• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月01日 16:36

九州地銀の20年3月期決算を検証する(2)

【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の当期純利益順位表である。
~この表から見えるもの~
<1位~9位>
◆1位は福岡銀行で、前期比▲31,210百万円の19,098百万円(前期比-62.0%)。大幅なマイナスは貸倒引当金繰入額(前期比+43,008百万円)による。
・2位は西日本シティ銀行で、前期比▲2,575百万円の17,395百万円(前期比-12.9%)。貸倒引当金繰入額は前期比+1,464百万円。
・3位は鹿児島銀行で前期比▲1,202百万円の16,216百万円(前期比-6.9%)。貸倒引当金繰入額は前期比▲2,143百万円。
・4位は肥後銀行で、前期比+365百万円の12,860百万円(前期比2.9%増)。貸倒引当金繰入額は前期比▲466百万円。鹿児島銀行とともに九州FG傘下行であるが、引当金を差し引きしても鹿児島銀行の収益力が高いのがわかる。
・5位は宮崎銀行で、前期比▲2,604百万円の7,125百万円(前期比-26.8%)。貸倒引当金繰入額は前期比+1,124百万円。
・6位は大分銀行で、前期比▲678百万円の5,081百万円(前期比-11.8%)。貸倒引当金繰入額は前期比+1,759百万円。
・7位は北九州銀行で、前期比+1,576百万円の4,110百万円(前期比62.2%増)。貸倒引当金繰入額は前期比▲329百万円。
・8位は佐賀銀行で、前期比▲195百万円の2,441百万円(前期比-7.4%)。貸倒引当金繰入額は前期比▲2,833百万円であり、苦労の後がうかがえる。
・9位は宮崎太陽銀行で、前期比+25百万円の1,066百万円(前期比2.4%増)。貸倒引当金繰入額は前期比▲639百万円。ここまでが当期純利益が10億円超の銀行となっている。
<10位~18位>
◆10位は筑邦銀行で、前期比▲35百万円の800百万円(前期比-4.2%)。貸倒引当金繰入額は前期比▲198百万円。
・11位は南日本銀行で、前期比▲117百万円の645百万円(前期比-15.4%)。貸倒引当金繰入額は前期比+103百万円。
・12位はコロナウイルスの影響で決算発表が大幅に遅れて、27日となった福岡中央銀行で、前期比+65百万円の544百万円(前期比13.6%増)。貸倒引当金繰入額は前期比▲830百万円となっており、遅れた理由も頷ける計数。
・13位は佐賀共栄銀行で、前期比+229百万円の485百万円(89.5%増)と、九州地銀18行のなかで、トップの増加率。貸倒引当金繰入額は前期比+59百万円。
・14位は豊和銀行で、前期比▲826百万円の309百万円(前期比-72.8%)と、大幅に減少している。貸倒引当金繰入額の記載はない。
・15位は長崎銀行で、前期比▲171百万円の54百万円(前期比-76.0%)と、赤字の銀行を除き1番高い減少率となっている。貸倒引当金繰入額の記載はなし。
◆以下はふくおかFGの傘下3行で赤字を計上。貸倒引当金繰入額の積み増しが主因となっている。
・16位は熊本銀行で、前期比▲5,691百万円の▲1,926百万円。貸倒引当金繰入額は前期比+5,859百万円。
・17位は親和銀行で、前期比▲7,913百万円の▲3,834百万円。貸倒引当金繰入額は前期比+3,284百万円。
・18位は十八銀行で、前期比▲14,758百万円の▲10,648百万円。貸倒引当金繰入額は+10,543百万円。親和銀行と十八銀行は20年10月1日に合併して十八親和銀行として発足する予定で、統一基準処理が要因と見られる。
<金融グループ>
◆トップのふくおかFGの当期純利益は、前期比+58,958百万円の110,607百万円(前期比114.2%増)となっている。貸倒引当金繰入額は前期比+59,275百万円。
当期純利益が大幅に増加した要因は、経営統合(19年4月1日)した十八銀行の負ののれん発生益 (特別利益)117,433百万円 の計上による。
◆2位は北九州銀行を傘下に置く山口FGで、前期比+2,243百万円の25,391百万円(前期比9.7%増)。金融グループのなかで、山口FGだけが前期比プラス。貸倒引当金繰入額は前期比+4,268百万円。
・3位は西日本FHで、前期比▲2,677百万円の20,222百万円(前期比-11.7%)。貸倒引当金繰入額は前期比+1,108百万円。
・4位は九州FGで、前期比▲3,941百万円の18,261百万円(前期比-17.8%)。貸倒引当金繰入額は前期比▲2,601百万円。

<まとめ>
日銀のマイナス金利政策および新型コロナウイルスの影響を受けて、20年3月期の決算は厳しい状況だった。21年3月期はさらに厳しい決算が予想され、地銀が生き残るためには、「いかに地方創生の独自戦略を打ち出して、この危機を乗り越えるか」が、問われることになりそうだ。

▲クリックで拡大▲

(つづく)

【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月14日 15:30

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(前)NEW!

 ポストコロナの時代には、格差拡大を続ける資本主義や、AIやICTを活用したリモートワークなどのオンライン化ではなく、倫理や哲学に立脚した新しい世界経済の再構築を目指...

2020年07月14日 15:05

朴ソウル市長の死去で大きく揺れる韓国社会(後)NEW!

 2年ほど前に、韓国の大統領有力候補として名が挙がっていた安照正前忠南道知事の性的暴行事件は、多くの国民に失望とショックを与えた。当時韓国では「Me Too運動」が広...

2020年07月14日 14:41

【8/10~12】上村建設前社長・上村秀敏氏初盆供養NEW!

 上村建設(株)は8月10~12日、同社前代表取締役社長・上村秀敏氏の初盆供養を同社の芥屋研修所にて執り行う...

2020年07月14日 13:32

梅の花が下方修正 20年4月期は43.9憶円の赤字にNEW!

 (株)梅の花(久留米市)が7月13日、業績予想の修正を発表した...

2020年07月14日 12:00

中国の新車販売が急回復!トヨタは2カ月連続で単月販売台数の過去最高を更新!NEW!

 中国自動車工業協会は7月10日、6月の新車販売台数が、前年同月比11.6%増の230万台だったと発表した。新型コロナウイルスによる影響が落ち着き、3カ月連続でプラス...

2020年07月14日 11:30

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(2)NEW!

 筆者が所有している別府市のマンション「ラ・ポート別府」でも設計の偽装が明らかになったため、区分所有者として、建築確認を行った大分県および別府市に対し質問書を送付した...

2020年07月14日 11:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(5)NEW!

 なぜ、コロワイドは最初からTOBを仕掛けなかったのだろうか。そしてなぜ、個人株主は株主総会でコロワイドの株主提案に反対票を投じたのだろうか。理由は、はっきりしている...

2020年07月14日 10:32

お仏壇のはせがわ中興の祖・長谷川裕一氏の経営者としての最終的総括(3)多角化のツケが露呈、その結果負の処理は人任せにNEW!

 (株)はせがわの業績を、参照してほしい。多角化経営の辻褄が合わなくなり、当時、赤字決算が続出していたことがわかる...

2020年07月14日 07:00

解体アタッチメントレンタル・修理 ニッチ事業で首都圏、アジアへ(後)

 「東日本大震災の復興作業において、瓦礫の処分をする機械が足りないから貸してほしいと要望をいただきました。レンタルだけでなく、修理やメンテナンスも必要なので、仙台営業...

2020年07月14日 07:00

共感人口を増やし、住み続けたい宗像に――(後)

 「宗像市は、これからも良好な住宅都市としてあり続けなければならないと思っています。多くの人に住みたい、住み続けたいと思ってもらえるまちづくりはもちろんですが、なかで...

pagetop