• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月29日 07:00

連載 東亜大学~疑惑の指導者更迭(4)─柔道界の“重鎮”の存在

 過去、当NetIB-Newsでは(学)東亜大学学園の東亜大学の学校経営マネジメントに対して、疑義を報じてきた。今回、「東亜大学の女子柔道部の監督が昨年9月に突然更迭された。客観的に当該監督は、何ら落ち度はないにもかかわらず…。監督本人そして関係者は当惑している」とする旨の情報が外部関係者から弊社へもたらされた。

全柔連メンバーの影響力

 柔道界関係者によると、「東亜大学女子柔道部の監督交代は、事実上の解任ですね。当時の監督は、選手での実績がありながら、それをひけらかすことなく、真摯に指導に取り組み、大学院でも学ばれていました」と語る。

 そのようななか、昨年(2019年)の春に、国内柔道界の“重鎮”とされる人物が同部の指導陣に加わった。この人物は全国柔道連盟(全柔連)のメンバーにも名を連ねている。

 「大学では“教授”ですね。当初は男子柔道部を指導しており、その人物がこの女子柔道部監督へもアドバイスを送るなど、良好な運営であったのです。しかし、突如解任しました。櫛田理事長兼学長は、その“重鎮”とされる人物に柔道部のマネジメントの全権を委譲したのです。その“重鎮”が『女子の監督は指導力ゼロ。見込みがない』と断じ、学園トップの許諾を得て解任させたのです。全柔連の元理事で、今もメンバーにも名を連ねており、柔道界では“それなり”に影響力はあります。しかし、以前福岡県内の県立高校の指導をしておりましたが…。これ以上詳細は述べませんが、察してください(つまり指導能力なしということ)。柔道のことがわからない櫛田理事長兼学長が“全柔連”というブランドに靡いて、その“重鎮”に柔道部のすべてを任せているのです。それを良いことに、“重鎮”は柔道部を私物化し、専横的なマネジメントを行っています。女子柔道部は崩壊状態で、今年の新入生にも悪影響をおよぼすでしょう。その“重鎮”が女子柔道部監督を解任させた首謀者です。現在は、東亜大学の職員で“重鎮”の出身高校柔道部のOGを指導者として置いている状態です。つまり現監督は“重鎮”の命令通りに動く人物です」と明言した。ほかにも同様の話が寄せられている。

 “重鎮”については、「全柔連による助成金の不正受給・不正流用問題が13年に発覚した際には、関与した人物の1人に上がっておりました」という証言や、同学の“教授”ではあるが「学内で教鞭をとっているのかどうか?わかりません。柔道部の指導についても週に2、3回道場に出てくるかどうかという程度です」(前出関係者談)と、同学内で実働しているのかも不透明という。

 そして前述通り、女子柔道部に関しては空中分解の状態となっており、正式な指導者も不在ともいえるありさまである。何の目的で何の利益のために、当時の監督を更迭させて、女子柔道部を崩壊させるような行為が実行されたのか?まったく理解できない事象である。不可解なトップマネジメント=櫛田理事長兼学長の無責任な大学統治が、すべての根源となっている。そして柔道界でも物議を醸した人物の1人で、同学内で実働しているのかさえ不透明な“重鎮”の存在が、女子柔道部を食い潰している。

 「本当に許せない行為ですが、大学のなかのことですので、外部の人間が介入することができないのです」

(つづく)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省NEW!

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)NEW!

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:32

【東日本大震災から10年】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリNEW!

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

2021年03月08日 16:51

大野城~水城橋梁補修、14.8億円で前田建設工業が落札NEW!

 福岡県北九州高速道路公社発注の「大野城~水城橋梁補修工事(R2-3)」を、前田建設工業(株)九州支店が14億8,690万円(税別)で落札した...

2021年03月08日 16:22

テスラは電気自動車の最後の勝者になれるのか?NEW!

 二酸化炭素の排出抑制など、環境への配慮を優先する機運が高まり、自動車業界でも電気自動車へのシフトが本格化している。そのような状況下で、新型コロナウイルスによるパンデ...

2021年03月08日 16:09

【怪文書】故・田中久也県議の後継めぐり怪文書 出所をほぼ特定NEW!

 昨年12月30日に亡くなった自民党福岡県議の田中久也氏(享年87)の後継をめぐる補欠選挙が、県知事選と同じ4月11日に行われる...

水のリーディングカンパニーとして 地域社会に安心安全を提供し続けるNEW!

 ゼオライト(株)は1969年11月、「良い水創り・人財(ひと)創り」を経営理念に河村恭輔氏が創業。70年8月に株式会社に改組して、恭輔氏が代表取締役に就任。2004...

街をデザインすることで地域貢献 時代を越えて残る住まいを提供NEW!

 西武ハウス(株)は、「デベロッパー業務を通じて広く社会に貢献する」という経営理念のもと、環境・プラン・品質・デザインあらゆる点で「つくり手が住みたくなる住まい」を追...

2021年03月08日 14:57

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(5)

 『安倍前首相は米国とイランの国際関係を仲裁しようとイランを訪問しましたが、イラン核合意では成果が出ませんでした。欧州はイランの核合意復帰を望みますが、バイデン政権は...

pagetop