• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月30日 07:00

連載 東亜大学~疑惑の指導者更迭(5)─大学内部の統治を考える

 過去、当NetIB-Newsでは(学)東亜大学学園の東亜大学の学校経営マネジメントに対して、疑義を報じてきた。今回、「東亜大学の女子柔道部の監督が昨年9月に突然更迭された。客観的に当該監督は、何ら落ち度はないにもかかわらず…。監督本人そして関係者は当惑している」とする旨の情報が外部関係者から弊社へもたらされた。

 学校法人自体の浄化・改革を4回にわたって、東亜大学女子柔道部監督の疑惑の更迭について連載してきた。

 事の真偽について、同学に取材を申し込んだ。以下に同学とのやりとりを記す。

記者:「昨年(2019年)9月に、女子柔道部の監督が解任・更迭されたという情報が、外部より当社へもたらされました。それは事実ですか?」

東亜大:「解任・更迭ではありませんが、以前の監督が退任したことは事実です」

記者:「外部からの情報では、“大学側からの一方的な通告で解任・更迭された”という旨の内容でしたが?それについて、ご回答いただけますか?」

東亜大:「個人情報および内部情報でありまして、学内の人事のことですので回答はできかねます」

記者:「当時の監督が辞めねばならない理由は、何かあったのでしょうか?」

東亜大:「そちらも同様の理由で、回答できかねます」

記者:「そうですか。失礼ですが、お名前をお聞かせいただけますか?」

東亜大:「名乗る必要はないかと思います」

 同学側からの見解は、「女子柔道部の監督は“退任した”」ということであった。しかし、大学から辞めさせた・解任したとすることは、明らかにしなかった。

 記者も大学スポーツ界に一時期携わったことがある。今回の「監督、突然の更迭」という類いの話は、時々聞かれることだ。その原因は“ヒト・カネ”である。ヒトとは、部内の監督・部長とコーチングスタッフとの衝突やそれにともなう専横的な人事を実行したり、イエスマンのみを配下に置いて部の運営を独占したりする監督や部長。カネは、部内予算を我が物にするなど、部の全権を掌握するために学校側を懐柔する…。すべては、監督や部長の好き嫌いや自己利益のために、社会通念では通じないこと─企業なら、100%“クビ”になる行為が平然と行われている。

 監督や部長が「気に食わない」と判断したら、部のトップマネジメントとする専権事項で、学生および周辺の評価の高いコーチやスタッフを解任するなど日常茶飯事で行われている。今回連載した件が、それにあてはまるかどうかは不明だが…。それでも結果として、正当な理由なくして将来ある指導者のその道を閉ざした同学。

 同部が1人の人物に専横化され、それを見過ごす櫛田理事長兼学長は無能であることは明らかだ。つまり、学内が正しく統治されていない。このような大学でも国から補助金が投じられている。たとえ私立の大学であっても、公益性は求められる。大学のマネジメントを私物化することは許されない。何よりも現役学生が不憫である。

 「東亜大学柔道部の浄化は、その“重鎮”が去ることから始まる。そして、東亜大学が再興するには櫛田理事長兼学長が去ることがベスト」と当学周辺から声が上がっている。経営面でも苦戦続きの同学。一部権力者の専横が見過ごされることは、さらに同学マネジメントの劣化に拍車をかける。存続を願うなら、心ある同学関係者が立ち上がることだ。

(了)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

菅義偉首相の致命的欠陥とはNEW!

 1月21日、英紙タイムズ電子版が、ある与党関係者の話として、政府が非公式に新型コロナウイルスの影響で東京五輪の開催を中止にする必要があると結論付けたと報じた。これに...

2021年01月25日 10:57

【検証】トクホ“復権”に向けた消費者庁の検討会、失敗に終わる可能性もNEW!

 機能性表示食品の登場により、影が薄くなった特定保健用食品(トクホ)。トクホ制度をテコ入れするため、消費者庁は昨年12月に「特定保健用食品制度(疾病リスク低減表示)に...

2021年01月25日 10:39

2020年のM&A コロナで海外案件が減少、小型化も~ストライク調べNEW!

 M&A仲介・ストライク(東証一部)は、2020年の年間M&A動向を集計した。M&A件数は、2013年以来7年ぶりに前年を下回る849件(前年比4件減)となった...

2021年01月25日 09:50

中国経済新聞に学ぶ~2020年に中国人は何を消費したか?(後)NEW!

 淘宝(タオバオ)は2020年12月21日、20年に人気を集めた商品を発表し、マスク、ヘルメット、熱乾麺(武漢の軽食)などがトップ10入りした。今年のインターネットプ...

2021年01月25日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(6)NEW!

 2010年1月20日の役員会で代表取締役の提案があり、井澤信親氏が推薦された。投票により、賛成多数で井澤氏の代表取締役専務就任が決定した。このとき、中野茂常務も他薦...

2021年01月25日 07:00

政府は財政規律を凍結し積極財政を展開せよ(後)NEW!

 それどころか、この経済対策と平行して進められたのが、庶民からカネを巻き上げる「社会保障制度改革」であった。菅内閣は実に驚くべきことに、このコロナ禍状況において、75...

2021年01月24日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(5)

 ベスト電器は2010年1月、有薗会長、濱田社長が経営責任をとって退任し、深澤政和副会長が代表取締役社長に、井澤信親氏が代表取締役専務となる新人事で年を明けた。しかし...

2021年01月24日 07:00

【年頭所感】コロナ禍の逆風のなかで新たな挑戦、太宰府市をより住みよいまちに〜楠田大蔵市長(後)

 当面はコロナ対策を万全にしていくということに尽きますが、今年はある意味、総決算、集大成の1年になってきますので、積み上げてきた3年間の取り組みを1つの形にしていく重...

2021年01月23日 13:47

【福岡県政インサイダー】データ・マックスの目は節穴、高島市長の脳裏には知事の道はない

 22日、「福岡県政インサイダー」コーナーに「小川知事ついに辞意表明か 後任に高島福岡市長」という記事を掲載したところ、そのわずか30分後に自民党福岡市議団の有力市会...

2021年01月23日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(4)

 1953年9月創業のベスト電器は、当時メーカー優位の家電販売業界にあって、創業者の北田光男氏が辛酸を舐めながらも"安売り"を前面に押し出した販売手法で日本一の会社に...

pagetop