• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月06日 11:01

【コロナに負けない(16)】西福製茶(株) SARSや災害に学び異変へ備え

全国推奨観光土産品審査会で「中国大使館賞」を受賞した
博多茶くらの八女玉露とボトルセット

 国内外でお茶の卸売を手がける西福製茶の代表・西宏史氏は2003年に日常の備えの重要性を痛感したという。

 「SARS」が猛威を振るった同年は「アジア太平洋こども会議」における交流事業が中止となった。長年運営のサポートに取り組んできた西氏だったが、脈々と築いたものが消滅していく様子を目の当たりにした。
 同年7月には「平成15年豪雨」が発生。御笠川が氾濫し、工場・事務所が浸水、それを見て愕然としたそうだ。当時は水害保険が充実していなかったことに加え、行政から災害認定は受けられなかった。

 そこで高額な機械の再購入を見送り、完全自社製造から撤退。一方で得意分野の販売力を強化し、海外にも販路を求めた。さらに外部との連携を図りながら積極的に商品開発に取り組み、八女茶を用いた入浴剤やボトルセット、デザートソースなど次々に商品開発を行ってきた。これらは高く評価され、業界団体のコンテストで表彰を重ねている。振り返れば豪雨被害はイノベーションの転機となっていた。

世界緑茶コンテスト 2019 で金賞を受賞した
「八女抹茶みつ」

 痛感したのは「日々がピンチとチャンスの連続」であると自覚することだ。より良い選択を積み重ねるしかない。ただし、すべての選択が成功するわけではない。選択が正しくても実行する力がなくては意味がなく、実情に沿った選択が必要だ。「決して安心していない。再度の災害など、あらゆる逆境はいつでも起きうる」(西氏)

 西氏の見立てでは、少なくとも今後半年間は輸出事業の動きが止まるという。その間に工場の生産性向上や通販事業の強化、新商品づくりなど、お茶コンテンツのさらなる強化を進める。西氏は「何事も一発逆転はない。一所懸命に取り組む」と語る。


西 宏史 社長

西福製茶(株)
代表:西 宏史
所在地:福岡市博多区博多駅前1-24-14
設立:1936年5月
資本金:1,000万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年09月19日 07:00

WITHコロナで柔軟対応戦略を展開NEW!

 「コロナ襲来でこんなに社会活動が規制されることを想像したこともなかった」と諸藤敏一社長が溜息をつく。しかし、立ち止まることはない...

2020年09月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】香港で起きていること~国家統治の基本となる三権分立(前)NEW!

 国の政治状況には、騒乱期と安定期がある。騒乱期には政治的争点は直ちに露見され、騒乱を激化させる。一方で、安定期には本来であれば政治的争点となる「不都合な真実」を支配...

2020年09月18日 17:48

【9/18~30】カイタックスクエアガーデンがスイーツなどのポップアップショップをオープン 新たなカルチャー発信を目指す

 「カイタックスクエアガーデン」は本日から、ポップアップショップやプロモーション拠点などとして利用できる「ワスクポケットショップ」をオープンさせた。

2020年09月18日 17:22

小田孔明選手らが豪雨被災地に義援金~復興への願い込めアスリートが数百点のグッズを無償提供

 九州出身のプロゴルファーの小田孔明選手らは、7月の豪雨で甚大な被害を受けた九州の3都市(福岡県大牟田市、熊本県人吉市、鹿児島県鹿屋市)に義援金を届けた。被災地が悲惨...

2020年09月18日 17:15

【書評】岡田勢聿の『自立論』~自らのチカラで生き抜く思考法

 青少年の自立支援を行う(一社)自立研究会は、コロナ禍で安定雇用の崩壊が深刻化するなか、いかにして自らのチカラで生き抜くのかということを主題にして、実業家・岡田勢聿氏...

2020年09月18日 17:07

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう...

2020年09月18日 17:00

コロナで綱渡りの百貨店 高い損益分岐点、収益大幅悪化は必至

 コロナ下で百貨店が綱渡り経営を続けている。博多大丸以外は損益分岐点比率が高く、岩田屋三越とトキハ、井筒屋は95%を超え、山形屋は105.0%で、わずかな減収で赤字に...

2020年09月18日 16:52

地銀の経営統合~「待ったなし」を検証する(後)

   【表1】を見ていただきたい。47都道府県の地銀の状況表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国47都道府県にある地銀は、第一地銀64行、第二...

2020年09月18日 16:45

新型コロナワクチンの開発に成功したと豪語するプーチン大統領と世界の反応(後)

 とはいうものの、「スプートニクV」に限っていえば、すでに触れたように、あまりにも少ない治験データであり、その効果の程は「神のみぞ知る」といったところかもしれない...

2020年09月18日 16:30

ユニバ裁判、創業者の控訴が棄却に

 パチンコ・スロットメーカー大手、(株)ユニバーサルエンターテインメントは、17日、同社の創業者で、元取締役会長・岡田和生氏との裁判において、岡田氏の控訴が棄却された...

pagetop