• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年05月25日 12:00

コロナ対策とタクシー・デマンド交通(前)

運輸評論家 堀内 重人 氏

 コロナ対策に関して、鉄道、バスと書いてきたが、今回はタクシーと過疎地などで運行される乗合タクシー・デマンド交通について、言及することにする。

 タクシー運転手さんのからは、「2時間以上待っても、お客さんが1人もいなかった。こんなことは初めてだ」という悲鳴が聞かれます。利用者からは、「タクシー=密室で三密になる」というイメージがもたれています。
 それを少しでも払拭して、タクシー事業の活性化だけでなく、過疎地で利用する乗り合いタクシー・デマンド交通に関しても、安心して利用してもらえるようにしたい。

タクシー事業

 緊急事態宣言にともない、「外出の自粛」などを行うようになったため、タクシーの主要な顧客である法人需要が激減してしまった。
 景気が良い時は、初乗り運賃で到着するような近場であれば、「乗車拒否」をされたりしたが、コロナウイルスの蔓延にともない、初乗り運賃で到着するような近場に対する需要すら、なくなった。2時間以上駅前などに待機していたとしても、まったくお客さんが乗車しない状況にまで、陥ってしまっている。

 これは東京の都心部であっても同様であり、国際線もほとんど運航していないため、東京都心部から成田空港や羽田空港へ行く需要がほとんどなくなった。東京都心部から成田空港まで、お客さんを乗せると、片道2万5,000~3万円程度の売上があったが、今ではタクシー運転手さんは、完全に手持ち無沙汰な状態になっている。

 政府の景気判断の基準として、東京のタクシーの1日当たりの売上も参考にされているが、現在の東京のタクシー運転手の1日当たりの売り上げで判断すれば、「目も当てられないぐらいの惨状」となってしまう。

 海外旅行へ行く際、タクシーを利用するのは、大きなスーツケースなどがあることや、成田空港を早朝に出る便に搭乗する人などは、鉄道やリムジンバスが動いていなかったりするからである。

 日本では、コロナウイルスに関しては、緊急事態宣言が解除される府県があるなど、落ち着きつつあるが、欧米などではまだまだ猛威を振るっている。それゆえ海外旅行の需要は、しばらく戻りそうにないため、タクシー業界は苦しい状況が続くことになる。現状をぼやいていても、事態は改善しないため、近場からでも需要を喚起する必要がある。

 タクシーは、完全に密室になることから、それを回避するには、客待ちの間は窓を開けて、車内の換気を実施し、「三密」を回避するようにしなければならない。
 また運転手さんも、コロナウイルスに感染する危険性があるため、運転席と客席の間に透明なビニールのカーテンで仕切り、クレジットカードや交通系電子マネーによる決済を、多用するようにしたい。

 治安の悪い国では、タクシー強盗などが多発するため、運転席と客室の間が鉄格子で仕切られており、お客さんは穴の開いた部分から、運転手さんに現金を渡すことになる。
 クレジットカードや交通系電子マネーによる決済の普及は、平時であったとしても、タクシー運転手さんは、現金を用意する必要性が薄らぐため、タクシー強盗の被害から解放されることになる。

 クレジットカードや交通系電子マネーの決済は、利用者からみれば、「ソフト面のバリアフリー」であるから、「地域公共交通確保維持改善事業」のなかの「バリアフリー」という項目に該当すると考え、タクシー事業者がそれらを整備する費用を補助するようにして、普及させるようにしたい。
 決済時の安全性の担保は、今後、労働者不足に直面する日本では、タクシー運転手を確保するためにも、重要な施策であると考える。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月15日 09:00

【8/15~31】福岡出身プロゴルファー小田孔明氏が豪雨災害復興チャリティー開催

 プロゴルファー小田孔明氏らは、令和2年7月豪雨の被災地のファンへの恩返し、復興支援の思いを込めて、チャリティーオークションを本日15日から31日までモバオクで開催す...

2020年08月15日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(後)

 ナインアワーズが再生を手がけるのは、東京、名古屋、大阪、福岡などの大都市圏で、かつターミナル駅徒歩数分の立地に限定している...

2020年08月15日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(後)

 市担当者は「受け皿となる民間事業者はある。ただ、業務量が膨大なため、単独の企業ではなく、複数企業から成るSPC(特別目的会社)を想定している」と話す...

2020年08月15日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(4)

 神戸市の人口は、20年6月時点で151万人。阪神淡路大震災の影響により151万人から142万人まで減少したが、その後は回復を続け、2011年には154万人に達したも...

2020年08月14日 07:00

コロナ禍で苦境となったカプセルホテル、ナインアワーズが再生へ(前)

 「今年の春、カプセルホテルやビジネスホテル、民泊などの宿泊特化型施設の売上は昨年同月比で10%以下にとどまったところが多かった。ナインアワーズでは、カプセル内UV照...

2020年08月14日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(中)

 この状況を打破すべく、2017年から大阪市水道局は、当初の5年間で耐震性の低い鋳鉄管を集中的に更新した後、次の5年間でペースを倍化し、古いダクタイル鋳鉄管を更新する...

2020年08月14日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(3)

 基本計画のもう1つの目玉が、都市再生事業(雲井通5丁目再開発)として進めるバスターミナルビルの建設だ...

2020年08月13日 07:00

何が変わるのか?大阪市・水道管路更新コンセッション(前)

 大阪市水道局は、配水管の耐震化促進のため、2018年12月に成立した改正水道法に基づく「コンセッション方式(※)」による管路更新(耐震管への取替え)事業を進めている...

2020年08月13日 07:00

「ウォーカブル」なまちづくりで神戸市は復活できるか?(2)

 15年、神戸市はようやく重い腰を上げた。同年、三宮駅周辺地区の再整備基本構想を策定し、18年には構想に基づいて『神戸三宮「えき≈まち空間」基本計画』をとりまとめ、駅...

2020年08月13日 07:00

オールラウンドなまち福岡・大橋~整備の歴史と今後の開発計画(4)

 今年5月末に「ダイキョーバリュー大橋店」が閉店したほか、6月10日には「ニューヨークストア大橋店」が閉店。エリア内から一気に2店のスーパーが姿を消した。その一方で...

pagetop