の間を最速・高速で移動するような単純な目的を設定し、そのためにすべてがオーガナイズされています。そこでは、鉄道を使って沿線の風景を楽しみながら旅をするといったような要素よりも、いかに高速で移動するかというところに重きが置かれています。ある意味、20世紀の建築というのは、この新幹線と同じような発想でデザインされています。

 ――たしかに、高さ制限や容積率ギリギリの建物を建てて、いかに延床面積を確保して、そこに人や物を詰め込むかに主眼が置かれているように思います。

 有馬 これまでは、ある意味それで良しとされていました。今でも、建築には機能性や効率性などが常に前提として要求されますし、大学の課題でもそういう解が求められます。ですが、そういう建築というものは、実はさまざまな環境との関わりが切り落とされてしまっているのではないかという疑問をもっています。新幹線の例に戻ると、たしかに効率的で便利な半面、いわゆる“鈍行の良さ”などは削ぎ落とされてしまっています。建築も同じで、機能的であればただそれだけで人間にとって本当に快適で最適なのかというと、実際はそんなことはありません。

 よくよく考えてみると、人間というものはある意味ではルーズで、さまざまな環境との関係のなかで物事を複雑に組み合わせて生活をしていますよね。もちろん、ビジネスや仕事を行っていくうえでは効率的にやっていく必要はありますが、そこを離れたプライベートの部分では、もっと豊かに暮らしたいですし、自宅ではゆったりと過ごしたいものです。そうした要素が複雑に絡み合っていますので、これからの建築や空間というのは、ただ効率的なものだけを追い求めていくのではなく、人間の身体とか生活、コミュニケーションなどを、相互につなげるような役割をはたさなければならないと考えています。

今後の方向性を示唆する「オートポイエーシス」

 ――これからの建築は、どのような方向に進むべきだとお考えですか。

 有馬 これは建築の概念ではないのですが、「オートポイエーシス」というものがあります。これは“自己生産”を意味しており、たとえば人間の皮膚は劣化すると新陳代謝で新たな皮膚が生成されますが、それと同じように、システム全体の構成要素を、持続的に再生産するようなメカニズムのことです。もともとはチリの神経生理学者のマトゥラーナとバレーラの共著論文「オートポイエーシス 生命の有機構成」(1973年)で初めて提起されたもので、生命システムを特徴づける概念です。このオートポイエーシスを建築に当てはめてみると、そこから4つの特徴を学ぶことができます。

 まず1つ目は「自律性」です。それは、システムが自分に起こるどのような変化に対しても、自分自身によって対処できる能力をもつということです。建築でいえば「建築コンセプト」であり、自分自身のなかの仕組みづくり―人の動きとか、周りとの関係性とか、どのように周りとレスポンスをするのか考えるということになると思います。2つ目が「個体性」。これは、システム自身が自らの構成素を産出することによって、オリジナリティをどう保っていくかということになります。

 3つ目は「境界の自己決定」で、ある建築の境界面と、他の境界面というものを、自分自身で決定していくという考え方です。非常に固い言い方になりましたが、要するにこれはコミュニケーションのことです。たとえば皮膚は人間にとっての境界ではありますが、外と断絶されているわけではなく、皮膚呼吸で空気や水分を取り入れたり、メラニン色素で光を取り入れたりしています。建築においても、コミュニケーションによって外を入れる、まちとつながるなどの境界の考え方が、私としてもすごくインスピレーションを受けました。

 そして4つ目が「入力も出力もない」というものですが、建築的にいうと「エネルギー完結型」ということです。今の建築は、電力などのエネルギーが外から来ることが当たり前になっていますが、これからの建築は、自分のなかでそうしたエネルギーを完結させていくことが、環境的に対する世界的な要請からも、求められていくと思います。

 こうしたオートポイエーシス的な要素が、これからの建築の在り方を考えるうえで、大きなヒントになるのではないでしょうか。

 たとえば、ある建築プランがあったときに、職人1人ひとりに図面を与えて何も指示をしない場合と、すべてを指示しながら動かした場合とでは、その完成形は違ってくると思います。職人1人ひとりに考えてもらいながらやってもらうプランのほうが、ものすごく面白いものができてくる可能性があり、これがオートポイエーシス的な考え方です。

 その典型例が「サグラダ・ファミリア」で、あれもすでにガウディが亡くなっているにもかかわらず、職人1人ひとりがものすごく工夫を凝らしながら進めていることで、ますます面白いものになっています。そのような建築や都市計画、まちづくりが、これからは重要なのではないかと思います。

<プロフィール>
有馬 裕之(ありま・ひろゆき)

 1956年、鹿児島県生まれ。80年に(株)竹中工務店入社。90年「有馬裕之+Urban Fourth」設立。さまざまなコンペに入賞し、イギリスでar+d賞、アメリカでrecord house award、日本で吉岡賞など、国内外での受賞歴多数。作品群は、都市計画から建築、インテリア、グラフィックデザイン、プロダクトデザインなど多岐にわたり、日本・海外を含めたトータルプロデュースプログラムを展開している。近年はその一環としてニューヨークでMIRROR IN THE WOODSという法人組織を立ち上げ、多様なタイプの音楽&アートを実行するチーム組織を編成し、街のなかでの参加型システムによるコミュニケーションプロジェクトを進めている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月29日 13:47

織田信長の天下統一は濃尾平野の豊かさのおかげNEW!

 10月19、20日名古屋へビジネス出張。その際、清州城(清須市)、金華山・岐阜城、犬山城(犬山市)を4時間半の短い時間であったがタクシーで駆け巡った。この地域に戦国...

2020年10月29日 12:01

スピード設置と検温が可能なサーマルカメラで感染拡大防止をサポート~スリーアールグループNEW!

 新型コロナウイルス感染拡大の防止に向けて、あらゆる場面で検温が求められる時代。スリーアールグループはこのウィズコロナ時代に対応した商品を相次いで開発しており、オフィ...

2020年10月29日 11:00

急速にEV(電気自動車)化が進むインド~モディ政権のEV推進で3輪、2輪が先行(前)NEW!

 インド・モディ政権は、貿易赤字解消のための石油の輸入減や大気汚染の解決などを目的に、電気自動車(EV)推進政策を実施。インドの自動車(4輪)市場は、中国、米国、日本...

2020年10月29日 10:42

【福岡市役所インサイダー】トップが変わっても、政治の「陰険・隠蔽」体質は変わらずNEW!

 政府は、日本学術会議が推薦した会員候補のうち6名の任命を拒否して、その理由についてまともな説明を一切していない、っていうか説明できない状況が続いている。安倍から菅に...

2020年10月29日 10:00

8月中間期の粗利益率、イオン九州除き改善 チラシ自粛で特売減るNEW!

 上場5社の8月中間決算の粗利益率は、イオン九州を除き前年同期から大幅に改善された。コロナ禍による緊急事態宣言で特売チラシを自粛したことで安売りが減ったことによる...

2020年10月29日 09:33

【凡学一生の優しい法律学】日本学術会議委員任命の論理学(前)NEW!

 内閣総理大臣の違法行為・犯罪行為が国民からこれほどまでに非難を受けない「似非文明国」は、日本をおいてほかにない。日本はなぜ、こんな哀れな国になったのか...

2020年10月29日 07:00

バイオ企業・林原の元社長、林原健氏が死去~マスコミを利用した“バイオの寵児”の神話は砂上の楼閣(4)

 林原グループは2011年2月2日、東京地裁に会社更生法を申請した。倒産によって、林原の経営実態があぶり出された。これまで非上場を理由に一切の財務諸表の公表を拒否して...

2020年10月29日 07:00

ストラテジーブレティン(263)~コロナパンデミックの経済史的考察(5)

 各国政府は従来、財政の健全化を“錦の御旗”とし、財政赤字の抑制を最重点政策課題としてきた。たとえばユーロ圏参加国は、財政赤字対GDP比3%以下、政府債務対GDP比6...

2020年10月28日 18:14

アスコットがSBIらから110億円を調達し、グローバル社を子会社化

 アスコット(東証ジャスダック)は、SBIホールディングス(東証一部)および中国・平安グループから、約110億円を調達することを発表した。SBI HD、平安グループ子...

2020年10月28日 16:54

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (23) 正下と田中、2人の晩節

   第一生命保険(東京都)は7月2日、西日本マーケット統括部徳山分室(山口県周南市)に勤務していた80代の女性元営業社員が、顧客に架空の金融取引をもちかけて不正に資...

pagetop