• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月20日 07:00

APAMANグループがサンフランシスコのコワーキングスペースに参入(2)

fabbit(株)

 世界を席捲するGoogleなどのIT企業が立ち並ぶ米国の西海岸。「IT企業の聖地」シリコンバレーに近く、革新的なサービスで急成長企業を生み出すサンフランシスコの街。サンフランシスコに注目するAPAMANグループのfabbit(株)(ファビット)は、世界に挑戦するスタートアップ企業を支援する新コワーキングスペースを1月23日に開設し、オープニングセレモニーを開催した。米国IT企業はなぜ強いのか。世界を視野に米国展開する企業の動向と展望を見つめた。

世界を視野に入れたイノベーションを生み出す

fabbit(株)・代表取締役社長の田中保成氏
fabbit(株)・代表取締役社長の田中保成氏

 1月23日(木)に、「fabbit サンフランシスコ」でオープニングセレモニーが開催された。田中氏が主催者挨拶で、「fabbitは、コワーキングスペースの場所を提供するとともに、世界の著名人や優れたビジネスモデルで成功している企業経営者を招き、講演会やコミュニティづくりのための交流会を開催する。それとともに、スタートアップ企業の販売や雇用を広げるアドバイスや、ベンチャーキャピタルの支援プログラムも行っている。

 fabbitサンフランシスコを通じて、日本から世界に挑戦するスタートアップ企業が米国で事業を広げるなかで直面する商習慣や市場の違いを乗り越え、現地企業や投資家とのネットワークをつくることができるようにサポートしたい。まず、スタートアップ企業を含む200社の日系企業をサンフランシスコに誘致することを目指している」と話した。

在サンフランシスコ日本国総領事館・副領事の大村朋之氏
在サンフランシスコ日本国総領事館・副領事の大村朋之氏

 世界で使われているITサービスの多くがAmazon(アマゾン)などの欧米企業のものだ。世界に羽ばたく日系IT企業が少ない現状に危機感を感じ、世界に向けてのイノベーションを起こすスタートアップ企業をサポートしたいという思いから、fabbitでは、国内や海外でスタートアップ企業のネットワークづくりに尽力している。

 オープニングセレモニーでは、ゲストスピーカーとして、在サンフランシスコ日本国総領事館・副領事の大村朋之氏が「サンフランシスコ沿岸部は、約900社の日系企業がオフィスを構えている。fabbitサンフランシスコを通して、日本から多くのスタートアップ企業が米国市場参入を実現させてほしい」と話した。

 

(つづく)
【石井 ゆかり】

<COMPANY INFORMATION>
代 表:田中 保成
所在地:東京都千代田区大手町2-6-1
   朝日生命大手町ビル3階
設 立:2017年4月
資本金:1,000万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

pagetop