• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年06月29日 15:32

安倍自公政治刷新に必要な「戦略的対応」 植草一秀氏ブログ「知られざる真実」 

 NetIB-Newsでは、政治経済学者の植草一秀氏のブログ記事から一部を抜粋して紹介する。今回は、見えざる情報操作が行われている東京都知事選では、れいわ新選組を含めた、安倍政治に正面から対峙する「たしかな野党」勢力の結集、大同団結が求められるとした6月28日付の記事を紹介する。


 東京都知事選の投票日まで残り1週間になった。
 小池氏有利の報道が相次ぐ。

 2012年以降の選挙で共通の情報操作の側面がある。
 「勝ち馬に乗る行動」と「あきらめて選挙を棄権する行動」を促進する情報操作である。

 ただし、客観情勢として小池氏が有利であるとの事情もある。
 当選者が1人しか出ない選挙では、政治主張を一にする勢力からの候補者を1人に絞り込むことが重要になる。

 小池氏は安倍自公陣営の候補者である。
 安倍自公の支持者が有権者の25%を占める。
 この人々は雨が降っても槍が降っても選挙に行く岩盤層だ。

 「今だけ金だけ自分だけ」の「3だけ教」信者。
 安倍自公を支援することが現世利益に直結するから、必ず選挙に行く。
 投票率が5割まで低下すれば、25%の票は投票総数の半分を占有することになる。
 敵陣営が複数候補を擁立すれば楽勝になる。

 今回選挙では小池都政を終焉させる勢力から2人が出馬した。
 宇都宮健児氏と山本太郎氏だ。
 6月27日にネット上の討論会が開催されたが、宇都宮氏と山本氏の公約には共通点が多い。

 宇都宮氏と山本氏の2人を同時に支持する主権者が多数存在する。
 現在の有権者の支持状況を踏まえれば、小池都政を終焉させるには「小池都政を終焉させる勢力」が大同団結して連帯する必要がある。

 しかし、その陣営から2人の候補者が出馬した
 そのため、小池氏が圧倒的に有利になっているという現状がある。
 事態を打開するには「戦略的投票」が必要になる。

 宇都宮氏と山本氏の2人の候補者のうち、優勢な候補者に投票を一本化するのである。
 接戦情勢がつくられていないから、すでに選挙への関心を遠ざけてしまった有権者が多数存在する。

 しかし、選挙ではあきらめた方が敗北する。
 最後の最後まで全力を尽くすことが重要だ。
 選挙戦中盤の情勢を踏まえて、「小池都政を終焉させる」ことを求める主権者がいずれかの候補者に投票を集中させる必要があると判断される。

 情勢調査には不確かな面があるが、現時点で得られる情勢調査結果では宇都宮氏が山本氏にややリードしているように見受けられる。

 山本氏に対する支持には熱いものがある。
 しかし、山本氏の出馬表明は遅れた。

 本当に都知事選勝利を目指すのであれば、十分すぎる時間を生かして、反小池陣営の候補者一本化のための作業を積み重ねる必要があった。
 その形跡が十分見られぬなかで、宇都宮氏の出馬表明から大きく遅れて山本氏が出馬を表明した。
 このために、山本氏に対する支援がやや盛り上がりに欠く状況になった点を否めない。

 今回都知事選では連合が小池氏の支援を行っている。
「連合の正体見たり都知事選」
 という状況だ。

※続きは6月28日のメルマガ版「植草一秀の『知られざる真実』」「安倍自公政治刷新に必要な「戦略的対応」」で。


▼関連リンク
植草一秀の『知られざる真実』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年07月15日 10:06

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(後)NEW!

 ここで肝心なのは、金もうけ本位の姿勢を見直すことだ。単なるDXデジタル技術やデータ活用でデジタル経済に転換するという安易な対応ではよくない...

2020年07月15日 07:00

相次ぐマンションの設計偽装~デベロッパーと行政の「不都合な真実」 仲盛昭二氏 緊急手記(3)NEW!

 このように、行政主導による構造検証においても、設計の偽装が見逃されていた。全国のマンションやホテルなどにおいて偽装が続けられ...

2020年07月15日 07:00

【株主総会血風録1】大戸屋ホールディングス~買収を仕掛けたコロワイドが戦わずして“戦線放棄”の奇々怪々(6)NEW!

 コロワイドは、最初から実行するべきTOBをなぜしなかったか。これも、理由ははっきりしている。「のれん代」がネックとなったからだ...

2020年07月14日 17:12

新型コロナウイルス~関東で感染拡大

  【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。 ~この表から見えるもの~ ◆全国(47都道府県)の7月14...

2020年07月14日 16:00

ストラテジーブレティン(256号)~日本を蘇生に導くハイテク大ブーム~米中対決のカギを握る半導体、言わば現代の石油(1)

 米中対決は香港の一国二制度の崩壊で決定的となった。現世界情勢の特徴は「中国の一方的攻勢」であろう。インド国境、南シナ海、東シナ海・尖閣列島では周辺への威圧を強めてい...

2020年07月14日 15:30

「コロナ後の世界経済」~ポスト資本主義の倫理、哲学で世界経済の再構築を(前)

 ポストコロナの時代には、格差拡大を続ける資本主義や、AIやICTを活用したリモートワークなどのオンライン化ではなく、倫理や哲学に立脚した新しい世界経済の再構築を目指...

2020年07月14日 15:05

朴ソウル市長の死去で大きく揺れる韓国社会(後)

 2年ほど前に、韓国の大統領有力候補として名が挙がっていた安照正前忠南道知事の性的暴行事件は、多くの国民に失望とショックを与えた。当時韓国では「Me Too運動」が広...

2020年07月14日 14:41

【8/10~12】上村建設前社長・上村秀敏氏初盆供養

 上村建設(株)は8月10~12日、同社前代表取締役社長・上村秀敏氏の初盆供養を同社の芥屋研修所にて執り行う...

2020年07月14日 13:32

梅の花が下方修正 20年4月期は43.9憶円の赤字に

 (株)梅の花(久留米市)が7月13日、業績予想の修正を発表した...

2020年07月14日 12:00

中国の新車販売が急回復!トヨタは2カ月連続で単月販売台数の過去最高を更新!

 中国自動車工業協会は7月10日、6月の新車販売台数が、前年同月比11.6%増の230万台だったと発表した。新型コロナウイルスによる影響が落ち着き、3カ月連続でプラス...

pagetop