• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月10日 15:40

ライオンズクラブ337-A地区の次期体制とこれから~スローガン「We Serve」は正しく実践されるのか? 輝けるライオンズパーソン 

 ライオンズクラブ(LC)337-A地区(福岡県全域・長崎県壱岐市)の、次期(2020-2021)ガバナー、第一副地区ガバナー承認および第二副地区ガバナー選出が、5月16日に実施された。今回行われた同地区次期ガバナー選を総括する。

38票差での決定

 ライオンズクラブ(LC)337-A地区は、毎期4月中旬に開催される「年次大会」で、次期ガバナーエレクト(LCの専門用語:地区ガバナーは地区の年次大会で選出。選出されてから就任するまでの間の呼称)と第一および第二副地区ガバナーが決まる。「年次大会」で、それぞれの該当者は、投票権をもつ代議員に決意を述べる機会がある。今年は新型コロナウイルス蔓延の影響により、「年次大会」が中止となった。大会が中止になった代わりに、同地区内の5つのリジョン(R)ごとで指定された会場で、投票のみ実施された。

 次期ガバナーエレクトおよび第一副地区ガバナーは、今期第一副地区ガバナーの柴田賀江氏、第二副地区ガバナーの古川隆氏がそれぞれ承認され、次期ガバナーエレクトおよび第一副地区ガバナーに就任する。

 今回、動向が注目されていたのは、次期ガバナーを決める第二副地区ガバナー選挙で、二場安之氏と手嶋文博氏の2名が立候補していた。
 代議員493名による投票の結果、38票差で二場氏が次期第二副地区ガバナーに選ばれた。投票の内訳(白票・棄権など含む)は、現在のところ判明していない。

80:20で二場氏勝利予想

 今回の同地区第二副地区ガバナー選挙については、前記2名に加えて「もう1人別の候補者が出馬するのではないか」と噂されていた。しかし、その“もう1人”の候補者は、出馬を断念し、最終的に前記2名による一騎討ちというかたちになった。

 関係者の間で、同地区の組織風土を踏まえたうえでの予想が行われ、事前予想では「80:20の割合で二場氏の圧倒的優勢」とされた。その理由は、「二場さんは、卓越したリーダーシップを有している。また品格・品性が高いなど優れた人間性でLCガバナーの素養を十分に有する人物」「地区だけでなく、複合そしてLC全体の将来を見ながらの活動ぶりと、自らが汗水流す“率先垂範”で所属クラブと337-Aをけん引してきた実績が高く評価できる」などとされている。要するに、二場氏による同地区のみならずLC全体が発展するために尽力してきた功績が、評価されていたのだ。

 二場氏は、リジョンチェアパーソン(RC)やキャビネット幹事など幅広いLC内での役職に積極的に就き、自社の経営(二場氏は設計事務所代表取締役)を行いながら、寸暇を惜しんでLCの活動に身を捧げている。ある代議員は「二場さんは、2017年7月に発生した九州北部豪雨被災地への支援を、対策本部実行委員長として陣頭指揮をとり、辣腕を振るった。彼はLCメンバーの立場だけでなく、人として、心身を捧げる行動で各被災地へ支援を実行した。彼ほど責任感・正義感に満ち溢れた人物は、337-A地区内では見当たらない。彼が将来のガバナーに相応しいのは、誰もが認めるところだ」と二場氏の功績を称えている。

 一方、手嶋氏については、「手嶋さんは、温厚でチームワークに重きをおくマネジメントの実践が持ち味です。加えて何事も丁寧で、かつ即決する決断力、一本気な気質で大変義理堅い方です。手嶋さんには、たしかにリーダーとしての資質が備わっております。ただし二場氏と比較すると、手嶋さんにはLC内でのいわゆる“勲章”が少ないのです。その差が、投票に影響をおよぼすかもしれない」と事前分析した代議員もいた。
 これら同地区代議員らの事前分析では、二場氏の圧倒的得票での次期ガバナー就任が確実視されていた。

不信任されたガバナーは存在する

 同地区第二副地区ガバナーに二場氏が、代議員による投票で公正に選出されたことは事実である。たとえ1票差だろうと結果は結果だ。代議員によって選ばれた二場氏は、将来の同地区ガバナー候補となり、その責務は重い。今後どのような活動・言動を行うか要注目だ。

 なぜならばガバナーは、地区の「顔」であり「象徴」で、何よりも地区のリーダーなのである。従って自身の“利益・欲”を満たすための権力の発動は決して許されない。「将来の同地区LCリーダー候補として正々堂々した言動で、けん引してくれることを期待する」「二場さんなら地区を正しく導いてくださるだろう。二場さんは長年にわたり、ご自身の会社経営を行いながら、LCのために尽力されております。抜群の行動力とリーダーとしての統率力は、LCガバナーに相応しい人物であります」など同地区内で高い評価を得ている。なお、二場氏は元福岡市長から推薦されていたことを付け加えておく。

 他方、同地区ではないものの、国内における地区ガバナー(副地区ガバナー含む)が任期中に不信任された事例は、存在する。たとえば刑事事件被疑者、不正・不祥事による刑事告発、民事訴訟被告などが発覚した場合、ガバナーの地位を剥奪され、LCから追放される。

 『月に叢雲、花に風』。二場氏は地に足をつけて、同地区、そしてLCそのもののステータスを高め、地域社会に寄り添うリーダーになっていただけることを只々願うのみだ。ご健闘をお祈りしたい。

【河原 清明】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月19日 17:39

【福岡県に緊急事態宣言】(11)コロナを舐めてはいけない(2)

 12月29日に新型コロナウイルスが陽性と診断されたTは1月1日の元旦、身柄を拘束された。ホテルに幽閉となったのである。それから12日まで軟禁状態が続き、ようやく自宅...

2021年01月19日 17:12

【みやき町】関家具と包括連携協定を締結、地域活性化推進へ

 佐賀県みやき町は19日、(株)関家具と包括連携協定の締結調印式を行った。この協定は、包括的な連携のもと、相互の発展と地域活性化の推進を目的としている...

2021年01月19日 16:58

コロナ第三波、菅首相・小池知事の“A級戦犯コンビ”を問いただす

 コロナ第三波の爆発的感染拡大で、お互い責任をなすりつけ合っている菅義偉首相と小池百合子知事の“A級戦犯”ぶりが際立っている...

2021年01月19日 16:42

【佐賀県】佐賀大発「オプティム」がNTT東などと「NTTドローン」設立

 佐賀大学発のコンピューター・ソフト会社「オプティム」、NTT東日本、ドローン販売「ワールドリンク」の3社は18日、埼玉県朝霞市にドローン(無人航空機)を応用して産業...

2021年01月19日 16:20

【福岡県に緊急事態宣言】(10)コロナが触媒になる流通の転換

 多くの小売業はバブル崩壊以降、規模の大小を問わず売上不振に見舞われ、それが今もなお続いている。それに拍車をかけたのが、新型コロナだ。飲食・旅行業界だけでなく、幅広い...

2021年01月19日 15:19

吉塚松崎線、新設区間の無電柱化を検討

 福岡市は、県から「福岡広域都市計画道路事業3.5.1-80号吉塚松崎線」の変更許可を取得した...

2021年01月19日 15:02

JR博多シティの飲食店が期間限定で弁当販売中!

 JR博多シティで“うまかもん”を提供する「くぅてん」「デイトス」「デイトスアネックス」「三百歩横丁」の一部飲食店が、2月5日(金)までの期間限定で弁当を販売している...

2021年01月19日 14:05

中洲の灯は絶えない(2)接待はなくならない〜「ロイヤル・ボックス」ママ・藤堂和子氏

 今回の緊急事態宣言などについて、中洲で50年にわたり経営に携わってきた「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子氏に話を聞いた...

2021年01月19日 11:30

2020年休廃業・解散企業数が過去最多の約5万件に

 昨年の休廃業・解散企業数は4万9,698件(前年比14.6%増)と5万件に迫り、調査開始の2000年以降で過去最多となった...

2021年01月19日 11:07

【縄文道通信第58号】縄文道ユートピア論~実現可能な道程 縄文道―武士道―未来道(後)

 それでは国連が2015年に提唱した17カ条を以下に掲げながら、縄文道と比較してみよう...

pagetop