• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年04月06日 13:11

大腸内視鏡の進化、「AI内視鏡」の時代へ(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 2018年2月、CTで撮影した脳の画像を解析し、脳卒中の有無を判断する人工知能(AI)ソフトウェアが米国FDAによって医療機器として初めて承認を受けている。

 AIソフトウェアは、従来の医療機器と違い、ソフトウェア(プログラム)単体が医療機器として承認されたもので、このような医療機器を「プログラム医療機器」と呼んでいる。

 「プログラム医療機器」はX線やCTなどで撮影した画像をAIが解析し、病変の有無を判断するもので、熟練した画像解析の専門医と同等レベルの判断ができるようになったという。医者はAIの判断を参考に診断を行い、診断に対する責任は医者が負うことになる。

 AIを利用した「プログラム医療機器」の分野は、米国とイスラエルがリードしている。今後医療機器にAIの利用が広がるのは間違いなさそうだ。
今回は医療機器のなかでも、内視鏡検査の際に、画像診断にAIが利用されるようになったことを中心に話を進めてみよう。

 大腸がんは進行が早く、罹患すると別の臓器に転移するガンと言われている。しかし、ポリープがガンに発展するまでには5年から10年という長い時間がかかる。まめに内視鏡でポリープの検査をしただけでも、大腸がんを未然に防ぐことができるようになる。

 問題は内視鏡検査で見つけたポリープにはガンになる腫瘍性ポリープとガンに発展しない非腫瘍性ポリープが存在することだ。ところが、現在は医師がポリープを見て、腫瘍性なのかどうかを判断しているのだが、それがなかなか大変なようだ。実際の検査の際には、カメラも大腸の内壁も動いているのでリアルタイムでガンを発見することは相当難しいらしい。それに、肉眼で見分けにくい部位などがあったり、医者の腕の違いで、ガンを見逃していることが24%に上るという統計もある。それで、医者は内視鏡検査の時、「自分がガンを見逃すのではないか」という緊張感を常にもっているという。

 もう1つの問題は、内視鏡検査をした後、画像を解析し、診断をするのだが、医者にとって画像解析の業務負担が大きくなっているという点である。
内視鏡は現在、世界的に普及しており、多くのところで検査に活用されている。内視鏡は1人あたり40枚~50枚の画像を撮影するという。これだけ内視鏡が一般的になると、医者にとって画像を解析する業務は相当しんど。そうかと言って、患者の命に係わる問題なので、いい加減な処理もできない業務のようだ。そのような状況下、内視鏡にAIの画像解析能力を組み合わせることによって、この問題を解決しようという動きがあるのは当然といえば当然のことだろう。

 内視鏡は、日本で開発された医療機器で、日本のオリンパスが世界トップシェアを誇っている。そのオリンパス社からAIを利用した内視鏡の画像解析をするソフトウェア製品、「エンドブレイン」が開発された。このプログラム医療機器は、2018年12月に日本政府の承認を受け、2019年1月から販売を開始している。しかし、超拡大内視鏡とセットとなっているため、価格が高価で、それほど普及はしていないようだ。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省NEW!

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)NEW!

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:32

【東日本大震災から10年】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリNEW!

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

2021年03月08日 16:51

大野城~水城橋梁補修、14.8億円で前田建設工業が落札NEW!

 福岡県北九州高速道路公社発注の「大野城~水城橋梁補修工事(R2-3)」を、前田建設工業(株)九州支店が14億8,690万円(税別)で落札した...

2021年03月08日 16:22

テスラは電気自動車の最後の勝者になれるのか?NEW!

 二酸化炭素の排出抑制など、環境への配慮を優先する機運が高まり、自動車業界でも電気自動車へのシフトが本格化している。そのような状況下で、新型コロナウイルスによるパンデ...

2021年03月08日 16:09

【怪文書】故・田中久也県議の後継めぐり怪文書 出所をほぼ特定NEW!

 昨年12月30日に亡くなった自民党福岡県議の田中久也氏(享年87)の後継をめぐる補欠選挙が、県知事選と同じ4月11日に行われる...

水のリーディングカンパニーとして 地域社会に安心安全を提供し続けるNEW!

 ゼオライト(株)は1969年11月、「良い水創り・人財(ひと)創り」を経営理念に河村恭輔氏が創業。70年8月に株式会社に改組して、恭輔氏が代表取締役に就任。2004...

街をデザインすることで地域貢献 時代を越えて残る住まいを提供NEW!

 西武ハウス(株)は、「デベロッパー業務を通じて広く社会に貢献する」という経営理念のもと、環境・プラン・品質・デザインあらゆる点で「つくり手が住みたくなる住まい」を追...

2021年03月08日 14:57

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(5)

 『安倍前首相は米国とイランの国際関係を仲裁しようとイランを訪問しましたが、イラン核合意では成果が出ませんでした。欧州はイランの核合意復帰を望みますが、バイデン政権は...

pagetop