• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年03月29日 07:00

連載 東亜大学~疑惑の指導者更迭(4)─柔道界の“重鎮”の存在

 過去、当NetIB-Newsでは(学)東亜大学学園の東亜大学の学校経営マネジメントに対して、疑義を報じてきた。今回、「東亜大学の女子柔道部の監督が昨年9月に突然更迭された。客観的に当該監督は、何ら落ち度はないにもかかわらず…。監督本人そして関係者は当惑している」とする旨の情報が外部関係者から弊社へもたらされた。

全柔連メンバーの影響力

 柔道界関係者によると、「東亜大学女子柔道部の監督交代は、事実上の解任ですね。当時の監督は、選手での実績がありながら、それをひけらかすことなく、真摯に指導に取り組み、大学院でも学ばれていました」と語る。

 そのようななか、昨年(2019年)の春に、国内柔道界の“重鎮”とされる人物が同部の指導陣に加わった。この人物は全国柔道連盟(全柔連)のメンバーにも名を連ねている。

 「大学では“教授”ですね。当初は男子柔道部を指導しており、その人物がこの女子柔道部監督へもアドバイスを送るなど、良好な運営であったのです。しかし、突如解任しました。櫛田理事長兼学長は、その“重鎮”とされる人物に柔道部のマネジメントの全権を委譲したのです。その“重鎮”が『女子の監督は指導力ゼロ。見込みがない』と断じ、学園トップの許諾を得て解任させたのです。全柔連の元理事で、今もメンバーにも名を連ねており、柔道界では“それなり”に影響力はあります。しかし、以前福岡県内の県立高校の指導をしておりましたが…。これ以上詳細は述べませんが、察してください(つまり指導能力なしということ)。柔道のことがわからない櫛田理事長兼学長が“全柔連”というブランドに靡いて、その“重鎮”に柔道部のすべてを任せているのです。それを良いことに、“重鎮”は柔道部を私物化し、専横的なマネジメントを行っています。女子柔道部は崩壊状態で、今年の新入生にも悪影響をおよぼすでしょう。その“重鎮”が女子柔道部監督を解任させた首謀者です。現在は、東亜大学の職員で“重鎮”の出身高校柔道部のOGを指導者として置いている状態です。つまり現監督は“重鎮”の命令通りに動く人物です」と明言した。ほかにも同様の話が寄せられている。

 “重鎮”については、「全柔連による助成金の不正受給・不正流用問題が13年に発覚した際には、関与した人物の1人に上がっておりました」という証言や、同学の“教授”ではあるが「学内で教鞭をとっているのかどうか?わかりません。柔道部の指導についても週に2、3回道場に出てくるかどうかという程度です」(前出関係者談)と、同学内で実働しているのかも不透明という。

 そして前述通り、女子柔道部に関しては空中分解の状態となっており、正式な指導者も不在ともいえるありさまである。何の目的で何の利益のために、当時の監督を更迭させて、女子柔道部を崩壊させるような行為が実行されたのか?まったく理解できない事象である。不可解なトップマネジメント=櫛田理事長兼学長の無責任な大学統治が、すべての根源となっている。そして柔道界でも物議を醸した人物の1人で、同学内で実働しているのかさえ不透明な“重鎮”の存在が、女子柔道部を食い潰している。

 「本当に許せない行為ですが、大学のなかのことですので、外部の人間が介入することができないのです」

(つづく)
【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月26日 14:05

【企業研究】「凋落するメディア事業」〜西日本新聞社

 ブロック誌の雄として九州地区に君臨してきた(株)西日本新聞社だが、近年の業績は下降推移だ。20年3月期では本業の新聞発行を中心としたメディア関連事業で営業赤字に転落...

2021年01月27日 17:53

『脊振の自然に魅せられて』大雪の脊振山へ(後)

 脊振山頂駐車場に停めた愛車の車内で、粉末の即席ぜんざいをコップに入れ湯を注ぐ。コンビニで買ったソフトパンを頬張り、ぜんざいとともにお腹に流し込んだ。ようやくエネルギ...

2021年01月27日 17:42

山村の過疎化地域で「小水力発電」~消滅の危機に瀕する山間地産業が復活(後)

 第二次世界大戦以前の日本では、都市部への電力供給のために巨大ダムが建設されると同時に、全国の農村部では村役場や住民有志が資金を集めて建設した小水力発電が普及していた...

2021年01月27日 17:00

政府債務論のコペルニクス旋回、日本は反省せよ~イエレン・パウエル連携は強力な株式支援に(2)

 イエレン氏に呼応する形で、パウエル議長も財政債務論の見直しに踏み込んでいる。パウエル議長は景気回復と財政の持続性はともに重要であり、政府債務のGDP比は高いが、国債...

2021年01月27日 16:42

【2/17~26】日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」~五感すべてを使って楽しめる新感覚のアート

 毎日を生きるなかで、つい忘れがちな「ときめき」を、抽象画や写真とのコラボレーションで斬新な世界をつくり出すことで表現しているアーティストの山田ゆかり氏と、多くの油絵...

2021年01月27日 16:25

大和力を、世界へ。コロナ禍のなかでアートにできること(2)

 『長野にも仕事場があるんですが、これまでは長野と東京などの都会を行き来することで自然とバランスをとっていたところがあって、それができなくなったので最初のころは大変で...

「復興五輪」悪魔の正体

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事を抜粋して紹介する。今回は、「日本はいま『原子力緊急事態宣言』下に置かれている。被ばく線量の上限が変更...

2021年01月27日 14:41

【福岡県に緊急事態宣言】(16)緊急事態宣言と飲食店主・現場の声(2)

 福岡市南区にある創作料理店を営む店主(個人事業主)は2度目の緊急事態宣言の影響について、下記のようにコメントした...

2021年01月27日 14:05

緊急事態宣言下の首都圏、“路頭”に迷いつつある営業マンら〜耐えることしかできないのか

 「前回の緊急事態宣言時とは違い、外回りの営業をしています。しかし、アポはほとんど取れず、売上は既存客との電話による商談のみです。会える人はごく僅かですが、それでも可...

2021年01月27日 13:37

ネットバブルの寵児、折口雅博氏の自伝『アイアンハート』を読む~逃避先の米国で、あのトランプ前大統領の知遇を得て再起!!(3)

 折口雅博氏がベンチャー起業家として脚光を浴びたのは、1999年から2000年にかけてのネットバブルの狂乱時代である...

pagetop