• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 17:12

新型コロナウイルス~関東で感染拡大

【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。
~この表から見えるもの~
◆全国(47都道府県)の7月14日(午前0時現在)の感染者数は、前日比+249人の21,673人。
・空港検疫などを含む国内感染者数は前日比+262人の22,253人。
◆1位は東京都。14日は119人の新規感染が確認され、5日ぶりに200人を下回った。1週間の増加数は1,179人で1日当たり168人。シェアは7月8日比(以下省略)+1.70%の37.12%と大きく上昇している。
・2位は大阪府。前日比+18人の2,045人。1週間の増加数は152人で、シェアは-0.24%の9.44%。
・3位は神奈川県。前日比+17人の1,758人。1週間の増加数は163人で、シェアは-0.03%の8.11%。
・4位は埼玉県。前日比+26人の1,485人。1週間の増加数は東京都以外ではトップの233人で、シェアは+0.35%の6.85%に上昇している。
・5位は北海道。前日比+2人の1,296人。1週間の増加数は19人で、シェアは-0.51%の5.98%。
・6位は千葉県。前日比+17人の1,129人。1週間の増加数は115人で、シェアは±0%の5.21%。ここまでが感染者が1,000人以上で、シェアが5%以上となっている。
◆7位は福岡県。前日比+2人の924人。1週間の増加数は46人で、シェアは-0.23%の4.26%。福岡市と北九州市の夜の街の集団感染が終息したことによる。
・8位は兵庫県。前日比+1人の739人。1週間の増加数は23人で、シェアは-0.23%の3.41%。
・9位は愛知県。前日比+2人の536人。1週間の増加数は6人で、シェアは-0.22%の2.47%。
・10位は京都府。前日比+9人の456人。1週間の増加数は52人。シェアは+0.01%の2.10%。
◆11位の石川県以下で、前日比プラスは茨城県を含め15県で36人。前日比ゼロは22県。増加の要因は夜の街だけでなく、会食、職場および家庭内など、幅広く市中感染が拡大している。

【表2】を見ていただきたい。全国9地方の新型コロナウイルスの感染者推移表である。
~この表から見えるもの~
◆1位は関東地方(1都6県)。新型コロナウイルスの感染者は14日現在、前日比+187人の12,875人。1週間の感染者数は1,719人。全国シェアは7月8日の57.45%から+1.95%の59.41%で、60%台に近づいている。そのうち東京都が+1.70%の37.12%で、全国の1/3を超えている。また埼玉県も+0.35%の6.85%と大幅に上昇している。
・2位は近畿地方(2府4県)。感染者は前日比+35人の3,552人。1週間の感染者数は276人で、シェアは-0.37%の16.39%。和歌山県、京都府、奈良県のシェアがプラスとなっている。
・3位は中部地方(10県)。感染者は前日比+4人の1,739人。1週間の感染者数は29人で、シェアは-0.68%の8.02%。
・4位は北海道地方。感染者は前日比+2人の1,296人。1週間の感染者数19人で、シェアは-0.51%の5.98%。
◆5位は九州地方(7県)。感染者は前日比+11人の1,280人。1週間の増加数は100人で、関東、近畿地方につぐ増加数。福岡県と鹿児島県の合計は1,074人で、83.9%のシェアを占めている。
・6位は東北地方(6県)。感染者は前日比+4人の310人。1週間の増加数は16人で、シェアは-0.06%の1.43%。
・7位は中国地方(5県)。感染者は前日比+4人の276人。1週間の増加数は14人で、シェアは-0.07%の1.27%。
・8位は四国地方(4県)。感染者は前日比+2人の197人。1週間の増加数は7人で、シェアは-0.07%の0.91%。
・9位は沖縄地方。感染者は前日比ゼロの148人。1週間の増加数は6人。シェアは-0.04%の0.68%となっている。

【表3】を見ていただきたい。福岡市と北九州市の感染者推移表である。
~この表から見えるもの~
◆7月14日に発表された福岡市の感染者は前日比+1人の429人。北九州市も前日比+1人の262人で計691人。福岡県の感染者は前日比+2人の924人で、両市の2人の増加による。シェアは74.78%を占めている。

<まとめ>
菅官房長官は「社会活動と経済活動を完全に止めずブレーキをかけながら進んでいくことが大切。圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではないほど東京中心の問題となっている。感染防止対策をしっかり講じながら社会経済活動を段階的に引き上げ両立したい。」と述べた。
これに対して小池東京都知事は、「『Go Toキャンペーン』がこれから始まろうとしているなかで、その辺の整合性を国としてどう取っていくのか。これはむしろ国の問題だ」と反論している。 
「目に見えない感染の連鎖」が続いて地域社会で市中感染が起こりつつある。本稿執筆中に、小池東京都知事が「今日14日の感染者は前日比+143人」と発表したが、別表の通り、東京を含む関東地方の新型コロナウイルスの感染者は、まだまだ増加することが予想される。

【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

▲クリックで拡大▲
▲クリックで拡大▲
▲クリックで拡大▲

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年10月02日 07:00

筑紫野市が旧上下水道庁舎で 公募型プロポーザル「市民のために」NEW!

 2019年1月から新庁舎での行政サービスの提供を行っている筑紫野市だが、以前使われていた旧庁舎の今後の利活用の動向に注目が集まっている...

2020年10月02日 07:00

【国交省答申】激甚化する災害~港湾の防災・減災対策はソフト面でもNEW!

 国土交通省交通政策審議会は8月、「今後の港湾におけるハード・ソフト一体となった総合的な防災・減災対策のあり方(答申)」(以下、答申)を発表した...

2020年10月02日 07:00

唐戸商店街と学生が連携する地域事業~教育を通じた「まちづくり」(前)NEW!

 『私は2008年に下関市立大学に赴任しましたが、財政学と地域経済学を専攻していることから、何らかの地域活動を行いたいという思いを抱いていました。そのなかで、ご縁があ...

2020年10月02日 07:00

歴史・交通・人をつなぐ結節点~海峡都市下関市のこれから(3)NEW!

 終戦後の49年11月に、下関に本社を置いていた大洋漁業(現・マルハニチロ(株))が母体となり、プロ野球団「まるは球団」(後の大洋ホエールズ、現・横浜DeNAベイスタ...

2020年10月01日 18:09

生死の境界線(1)肺癌宣告

 筆者は毎年4月、適正健康検査(1日ドック)を受けてきた。かれこれ20年になるであろう。これまで致命的な勧告を受けたことはなかった。今年は新型コロナウイルスのため定期...

2020年10月01日 17:10

【IR福岡誘致特別連載9】海外投資企業にもっとも高評価なのは既存の交通インフラ網

 交通網は全国のIR(カジノを含む統合型シティリゾート)の候補地において、もっとも重要かつ不可欠であり、IR誘致開発事業の要である。その目的地までの集客力が重要であり...

2020年10月01日 16:28

新型コロナの防疫対策で世界の先頭を走る台湾と意見交換(1)

 2020台湾最新ビジネスセミナー「withコロナ時代‐日台で切り拓く新ビジネスチャンス」が9月15日、TKP品川カンファレンスセンターで開催された。今回のセミナーは...

2020年10月01日 15:17

42号店「三宅店」をオープン~唐揚げ専門店「博多とよ唐亭」

 本日、唐揚げのテイクアウト専門店「博多とよ唐亭」の新たな店舗「三宅店」がオープンした。同店の42号店で、南区エリアでは6店舗目となる...

2020年10月01日 15:12

【縄文道通信第48号】「今なぜ縄文道なのか」―縄文道 ユートピア論―縄文道――武士道――未来道―今も息づき未来に活かせる(後)

 前回で紹介した日本列島から生まれた普遍性の道と併せて4つの大和の道に触れる。この4つの道は、紀元前660年の日本の最初の天皇誕生以前に約1万4,000年にわたって形...

2020年10月01日 14:37

マンション管理のIT化推進 大和ライフネクストが「IT総会」実証実験

 大和ハウスグループの大和ライフネクスト株式会社(東京都港区、石﨑順子代表取締役社長)は、一般社団法人マンション管理業協会(以下、「マンション管理業協会」)が検討を進...

pagetop