• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月30日 07:00

NIDを通じたドラモリの活動 ドラッグストアとVCの将来(4)

 日本ドラッグチェーン会(NID)は、1970年に産声をあげ、昨年6月には創設50周年を迎えた。同会の加盟社数は77社、約5,300店舗、総年商1兆4,150億円(ドラッグ部門)の巨大ボランタリーチェーン(VC)に成長した。50周年を前に一昨年9月、事業会社(株)ニッドの代表に、ドラッグストアモリの会長である森信氏が就任。ニッドは、加盟店舗向けにPB商品の開発と供給を行っている。NIDの関伸治会長と商品開発を担うニッドの森信社長の両輪でVCを牽引。業界再編が急速に進む今、求められるVCの役割とDgSの将来像を考える。

 

左からマツモトキヨシ松本清雄社長、松本南海雄会長、ココカラファイン塚本厚志社長
左からマツモトキヨシ松本清雄社長、松本南海雄会長、ココカラファイン塚本厚志社長

業界のシェア争いに変化は起こるか

 社名がナチュラルからドラッグストアモリに変わり、会長となった森氏は、NIDだけでなく、日本チェーンドラッグストア協会(JACDS)の常任理事も務め、協会の九州ブロック長兼政策推進委員長にも就いている。同氏のJACDSでの発言力も、大きくなっている。

 14年6月、改正薬事法により医薬品のネット販売が解禁された。同氏は、そのルールづくりにも携わった。現在は、JACDSで消費税増税後の対応を国に建議する業務も行っている。一方、同社は創業当時から人材育成には注力してきた。現在も同業も認めるほど、社員教育には力を入れ、大きな予算をかけている。

 DgSにとって薬剤師や登録販売者は、経営の生命線ともいうべき存在だ。とくに、OTC医薬品の約9割を占める第2類、第3類や、化粧品、健康食品・サプリメントなどの販売は、登録販売者が担う。この点を重視し、NIDでは、加盟社の社員で登録販売者の資格をもつ人材を対象に、「登録販売者・スキルアップ研修」を実施している。この研修に、先頭に立って力を入れているのが森信会長だ。NIDは、「登録販売者集合研修(スキルアップ研修・外部研修)」をネットパイロティングと共催で実施している。

 一方、JACDSには、グループ団体として、(一社)日本医薬品登録販売者協会(日登協)があり、同様の研修活動を行っているが、NIDの研修参加者数は日登協の数を倍以上回る。教育研修でも、DgS業界内での森氏の影響力は増している。

マツキヨの離脱から見るNIDへの影響と今後

 NIDの関伸治会長(セキ薬品社長)は1月29日、横浜市で開催した「展示商品約定会」の記者会見で、マツモトキヨシHDから退会の意向があったことを明らかにした。今年6月をメドに退会する見通しだという。(株)ココカラファインとの経営統合に向けた協議などが退会の理由のようだとも。VCとしての活動やPB商品開発・供給を行うニッドの業績への影響は、軽微としている。

 マツキヨのNID退会のニュースは、即座に薬業界を駆け巡った。しかし、マツキヨの同会退会の話は、これまでにもあった。「あのときは、松本南海雄氏の判断で、退会を思いとどまった」と、大手チェーンDgS元幹部は語る。今後について、「マツキヨは、ココカラファインとの統合後も、M&Aも含め次のステージに向け、動き出すのではないか」とも聞かれる。

 また、別のDgS幹部はこう話す。「NIDにはマツキヨと業務提携やFC契約を結んでいる企業が複数ある。業務提携は、01年のサッポロドラッグストアー、05年の中部薬品、FC契約は、11年の(株)ヤスイ、12年の(株)オークワなどだ。こうした企業が今後、どう動くか、注視する必要がある」。

 その一方で、こんな声も聞こえてくる。「NIDで影響力を強める反マツキヨの急先鋒森さんにとっては、組織運営がやりやすくなるのではないか。ますます、森さんの発言力が強くなるのでは」(製薬・ヘルスケア部長)。

コスモス、ドラモリの首都圏ガチンコ対決も?

 九州を主戦場とする(株)コスモス薬品、NIDを牽引するナチュラルHDも多店舗展開を強化する。ナチュラルHDは、前述した宮城県の「くすりのベル」を買収し、東北にも進出のための橋頭保を築いた。

 今後はまず、関西や東北などに出店する。5年以内に年間50店舗程度を新規出店できる体制を整える考えだ。まず手始めに、関西や東北などに出店し、「推奨販売」の考え方をもつ同業のM&Aも実行し、全国に店舗網を広げる方針だ。ナチュラルHDは30年にグループで売上高5,000億円を目指す。

 一方、九州の雄コスモス薬品も首都圏の千葉、埼玉、茨城などで郊外型30店舗の出店を公表しており、首都圏でも九州勢同士のガチンコ対決が見られるかもしれない。

 DgS業界は、再編が加速し、今後、勝ち残り競争は厳しくなる。大手・準大手のチェーンDgSが勝ち残るためには、全国を視野にドミナント展開する必要に迫られる。今後は、大手DgSチェーンと大手調剤薬局チェーンの業務資本提携などもある、次のステージに突入する。DgSと調剤専門薬局チェーンの組み合わせの前例はすでにある。

 マツモトキヨシHDと日本調剤(株)は、08年10月末日、業務提携に向け詳細な協議を開始すると発表したが、事業環境の変化などもあり、提携による具体的な成果を上げることは困難との結論に至った。両社は翌9月に業務提携に向けた協議を終了し、この話は挫折した。

 DgS、調剤専門薬局などで業態間競争がし烈を極めることが予想されるなか、VCの機能・社会的役割がますます問われる。

(了)
【北美 慎一郎】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年02月27日 07:00

DXで顧客・従業員満足を実現~食品シェア、まず10%に引き上げ(前)NEW!

 おりからの新型コロナウイルス感染拡大で総合スーパーは大きな影響を受けている。新型コロナをどう乗り切り、新たな成長につなげていくか、新会社の方針を柴田祐司社長に書面イ...

2021年02月27日 07:00

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(4)NEW!

 電通は2013年3月、英大手広告代理店イージス・グループを約4,000億円で買収した。電通にとって過去最大の買収額だ。電通がイージスを買収したのは、12年2月に仏広...

産学官連携の事業に積極的に取り組み 地域の発展に大きく貢献する

 もうすぐ26周年を迎えるコンダクト(株)は、次の30年に向けた5カ年計画を策定した。その中身は九州大学大学院と共同研究する『まちのコミュニティ×防災・防犯セミナー』...

2021年02月26日 18:08

【総務省接待問題】東北新社 社長辞任、菅部長は異動

 総務省接待問題を受け、東北新社は本日、二宮清隆代表取締役社長の辞任を発表した。また、菅義偉首相の長男の菅正剛統括部長に対しては、就業規則に基づき懲戒処分を行い、メデ...

2021年02月26日 17:35

【新型コロナ変異株】自民党が新型コロナ対策本部感染症ガバナンス小委員会を開催

 自民党は2月24日、新型コロナウイルス対策本部感染症ガバナンス小委員会を党本部で開催した。厚生労働省から新型コロナウイルスの「変異株対策の現状について」の発表が行わ...

2021年02月26日 17:23

コロナ禍で台湾が世界への協力をアピール!~Taiwan Can Help, Taiwan is helping.(1)

 新型コロナウイルス感染症対策で、台湾は世界でトップクラスの優等生である。マスク着用やソーシャルディスタンスなどの衛生管理は徹底されているが、テレワーク、オンライン授...

2021年02月26日 16:53

コロナとトランプの先に潜む新たなデータ覇権争いと人体への影響(前)

 アメリカで行われたバイデン新大統領の就任式は前代未聞であった。なぜなら「影の主役はコロナ」といっても過言ではなく、何から何まで“異例づくめ”の展開となったからだ...

GoTo緊急事態繰り返す菅二階内閣

 菅内閣の基本原則は「後手後手、小出し、右往左往」である。コロナ対策の後手後手対応は安倍内閣から引き継いだもの。昨年1月にコロナ感染が重大視された時点から、対応は後手...

2021年02月26日 16:06

【3/27】福岡高速6号線・臨港道路アイランドシティ3号線が開通

 福岡市は24日、香椎浜からアイランドシティに架かる都市高速道路(福岡高速6号線・臨港道路アイランドシティ3号線)が3月27日に開通すると発表した...

2021年02月26日 16:00

JR九州 来春の新卒採用見送りを発表 34年ぶり新規採用なし

 九州旅客鉄道(株)は25日、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化を受け、2022年度の新卒採用を見送ると発表した...

pagetop