• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月02日 11:55

名古屋市営住宅の解体工事で図面に明記された杭の未施工が発覚!

 NetIBNewsでは福岡東区の分譲マンションにおいて杭が支持地盤に到達していないことや、構造スリットが施工されていないことなどをお伝えしてきた。そして、今度は愛知県名古屋市住宅局発注の市営住宅解体工事において、図面に記された杭が施工されていなかったという情報が編集部宛に寄せられた。

建物解体により、杭の未施工が判明

 杭が施工されていないことが判明したのは、名古屋市営緑ヶ丘住宅。昭和40年代に建設された鉄筋コンクリート造5階建ての建物で、建替え工事のため解体工事が行われた。建物が解体された後の敷地には、図面では300本程度あるはずの杭が3本しかなかった。この3本の杭は試験杭※ということである。
※試験杭:支持層を確認するための杭

(写真はイメージ)

 情報提供者が、この件を名古屋市住宅局に質問したところ、市は「調べてみなければわからない。2週間後に回答する」と返答。2週間後、市は「基礎工事の計算書があり、杭が不要な構造だった」と回答したという。そこで、情報提供者が国土交通省の文書課に問い合わせたところ、「計算書の保存期間は工事完了後1年、一般的な図面の保存期間は10年未満。40年以上も保管されていることはあり得ない」との回答を受けたという。

 不可解なことに、解体された建物の増築部分には杭が施工されている。隣り合う既存部分と増築部分で、一方の支持地盤が深く、一方の支持地盤が極端に浅いというのは考え難いという。そこで編集部は、名古屋市役所の担当者に話を聞いてみた。

 以下、名古屋市住宅局担当者との一問一答

 ――図面では杭が300本となっているのに試験杭が3本しかなかったというのは本当ですか?
 名古屋市住宅担当局(以下、名古屋) そうです。団地は標準図面が決まっていて、上部は1種類ですが、基礎は杭基礎と直接基礎の2種類の標準図があり、現地の地盤に合わせて使い分けるようになっていました。昭和40年代に建設された当時、どちらが採用されたか不明だったので、杭基礎の方の図面を基に解体することになりました。

 ――杭基礎と直接基礎では基礎(フーチング)の大きさが異なるのではないでしょうか?
 名古屋 基礎の大きさは、杭基礎の小さなものではなく、直接基礎の大きなものとなっていたので問題ありません。

 ――地耐力は何t/m2だったのですか?
 名古屋 それは調べないとわかりません。

 ――鉄筋コンクリート造5階建てに十分な、固い地盤が浅いところにあったということですか?
 名古屋 そういうことです。

 ――試験杭の長さは何mになっていますか?
 名古屋 それは、杭が埋まっているのでわかりません。試験杭により地耐力を調べて、直接基礎か杭基礎か判断したのだと思います。

 ――浅いところに固い地盤があれば、試験杭を打てないのではないでしょうか?
 名古屋 ・・・。(無言)

 ――試験杭を打てるということは支持層が それなりに深いということですね。直接基礎は無理ではないでしょうか?
 名古屋 それは私にはわかりません。

 ――増築部分には杭が打ってあるそうですが、既存部分が直接基礎で、増築部分が杭基礎というのは、つじつまが合わないのではないですか?
 名古屋 既存建物が建設された時期と増築部分が建設された時期では、法律が変わったからだと思います。

 ――法律は 具体的には どのように変わったのですか?
 名古屋 ・・・。それは調べないとわかりません。

 ――同じ敷地の地盤が、法律によって 杭基礎だったり直接基礎だったり、結果が極端に変わるものなのですか?
 名古屋 ・・・。(無言)

 ――昭和40年代の図面や構造計算書が残っていたということですか?
 名古屋 そうです。

 ――緑ヶ丘住宅と同年代に建築された団地がいくつもあると思いますが、名古屋市ではすべての団地の図面や構造計算書を保管されているということですか?
 名古屋 すべてというわけではありません。

名古屋市の回答の矛盾

 昭和40年代の図面や構造計算書が保管されていることは、一般的には珍しい。当時の設計図書の法定の保管期間は5年間(現行法規では15年間)である。50年間も保管しているのはすばらしいことであるが、保管するのであれば、正しい図面を保管しておくべきではなかっただろうか?

 同じ敷地の隣り合う鉄筋コンクリート5階建ての建物で、既存部分が直接基礎で、増築部分が杭基礎ということはあり得るのか?建築構造専門家の意見を聞いたところ、以下のような意見をいただいた。

 一つの建物において、杭基礎と直接基礎を併用することは法令違反です。この団地の場合、既存部分と増築部分なので一つの建物とは言えませんが、同じ敷地で杭基礎と直接基礎を併用することは考えられません。
 名古屋市は「既存の建設時期と増築の建設時期の間に法律が変わった」と説明しています。確かに地耐力を算出する告示が改定されたことがありますが、算定式や地盤種別などが微妙に変わっただけで、これにより杭が必要な地盤が直接基礎で可能になるようなことはあり得ません。鉄筋コンクリート5階建ての建物を直接基礎で支持できる地盤であれば、試験杭を貫入させることも不可能です。

 今回の名古屋市営緑ヶ丘住宅の図面に記載された杭が施工されていないことは、解体工事が行われたから発覚したことである。事実は事実として対応すべきではなかったのか? この団地には今回、杭が施工されていなかった棟と同時期に建設された市営住宅が6棟も存在しており、緑ヶ丘住宅と同じように適切な基礎が施工されていない建物が存在している可能性は高い。その団地では多くの方が日常生活を送っているのである。名古屋市は、早急に調査を行い、安全を確認できない建物の居住者には安全な建物に引っ越していただき、不適切な建物の是正を行うべきではないだろうか。名古屋市には人命最優先の方針で臨んでいただきたい。

【桑野 健介】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月07日 18:24

【8/8~21】お盆期間の飲み会は1次会、2時間まで 福岡県が要請NEW!

 福岡県は8~21日、県民に対して、接待をともなう飲食店、居酒屋など酒類を提供する飲食店やカラオケでの滞在を2時間以内とし、1次会のみの利用を要請する...

2020年08月07日 18:23

新型コロナウイルスが直撃~旅客運輸会社は生き残ることができるのだろうかNEW!

   来週、お盆を迎える。「今年は帰省を控えるべきか、それとも帰省すべきか」と、ぎりぎりまで迷っている人が多いといわれているが、旅客運輸業界の株価、経営状況などをみて...

2020年08月07日 17:55

【横田一の現場レポート】〈解散・総選挙は今秋〉説が無視できない理由 維新人気で「Go To改憲」

 コロナ禍にあってもなお、今秋の解散・総選挙説が永田町では囁かれている。7月15日には維新副代表の吉村洋文・大阪府知事が、地方分権の超党派勉強会「新しい国のかたち(分...

2020年08月07日 16:57

厚生労働省公表の「ブラック企業」 7月31日発表 九州地区(福岡を除く)

 20年7月31日に公表(20年6月30日更新分)された福岡を除く九州地区分は下記の通り...

2020年08月07日 16:39

史上最悪の経済情勢下で進むアメリカの大統領選挙(前)

 政治、経済、軍事とあらゆる分野で世界最強の地位を誇ってきた超大国アメリカの土台が崩れ始めている。新型コロナウィルスの感染者数でも死亡者数でも世界最悪の記録を更新中だ...

2020年08月07日 15:30

福岡アジアビジネスセンターが令和2年度「海外バイヤーとのBtoB ウェブマッチング支援事業」参加者募集中!

 「アジアをはじめ世界29カ国のバイヤーに、御社の製品を売り込んでみませんか?」「新型コロナウイルス感染症が世界中で猛威を振るっている昨今、海外に向けて自社商品を売り...

2020年08月07日 15:00

日本再生シリーズ(1)企業の労働者不足解消には、人材獲得先の見直し革新が急務

 人口減少に歯止めがかからず労働者不足が深刻化する日本では、企業が取り組むことができる救済策が必要だ。労働不足を解決する外国人高度人材の積極的受入れにいち早く着目し、...

2020年08月07日 14:25

復活の道が見えない日産自動車の研究(1)

 日産自動車(株)を新型コロナウイルスの感染拡大が直撃した。世界販売台数は半減し、2021年3月期の純損益が、2年連続となる6,700億円規模の赤字に陥る見通し...

2020年08月07日 13:30

ニューヨークは必ず再起する(後)

 ロックダウンがあっても潰れなかった飲食店や小店は、今では少し楽になっているはずだ。ニューヨーク人にとって今もっとも関心の高い問題は、むしろ学級閉鎖だ...

2020年08月07日 13:00

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(5)

 「2000年代以降「平成の失われた30年」の様相が次第にはっきりしてくると、日本の大学の劣化が明らかになり、多くの大学が『改革を進めても、大学は少しも良くならない』...

pagetop