• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月22日 10:18

〈文春砲〉接待賭けマージャン記事で安倍政権崩壊か 記者クラブの癒着構造顕わ

「余人をもって代えがたい」はずが接待賭けマージャンで辞任のお粗末

 週刊文春5月28日号「黒川弘務検事長は接待賭けマージャン常習犯」のスクープが、検察庁法改正案の採決先送りに追い込まれた安倍政権にさらなる打撃を与えた。黒川氏は21日に安倍首相に辞表を提出、22日の閣議で承認される見通しだ。

 今年に入って官邸は、まず国家公務員法の解釈変更で黒川氏の定年を延長し、今国会での検察庁法改正案成立で正当化したうえで、黒川氏を検事総長にしようとしていた。異例中の異例の定年延長は「カルロス・ゴーン被告の逃亡事件など重要案件を指揮していたため」とされたが、実際は“官邸の守護神”とも呼ばれる黒川氏を検事総長にして、「巨悪を眠らせる」検察へとパワーダウンさせる魂胆なのが見え見えだった。

産経「大竹直樹」「河合龍一」朝日「大島大輔」の記者魂?

黒川検事長を訓告処分で済ませようとする
森雅子法務大臣
(写真は消費者庁担当大臣時代)

 そんな官邸のシナリオを打ち砕いた“文春砲”の記事によると、黒川氏のマージャン相手は産経新聞の記者2人(A記者とB記者)と朝日新聞の元記者(C)。とくに賭けマージャンの場を提供した産経のA記者は2月末、署名記事で「黒川氏は、ゴーン被告の逃亡事件の指揮という重要な役割を担っており、定年延長というかたちをとらざるを得なかった」と書いていたとも指摘。該当するのは「検察官定年延長、後手に回った政府 総長人事の調整不足――混乱に拍車」と銘打った2月26日の記事。「大竹直樹」記者の署名記事であることが確認できた。

 ほかの2人についても、ジャーナリストの田中稔氏がツイッターで「自宅に黒川を呼んで雀卓を囲むなんて、産経『大竹直樹』も大胆なことやるね。朝日の『大島大輔』、産経の『河合龍一』も、たいしたタマだよ」と全員の実名を公開。20日午前公開のリテラ(植草一秀氏の本サイト記事でも紹介)の記事も、3人の記者を「賭けマージャンの場を提供した産経のO記者」「(産経)元司法キャップだったK記者」「朝日の元検察担当というのはO」とイニシャルで紹介したが、これが田中氏投稿の実名と全員符合した。

記者クラブは犯罪の温床か

 記者クラブ問題に発展するのも必至だ。3人とも現役あるいはOBの司法担当記者で、検察ナンバー2の黒川氏から情報を得るために、「負けてあげないといけない」(週刊文春記事より)接待賭けマージャンをしていたのは確実だ。数万円の賄賂を渡して司法関連情報を買っていたに等しく、黒川氏と3人の記者は単なる賭博罪違反に止まらず、「贈収賄罪」「国家公務員法違反」などに問われる可能性がある。一般の国家公務員以上に法令順守をすべき検察トップが、記者クラブ所属の“お気に入り記者”との間で、不法行為を繰り返していたともいえるのだ。

 こうした行為を法律違反と思わない黒川氏を、安倍政権は「検事総長に相応しい」として異例の肩入れをしてきたことになる。よっぽど人を見る目がないのか、安倍政権の数々の疑惑を潰していくには“法律違反常習者”のほうが好都合と考えたのかは不明だが、退職金減額すらならない訓告処分による辞任で幕引きをする案件ではないのだ。

“保徳戦争”が再現された参院選広島選挙区

求心力を失って「歩く減票マシーン」になりつつある安倍首相
去年の参院選では応援候補が次々落選

 「見る目がない」という点では、公職選挙法違反容疑での逮捕が迫っているとされる河井克行・前法務大臣と河井案里・参院議員も同じだ。参院選広島選挙区(定数2)で、党本部側が案里陣営には1億5,000万円を提供したのに対し、同じ自民党公認候補でありながら溝手顕正・参院議員(落選)には1,500万円しか出さなかったのは、安倍首相が溝手氏を嫌っていたためと見られている。表向きは「自民2議席独占」が目的とされたが、実際は、かつて首相を批判した溝手氏を落とすのが主目的と見られているのだ。

 “安倍首相ヘイト選挙”の刺客が杏里氏という見方の真偽はさておき、そのやり方は露骨すぎたようだ。克行氏は地元の首長や地方議員に数十万円の現金を配ったことが明らかになっている。中選挙区時代に唯一の1人区だった「奄美群島区」での“保徳戦争”(弁護士の保岡興治氏と徳洲会創立者の徳田虎雄氏の一騎打ち)は、数十億円単位の現金が飛び交い、相手陣営の有力者を寝返らせるために買収資金が配られていた。同じよう光景が30年ぶりに参院選広島選挙区で復活したような状況になっていたのだ。

 克行氏が現金を配ったのは昨年4月頃で、参院選の約3カ月前ではあったものの、溝手氏ではなく妻を応援してほしいという主旨の買収資金であるとして検察は徹底的に捜査し、逮捕寸前の事態に陥っている。克行氏は公選法違反に問われることはないと確信していたのかもしれないが、そんな人物を法務大臣に抜擢し、党本部から1億5,000万円を提供した安倍首相(兼自民党総裁)の責任が問われることはいうまでもない。

 検察庁法改正案先送りと黒川検事長接待賭けマージャンに続いて、河井夫妻逮捕が現実となった場合、トリプルパンチを浴びた安倍首相がさらに求心力を失い、政権が瓦解へ向かう可能性は一気に高まる。風雲急を告げ始めた永田町から目が離せない。

【ジャーナリスト/横田 一】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月05日 07:00

プラスチック製レジ袋の有料化 各社各様でスタート

 7月1日から全国で一律にプラスチック製レジ袋の有料化が始まった。持ち手のない袋やバイオマス素材25%以上配合の袋は対象外となる...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(4)

 そもそも7年前に導入が決まった時点では、1基の建造費は800億円と言われていた。それが、あれよあれよという間に2倍以上に膨れ上がり、2基併せて4,500億円になって...

2020年07月04日 07:00

【凡学一生の優しい法律学】関電責任取締役提訴事件(3)真実隠蔽過程の序章

 かつて「関電疑獄」として、関電収賄事件の解説記事を連載した。そのとき、不祥事を引き起こした取締役会自身の手によって、ヤメ検を中心とした真相究明を目的とする「第三者委...

2020年07月04日 07:00

IT化とデータ可視化の推進でジョブ型への対応を(後)

 「単純作業の自動化が重要だと思っています。たとえば、営業で問い合わせを受けたときに必ず行うルーティン業務があります...

イージス・アショア中止は日本発の防衛システムへの転換点(3)

 実は、EMP攻撃のリスク分析はアメリカでは20年前から行われている。というのも、国防総省そのものが、仮想敵国を標的にしたEMP兵器の開発に取り組んできたからだ...

2020年07月03日 16:57

この世界、どうなる?(8)「マイアミ・ナイス」

 私が学生のころ、日本のテレビでは「マイアミ・バイス」というアメリカ製のテレビドラマが流行っていた。ドラマ・アナリストによると、「よくできたシリーズ」だったそうだ...

2020年07月03日 16:45

加熱処理乳酸菌FK-23は抗ガンに高い効果 酵素処理乳酸菌LFKはインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制

 DEVNETは、ニチニチ製薬と提携して、FK-23を免疫強化や抗ガンなどに、LFKをインフルエンザ肺炎軽減やガン転移抑制、花粉症などのアレルギー対策などに役立ててい...

2020年07月03日 16:15

6月、九州北部地方の月平均気温が過去最高の24.9℃に

 福岡管区気象台によると、6月の九州北部地方(山口県を含む)の地域平均気温平年差は、1946 年の統計開始以降最高となり、もっとも暑い6月となった...

2020年07月03日 16:02

手ぶらでBBQ!カリフォルニアバーベキュービーチでアイドルが体験レポート

 福岡のアイドルグループ、ふくおか官兵衛Girlsの白石ありさと、NEO☆学院の望月琉菜が「California B.B.Q BEACH」(福岡市西区今宿)をレポート...

筑後商事(株)(旧・(株)マミーズ)(福岡)/スーパー「マミーズ」経営

 同社は6月22日、福岡地裁柳川支部から特別清算開始決定を受けた...

pagetop