• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年07月14日 17:12

新型コロナウイルス~関東で感染拡大

【表1】を見ていただきたい。全国(47都道府県)の新型コロナウイルス感染者の順位表である。
~この表から見えるもの~
◆全国(47都道府県)の7月14日(午前0時現在)の感染者数は、前日比+249人の21,673人。
・空港検疫などを含む国内感染者数は前日比+262人の22,253人。
◆1位は東京都。14日は119人の新規感染が確認され、5日ぶりに200人を下回った。1週間の増加数は1,179人で1日当たり168人。シェアは7月8日比(以下省略)+1.70%の37.12%と大きく上昇している。
・2位は大阪府。前日比+18人の2,045人。1週間の増加数は152人で、シェアは-0.24%の9.44%。
・3位は神奈川県。前日比+17人の1,758人。1週間の増加数は163人で、シェアは-0.03%の8.11%。
・4位は埼玉県。前日比+26人の1,485人。1週間の増加数は東京都以外ではトップの233人で、シェアは+0.35%の6.85%に上昇している。
・5位は北海道。前日比+2人の1,296人。1週間の増加数は19人で、シェアは-0.51%の5.98%。
・6位は千葉県。前日比+17人の1,129人。1週間の増加数は115人で、シェアは±0%の5.21%。ここまでが感染者が1,000人以上で、シェアが5%以上となっている。
◆7位は福岡県。前日比+2人の924人。1週間の増加数は46人で、シェアは-0.23%の4.26%。福岡市と北九州市の夜の街の集団感染が終息したことによる。
・8位は兵庫県。前日比+1人の739人。1週間の増加数は23人で、シェアは-0.23%の3.41%。
・9位は愛知県。前日比+2人の536人。1週間の増加数は6人で、シェアは-0.22%の2.47%。
・10位は京都府。前日比+9人の456人。1週間の増加数は52人。シェアは+0.01%の2.10%。
◆11位の石川県以下で、前日比プラスは茨城県を含め15県で36人。前日比ゼロは22県。増加の要因は夜の街だけでなく、会食、職場および家庭内など、幅広く市中感染が拡大している。

【表2】を見ていただきたい。全国9地方の新型コロナウイルスの感染者推移表である。
~この表から見えるもの~
◆1位は関東地方(1都6県)。新型コロナウイルスの感染者は14日現在、前日比+187人の12,875人。1週間の感染者数は1,719人。全国シェアは7月8日の57.45%から+1.95%の59.41%で、60%台に近づいている。そのうち東京都が+1.70%の37.12%で、全国の1/3を超えている。また埼玉県も+0.35%の6.85%と大幅に上昇している。
・2位は近畿地方(2府4県)。感染者は前日比+35人の3,552人。1週間の感染者数は276人で、シェアは-0.37%の16.39%。和歌山県、京都府、奈良県のシェアがプラスとなっている。
・3位は中部地方(10県)。感染者は前日比+4人の1,739人。1週間の感染者数は29人で、シェアは-0.68%の8.02%。
・4位は北海道地方。感染者は前日比+2人の1,296人。1週間の感染者数19人で、シェアは-0.51%の5.98%。
◆5位は九州地方(7県)。感染者は前日比+11人の1,280人。1週間の増加数は100人で、関東、近畿地方につぐ増加数。福岡県と鹿児島県の合計は1,074人で、83.9%のシェアを占めている。
・6位は東北地方(6県)。感染者は前日比+4人の310人。1週間の増加数は16人で、シェアは-0.06%の1.43%。
・7位は中国地方(5県)。感染者は前日比+4人の276人。1週間の増加数は14人で、シェアは-0.07%の1.27%。
・8位は四国地方(4県)。感染者は前日比+2人の197人。1週間の増加数は7人で、シェアは-0.07%の0.91%。
・9位は沖縄地方。感染者は前日比ゼロの148人。1週間の増加数は6人。シェアは-0.04%の0.68%となっている。

【表3】を見ていただきたい。福岡市と北九州市の感染者推移表である。
~この表から見えるもの~
◆7月14日に発表された福岡市の感染者は前日比+1人の429人。北九州市も前日比+1人の262人で計691人。福岡県の感染者は前日比+2人の924人で、両市の2人の増加による。シェアは74.78%を占めている。

<まとめ>
菅官房長官は「社会活動と経済活動を完全に止めずブレーキをかけながら進んでいくことが大切。圧倒的に『東京問題』と言っても過言ではないほど東京中心の問題となっている。感染防止対策をしっかり講じながら社会経済活動を段階的に引き上げ両立したい。」と述べた。
これに対して小池東京都知事は、「『Go Toキャンペーン』がこれから始まろうとしているなかで、その辺の整合性を国としてどう取っていくのか。これはむしろ国の問題だ」と反論している。 
「目に見えない感染の連鎖」が続いて地域社会で市中感染が起こりつつある。本稿執筆中に、小池東京都知事が「今日14日の感染者は前日比+143人」と発表したが、別表の通り、東京を含む関東地方の新型コロナウイルスの感染者は、まだまだ増加することが予想される。

【(株)データ・マックス顧問 浜崎裕治】

▲クリックで拡大▲
▲クリックで拡大▲
▲クリックで拡大▲

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年08月05日 07:00

コロナで変わる防災――1人ひとりが“自分ゴト”として備えを(前)NEW!

 「京都地裁は今年6月、京都府福知山市の住宅地で発生した浸水被害について、造成した市側に被災住民への損害賠償を命じる判決を言い渡しました。これは宅地販売時の水害リスク...

2020年08月05日 07:00

行政・企業・住民をつなぐ九住協が新体制~新理事長「コロナ禍には最善の施策を」(後)NEW!

 「マンションデベロッパーの社会的役割は「まちづくり」です。まちを知り、まちに住まう方々の快適な生活を想像し、より良い商品企画に努めます...

2020年08月05日 07:00

市民の安全・安心のために―最前線で尽力する“地域の守り手”(後)NEW!

 「当会のなかには4つの委員会を設けていますが、そのうちの安全委員会では市と共同で市民総合防災訓練や水防訓練を毎年行うほか、防災委員会では市内各地区の住民に向けた防災...

2020年08月05日 07:00

「海抜ゼロm」「木密」対策~大都市・東京の整備計画とは(4)NEW!

 多摩地域や区部西部では、都市計画から30年が経過する2022年に、多くの生産緑地が農地管理の義務から外れ、そのうちの多くの農地が宅地へと転用される可能性が高い...

2020年08月05日 07:00

九州三共・中島会長が国交大臣表彰 九住協、北住協で実績NEW!

 30年以上にわたって地場不動産デベロッパーの団体・九州住宅産業協会の役員を務めてきた九州三共・中島伸一郎会長が、7月10日に国土交通大臣表彰を受章した...

2020年08月04日 16:12

九大 教員および学生の新型コロナ感染を発表

 九州大学は8月3日、7月30日に所属する研究者1名が、8月 1 日および2日に学生4名の計5名がPCR検査で陽性と判定されたことを発表した...

2020年08月04日 16:01

韓国ウォンの暴落と通貨危機は再び起こるのか(後)

 韓国政府は、急激なウォン安が起こらないように、どのような対策をしているのだろうか。それは、為替介入である...

2020年08月04日 15:30

「新型コロナ」後の世界~大学の本来あるべき姿を考察する!(2)

 「重要なのは、新型コロナウイルスのような感染症のパンデミックは、歴史上、今回が初めてではないということです。過去に起こった感染症のパンデミックを、ここで振り返ってみ...

2020年08月04日 15:13

【縄文道通信第41号】縄文道―天職ガイド 縄文陶工と現代の陶工との関係性 縄文道―武士道―未来道(後)

 1人の証券会社のエリートサラリーマンだった知人が、備前焼の陶工に変身した。松井宏之氏である...

pagetop