• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月02日 15:30

九州地銀の20年3月期決算を検証する(3)

【表1】を見ていただきたい。九州地銀(18行)の20年3月期の預貸率順位表である。
~この表から見えるもの~
<1位~9位>
◆1位はふくおかFG傘下の熊本銀行で、貸出金は前期比+817億円の1兆6,161億円(前期比5.32%増)。総預金は前期比+196億円の1兆4,390億円(前期比1.38%増)。預貸率は112.3%のオーバーローンとなっている。
◆2位は西日本FH傘下の長崎銀行で、貸出金は前期比▲33億円の2,467億円(前期比-1.32%)。総預金は前期比▲94億円の2,260億円(前期比-3.99%)。預貸率は109.16%で前期と同様にオーバーローン。預貸金とも前期比マイナスと苦戦している。ふくおかFGと経営統合した十八銀行は親和銀行と今年10月1日に合併を予定しており、さらに厳しさが増すことになりそうだ。
◆3位は北九州銀行で、貸出金は前期比+216億円の1兆1,807億円(1.86%増)。総預金は前期比+444億円の1兆1,811億円(前期比3.91%増)。
・預貸率は99.97%と、わずかではあるがオーバーローンを解消している。ただ、総預金に占める譲渡性預金は前期比▲32億円の879億円と減少しているものの、比率は7.44%と高く、預貸率が安定するには、まだ時間がかかりそうだ。
◆4位は福岡銀行で、貸出金は前期比+9,191億円の10兆8,169億円(9.29%増)。総預金は前期比4,856億円の11兆1,430億円(前期比4.56%増)。
・預貸率は前期の92.87%から97.07%と大幅に上昇。総預金と貸出金の増加率は18行中トップで、積極的な営業展開が目に付く。
◆5位は鹿児島銀行で、貸出金は前期比+1,506億円の3兆5,581億円(前期比4.42%増)。総預金は前期比+1,435億円の4兆1,017億円(前期比3.63%増)。預貸率は86.75%。
◆6位は西日本シティ銀行で、貸出金は前期比+2,090億円の7兆3,412億円(前期比2.93%増)。総預金は譲渡性預金の前期比▲603億円にもかかわらず、前期比+3,299億円の8兆6,395億円(前期比3.97%増)。そのため預貸率は前期の85.83%から84.97%と、わずかではあるが減少に転じている。
・7位は福岡中央銀行で83.91%。8位に佐賀共栄銀行で80.07%。9位は宮崎銀行で80.05%。ここまでが預貸率80%台。

<10位~18位> 
◆10位は肥後銀行で、貸出金は前期比+2,080億円の3兆6,964億円(前期比5.96%増)。総預金は前期比+544億円の4兆6,774億円(前期比1.18%増)。譲渡性預金を前期比▲700億円と減額したことや貸出金を積極的に増加させたことにより、預貸率は前期の75.46%から79.03%と大幅に上昇している。
◆11位は親和銀行で、貸出金は前期比+778億円の1兆7,978億円(前期比4.52%増)。預貸率は前期の14位から11位。十八銀行との合併を控え、貸出金を積極的に増加させことにより、預貸率は75.38%から77.60%に上昇している。
・12位は前期11位だった南日本銀行で、預貸率は75.77%から77.46%。
・13位は前期12位だった宮崎太陽銀行で、預貸率は75.50%から76.17%。
・14位は前期16位だった十八銀行。親和銀行と同様、積極的に貸出金を増加させており、前期の16位から14位。預貸率は前期の71.62%から76.09%と大幅に上昇している。
◆15位は前期10位だった豊和銀行。前期の預貸率は77.51%だったが、今期は75.52%に減少している。
・16位は前期15位だった佐賀銀行。預貸率は前期の74.95%から今期は74.06%。
・17位は前期と同様に筑邦銀行。預貸率は前期の69.31%から今期は71.52%。ここまでが預貸率が70%台の銀行となっている。
◆18位は昨年同様に大分銀行。貸出金は前期比▲72億円の1兆8,326億円(前期比-0.39%)。総預金は前期比+350億円の3兆121億円(1.18%増)。預貸率は前期の61.80%から60.84%に下げている。同じく大分県を地盤とする豊和銀行も預貸率を下げており、大分県の資金需要は厳しい状況にあるようだ。

<金融グループ>
◆1位はふくおかFG。19年4月1日に十八銀行と経営統合したため、預貸金とも大幅に増加している。そのうえに傘下4行が貸出金を積極的に取り組んだことから、預貸率は前期の90.88%から92.04%。
・2位は西日本FHで、前期の86.28%から85.54%。
・3位は九州FGで、前期の79.99%から81.98%。
・4位は山口FGで、前期の78.84%から80.33%。
◆金融グループは貸出金増加により、収益増強を図ろうとしているのが読み取れる。

<まとめ>
 収益を上げるために金融グループ傘下行(9行)は貸出金を積極的に増加させている。収益を上げるためには預貸率を上げることが求められているものの、新型コロナウイルスが地域経済を直撃。貸出金を積極的に取り組めば焦げ付く可能性が高く、金融グループ以外の地銀にとっては、まさに、「進むも地獄退くも地獄」の経営を余儀なくされているというのが実態ではないだろうか。

▲クリックで拡大▲

【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年06月22日 17:02

【古典に学ぶ・乱世を生き抜く智恵】山岡鉄舟の言葉に学ぶ~〜無刀とは心のほかに刀がないこと〜NEW!

 勝海舟、高橋泥舟らとともに江戸を戦火から救った「幕末の三舟」の1人、山岡鉄舟(1836~1888)は、蔵奉行の四男として江戸本所に生まれるも、父が飛騨郡代となり、幼...

2021年06月22日 16:39

【九州FG】肥銀が22年3月末までに20カ所の店舗網再編 まず熊本市と八代市の4カ所NEW!

 肥後銀行(熊本市)は6月21日、熊本県内の支店、出張所各2カ所を10月と来年1月に既存店舗に移転統合すると発表した。急速なデジタル化に対応し顧客のニーズを汲み取るた...

2021年06月22日 16:29

佐賀・みやき町、「市村清記念メディカルコミュニティセンター」落成NEW!

 佐賀県三養基郡みやき町に、町民の健康増進を目的とした「市村清記念メディカルコミュニティセンター」が誕生する。26日の開業に先駆け、22日、落成式が行われた...

2021年06月22日 16:00

【コロナ禍で明暗分かれるラーメン業界(3)】無視できない存在に躍り出るNEW!

 2015年11月、豚骨が主流の福岡のラーメン業界を揺るがす超新星が現れた。「元祖トマトラーメンと辛めんの店 三味(333)」だ...

2021年06月22日 15:57

【7/10】「2021世界体操・新体操選手権北九州大会」100日前イベント開催NEW!

 北九州市は7月10日、今年10月に北九州市で開催される「2021世界体操・新体操選手権北九州大会」(世界体操:10月18~24日、世界新体操:10月27~31日)の...

2021年06月22日 15:37

【北九州】「到津の森公園」(小倉北区)が再開NEW!

 臨時休業・休館していた福岡県内の観光・レジャー施設などが21日から営業を再開。このうち、「到津の森公園」にはさっそく家族連れなどが訪れ、園内を散策したり遊具で遊んだ...

2021年06月22日 15:22

福岡ソフトバンクホークスが役員選任NEW!

 福岡ソフトバンクホークス(株)はこのほど、定時株主総会および取締役を開き、役員を選任した...

2021年06月22日 14:50

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(31)~新福岡空港島(案)への鉄軌道「新空港アクセスライン」の検討NEW!

 新福岡空港への鉄軌道の乗り入れを考える場合は、やはり博多駅からのアクセスということになるだろう。博多駅には福岡市地下鉄も乗り入れているため、大深度地下を利用したトン...

2021年06月22日 14:30

食品スーパー主要9社2月期 過去最高の好決算に沸く サンリブは店舗閉鎖で減収NEW!

 これまでに判明した食品スーパー主要9社の2021年2月期決算によると、店舗閉鎖で減収になったサンリブを除く8社が増収を計上。経常利益は非公表のサンリブを除き各社とも...

暴走続ける菅義偉氏NEW!

 日経平均株価が急落している。では、金融市場の方向転換の可能性を指摘してきた。3つの重要事実がある。第1は米国金融政策の方向転換。第2は相場の成熟。第3は経済環境の方...

pagetop