• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月02日 14:17

【インタビュー/玉城絵美】「リモート」のその先へ 10体のアバターを動かす世界がすぐそこに(後)

H2L(株) 創業者
早稲田大学大学院創造理工学研究科 准教授
玉城 絵美

 強力な感染力をもつ新型コロナウイルスは、人間が慣れ親しんできた「働き方」に対しても極端な転換を迫った。可能な限り人と人が交わらず、会話すら避けながら成果を生み出す働き方――不可能にも思える「無理難題」の実現に早くから取り組んできたのが、玉城絵美准教授が創業した(株)H2Lだ。同社は4月、「ポストコロナ社会を構築するベンチャー」にも選ばれ、その先見性と技術力が注目を集めている。玉城准教授が目指すのは場所や時間に縛られない生き方。リモートワーク技術が社会に実装されたそのずっと先で待っているのは、玉城准教授が10代のころ病床で夢見た「どこでもドア」の世界だ。

10体のアバターを駆使して働く未来~ムーンショット目標

 ――社会を変えるような技術的変化は、どれくらいのスパンで起きるのでしょうか。

 玉城 もうこれ以上新型コロナ・ショックのようなパンデミックが来ないという前提で話すと、確実にあと5年以内には大きな変化があると思います。日本では新型コロナウイルスの感染が広がる前から、〈リモートでコミュニケーションせざるを得ない社会が来る〉と、世界に先駆けて大きなプロジェクトが動き出していました。内閣府が所管して昨年発表した「ムーンショット型研究開発制度」のムーンショット目標の1つで、「2050年までに、人が身体、脳、空間、時間の制約から解放された社会を実現する」というものです。いろいろな研究者が今後はリモートワークが必須になるだろうということで一致して、莫大な予算がつけられました。

内閣府の「ムーンショット型研究開発制度」が提唱する、
サイバネティック・アバター生活(内閣府HPより)

 ――少子高齢化がこれ以上進むと、日本の産業構造自体も変わらざるを得ないという危機感も反映されているのでしょうか。

 玉城 少子高齢化に関連していうと、ムーンショットではたとえば「1人で10体以上のアバター(avatar/分身)を動かして働く」という目標があるんですね。つまりリモートで、かつ10体の分身を動かして10倍の成果を生み出すことを目指しているわけですが、これによって超少子高齢化社会であっても生産力を下げない社会をつくり出そうと。私自身の研究内容はこの方針とほとんど同じなのでやることは変わらないのですが、私以外の研究者や企業さんの研究方針が変わってきて、リモートワークやビジネスに関する研究開発がすごく盛んになってくると思います。

 ――これから必要とされる能力が変わると、教育内容も変わらざるを得ないですね。

 玉城 リモートワークに関する働き方をどう受け入れていくのかというのは教育の大きな課題です。たとえば、いま日本ってコンピュータが得意な人がすごく少ないんです。プログラミングできる人はもっと少なくて、AI人材が何万人も足りないといわれています。では海外はどうかというと、先進国は基本的にコンピュータを使えることがデフォルト(標準)になっていて、20代はもちろん10代の子どもたちですら自在にパソコンを使うようになっています。

玉城 絵美さん

 日本の大学生は入学したときにブラインドタッチが苦手な学生が意外に多いのですが、その子たちが生まれた2000年ごろって「コンピュータが使えないと仕事がなくなる」っていう未来は見通せてなかったと思うんです。じゃあ、いまから10年先に「リモートワークする能力がないと仕事がない」っていう未来がやってくることを、私自身は確信しているんですけれど、現在の日本の教育プログラムにはリモートワークを前提とした内容が組み込まれていません。現場の声を聞いても、日本の教育プログラムに組み込むには難しい問題がたくさんあるようですね。アバター10体を動かす訓練を義務教育に組み込むのはまだできないので、民間の塾やロボット教室とか、あるいは本人が科学技術館とかに行って学ぶという自主的な取り組みに任されているのが日本の現状です。そうなると国際的な競争社会になったときに危ないのではないか、ちょっと心配ですね。

 リモート社会が進展すると人と人の交わりがなくなるのではないかと危惧する方もいますが、それはコミュニケーションをどう捉えるかで見えるものが違うと思います。たとえば私の指導学生さんは20代後半の方が多いのですが、すごく極端なんですよ。ある子はものすごくたくさんの人と物理的に会っていて、わざわざ北海道まで行っていっしょにお酒を飲んだりする。別の子は人に直接会うのが苦手で、電話すら嫌なんだけれど、インスタグラムでは世界中の人とコミュニケーションしている。じつは、どちらも「人とつながっている」のは同じで、つながり方の選択肢が格段に増えたことで選べるようになったんです。ある意味、これまで選択肢がなかった人にとってはつながる場が増えているのではないかと思います。

(了)


<PROFILE>
玉城 絵美

H2L(株)(H2L Inc.)創業者/早稲田大学大学院創造理工学研究科 准教授/人間とコンピュータの間の情報交換を促進することによって、豊かな身体経験を共有するBody SharingとHCI研究とその普及を目指す研究者兼起業家。2011年にコンピュータからヒトに手の動作を伝達する装置「Possessed Hand」を発表。分野を超えて多くの研究者に衝撃を与え、CNNやABCで報道。米『TIME』誌が選ぶ50の発明に選出。同年には東京大学で総長賞受賞と同時に総代を務め博士号を取得。2012年にH2L,Inc.を創業、2015年にKick Starterにて世界初触感型コントローラ「Unlimited Hand」を発表し22時間で目標達成。内閣府総合科学技術・イノベーション会議で総合戦略に関する委員も務める。新たなBody Sharingの研究プロダクトである「FirstVR」は、NTTドコモ5Gとの連携を2019年に発表。Possessed Hand、Unlimited Hand、FirstVRは、基礎から応用まで多くの研究者に利用されると同時にBody Sharingサービスへと展開している。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月05日 07:00

コロナで変わる防災――1人ひとりが“自分ゴト”として備えを(前)NEW!

 「京都地裁は今年6月、京都府福知山市の住宅地で発生した浸水被害について、造成した市側に被災住民への損害賠償を命じる判決を言い渡しました。これは宅地販売時の水害リスク...

2020年08月05日 07:00

行政・企業・住民をつなぐ九住協が新体制~新理事長「コロナ禍には最善の施策を」(後)NEW!

 「マンションデベロッパーの社会的役割は「まちづくり」です。まちを知り、まちに住まう方々の快適な生活を想像し、より良い商品企画に努めます...

2020年08月05日 07:00

市民の安全・安心のために―最前線で尽力する“地域の守り手”(後)NEW!

 「当会のなかには4つの委員会を設けていますが、そのうちの安全委員会では市と共同で市民総合防災訓練や水防訓練を毎年行うほか、防災委員会では市内各地区の住民に向けた防災...

2020年08月05日 07:00

「海抜ゼロm」「木密」対策~大都市・東京の整備計画とは(4)NEW!

 多摩地域や区部西部では、都市計画から30年が経過する2022年に、多くの生産緑地が農地管理の義務から外れ、そのうちの多くの農地が宅地へと転用される可能性が高い...

2020年08月05日 07:00

九州三共・中島会長が国交大臣表彰 九住協、北住協で実績NEW!

 30年以上にわたって地場不動産デベロッパーの団体・九州住宅産業協会の役員を務めてきた九州三共・中島伸一郎会長が、7月10日に国土交通大臣表彰を受章した...

2020年08月04日 16:12

九大 教員および学生の新型コロナ感染を発表

 九州大学は8月3日、7月30日に所属する研究者1名が、8月 1 日および2日に学生4名の計5名がPCR検査で陽性と判定されたことを発表した...

2020年08月04日 16:01

韓国ウォンの暴落と通貨危機は再び起こるのか(後)

 韓国政府は、急激なウォン安が起こらないように、どのような対策をしているのだろうか。それは、為替介入である...

2020年08月04日 15:30

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(2)

 「重要なのは、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックは、歴史上、今回が初めてではないということです。過去に起こった感染症のパンデミックを、ここで振り返ってみ...

2020年08月04日 15:13

【縄文道通信第41号】縄文道―天職ガイド 縄文陶工と現代の陶工との関係性 縄文道―武士道―未来道(後)

 1人の証券会社のエリートサラリーマンだった知人が、備前焼の陶工に変身した。松井宏之氏である...

pagetop