• このエントリーをはてなブックマークに追加
2014年12月11日 11:26

大丈夫?佐世保児相の「基本」に課題

佐世保高1同級生殺害事件

県保健福祉部長「危機意識・使命感に疑問」

sasebo_sien 佐世保の児童相談所が「機能不全」と言われているに等しい厳しい指摘がなされた。佐世保高1同級生殺害事件(佐世保事件)の発生前に逮捕された少女を診察した精神科医から受けた相談を、佐世保こども・女性・障害者支援センター(佐世保児相)が放置した問題で、外部有識者による検証委員会は、法制度に関する基本的な知識・理解が不足していることなどを指摘。10日、長崎県議会 文教厚生委員会における検証に関する報告で、その内容が明らかにされた。指摘について県福祉保健部長は、「(児相職員の)危機意識・使命感を問い直す必要がある」との所感を述べた。

 検証委員会は、外部委員として大学教授や弁護士、長崎県以外の児童相談所の所長などが参加している。検証のなかで要保護児童の定義、守秘義務解除、関係機関との情報共有を行う要保護児童対策地域協議会などの基本的な知識・制度に関する理解不足を指摘した。佐世保事件で逮捕された少女について佐世保児相は、児童福祉法第25条にある「要保護児童」に該当すると思っていなかったとされている。要保護児童とは、虐待を受けている子どもだけでなく、非行少年も含まれており、逮捕された少女は、「小6の時に給食にハイターを混入していたこと」「14年3月に父親を殺害目的で就寝中にバットで殴打したこと」が、精神科医から佐世保児相に伝えられていた。

専門性が不足? 県の姿勢にも疑問

 佐世保児相の組織運営の課題としては、指導的立場にある職員(スーパーバイザー)の機能不全や、「一番の基本」という情報収集(調査)を充分に行い評価すること(アセスメント)の不足があげられていた。検証委員会は、「子どもを守るという視点が弱く、しっかりアセスメントを行い、対応していく姿勢の希薄さがあるように感じる」「協議しながら解決していくというソーシャルワーカーとしての専門性に欠けていたのではないか」といったコメントが出されている。

 NETIB長崎では、「長崎県・佐世保児相もう一つの『闇』」として、佐世保児相において、十分な家庭調査が行われていない小学生男児の一時保護が8カ月以上続いている問題を報じている。佐世保事件に限らず、これまでの佐世保児相の関わった案件が適切に処理されていたかどうかも調査・検証する必要があるのではないだろうか。

 『資格はあっても専門職と呼べる人材が不足』という問題もうかがえる。県によると、社会福祉職の職員94名のうち、国家資格である社会福祉士の資格を持つのは41名。2006年から取得見込みを含めて任用資格にしたという。社会福祉士の資格を持つ職員が現場2年の経験を経て、都道府県の資格である社会福祉主事となる流れだ。しかし、検証委員会は、「一般的に、多くの児童相談所では、人事異動のサイクルが短いため、スーパーバイザーが育たず、組織に専門性が蓄積されていない」とした上で、「本庁人事主幹課(長崎県)の児童相談所に対する捉え方や専門職の育成、また組織の配置プラン・デザインをしっかり持っているのかということが疑問」としている。

 佐世保事件の問題発覚後、スーパーバイザーが1名増員されたほかは人員体制に変更がないという。検証に関する報告を受けて、委員からは「(佐世保児相が)機能していない。適性がなかったと言っているように受け取れる」(前田哲也県議)「現場は動いている。今やれることを報告すべき」(前田県議、瀬川光之県議)との指摘がなされた。一方、県が10月に行った厚生労働省への児童福祉法の解釈などに関する問い合せに、いまだ回答が出ていないという。「たいへんな事件が起きたにもかかわらず、法解釈の確認ができていないのは問題だ」(山田博司県議)。専門機関であるはずの佐世保児相に耳を疑うような課題が指摘されている今、現在進行形で問題が発生するおそれがある以上、速やかな対応が求められる。

【山下 康太】

 
キーワードタグ:社会  長崎  ※記事へのご意見はこちら
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2019年10月19日 07:00

【凡学一生のやさしい法律学】関電報告書の読み方~関電疑獄を「町の法律好々爺」凡学一生がわかりやすく解説(3)

 関電の前号のような事情・実態もあってか、竹中平蔵氏が語っているように、政府高官の子弟が多く電力会社に就職している実態がある。竹中氏は遠慮しているので凡学一生の体験を...

2019年10月19日 07:00

癒しを求めて 全国から経営者が来院(後)

 慢性疲労には、水素も効果的です。大学病院の研究では、水素ガスの吸引は、ストレスや慢性疲労には極めて効果があることがわかりました。疲れが溜まっていくと、細胞内のミトコ...

2019年10月18日 17:59

「私たちにも何かできることがあるはず」~台風19号により氾濫した多摩川を取材して

 多摩川駅から歩いて約5分先の川沿いを歩いた。本格的な夏も終わり、コンクリートで固められた堤防というのに、上流から流されてきた大木や草木によって、現場では生草と粘土の...

2019年10月18日 17:49

日本初上陸の王室ご用達のスペイン料理店「ホセ・ルイス」出店~カトープレジャーグループがスペイン大使館で事業戦略発表会を開催

 (株)カトープレジャーグループは11月1日、日本初上陸のスペイン王室ご用達レストラン「ホセ・ルイス」を、東京・渋谷に出店。10月16日には、駐日スペイン大使館(東京...

2019年10月18日 16:57

ホークス、台風19号の被災地に義援金

 福岡ソフトバンクホークス(株)と福岡ソフトバンクホークス選手会(会長:柳田悠岐選手)は台風19号の被災地支援として義援金200万円の寄付とヤフオクドームに募金箱を設...

2019年10月18日 16:19

健康長寿の産業化で医療コスト削減を目指す

 国の財政問題がさまざまに語られるなか、中心となるのは高齢化の進行と、それにともなう医療費の高騰や経済活動の減退だ。これらの対策として医療費を削減するとともに、経済活...

2019年10月18日 16:10

次世代通信技術“5G”の持つ危険性(後編)

 欧米の研究者の間で進められている5Gの健康への影響に関する調査の一部を紹介してみたい。日本での議論の呼び水になれば幸いである。先ずはイスラエルのアリエル大学で物理学...

2019年10月18日 16:10

種子の自家採取原則禁止、疑念払拭できず 種苗法めぐり農水省(前)

 農家による種子の自家採取を原則認める種苗法が改正される恐れが生じるなか、日本の種子(たね)を守る会(会長・八木岡努JA水戸代表理事組合長)が15日、参議院議員会館内...

2019年10月18日 15:32

(株)海商、山本一隆氏が代表取締役社長に就任

  (株)海商(福岡市東区)は、代表取締役社長に山本一隆氏が就任したことを発表した。9月20日に山本峰雄会長が死去したことを受けてのもの。

2019年10月18日 15:00

厚生労働省公表の「ブラック企業」10月11日発表 福岡労働局分

 厚生労働省は17年5月から、労働基準関係法令に違反し書類送検された企業の一覧表をホームページに掲載している。

pagetop