• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月01日 15:00

競争が激化する韓国のコンビニ業界(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 韓国のコンビニも24時間営業が基本だ。いつでも何でも買えるという便利さが何よりの魅力であり、ATMなどプラスアルファのサービスも加わって、日常生活のなかにしっかりと根を下ろしている。今回は韓国のコンビニ業界の最新動向を取り上げる。

小売業が苦境のなか、成長を続けるコンビニ

 コンビニ業界ランキングにおいて、日本ではセブンイレブンが1位で、店舗数をはじめ、品揃えやサービスなどで圧倒的強さを誇っており、ローソンとファミリーマートが2位を争っている状況だ。
 しかし、韓国では1位は「GS2」5、2位は「CU」、3位はセブンイレブン、4位はミニストップとなっている。このようにセブンイレブンはコンビニ第1号であるものの3位にとどまっており、4位のミニストップが唯一の外資系コンビニチェーン店となっている(セブンイレブンはロッテグループが出資)。また、ファミリマートは14年に市場から撤退済みだ。

 韓国では、12年頃からコンビニの店舗数が急激に増加している。その背景にはさまざまな要因があるが、自営業比率の高い韓国では会社を退職すると再就職が厳しいという事情があり、本社の支援のなかで加盟店として展開できるコンビニであれば、何とかやっていけるのはないかという思いがあり、コンビニを開業する人が多い。

 デパートや大型スーパーなどの小売業の成長が鈍化するなか、1~2人世帯の増加や急速な高齢化などを背景に、コンビニのみが成長を続けている。

 韓国のコンビニ業界で1位を争っているのがGS25とCUだ。GS25は財閥「LGグループ」傘下のGSリテールが創業した企業で、LGグループの企業文化が色濃く残っている生粋の韓国企業である。CUはもともとファミリーマートとサムスン財閥系の「晋光グループ」(現・BGFリテール)の合弁企業としてスタートし、「韓国ファミマ」として展開していたが、12年7月末にライセンス契約が終了して「CVS for You(あなたのためのコンビニ)」と意味のCUに名称を変更し、「BGFリテール」が運営している。

 CUは店舗数において1999年以降、GS25をリードしていたが、昨年、20年ぶりに順位が逆転した。昨年11月時点で、GS25が1万3,899店舗、CUが1万3,820店舗となり、GS25が店舗数でリードしていることが明らかになっている。

 コロナ禍によりオフライン流通が崩壊するなかで、唯一成長しているコンビニの売上高は大型スーパーを上回るようになっていた。時代の大きな変化である。

 しかし、コロナ禍でコンビニ売上高も減少しており、アルバイトの確保や出店規制、人件費の高騰、夜間売上の不振などの課題が山積しているのも現状である。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月23日 07:00

【11/25】「fabbit Conference 全国大会」オンラインで開催~元駐日米国大使・キャロライン・ケネディ氏が特別講演

 スタートアップ企業の創業支援やコワーキングスペース・レンタルオフィス「fabbit」の運営などを行うfabbit(株)は11月25日に、毎年恒例の「fabbit C...

2020年11月23日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(後)

 「当社は、2月に入ってからすぐにイベント等の中止を決定するなど、緊急事態宣言が実施される前から対応してきました。イベントなどは3月以降、オンライン開催に切り替えたほ...

2020年11月23日 07:00

ホームセンター大手6社の今期、軒並み過去最高更新へ 巣ごもり消費警戒で下期は控えめ

 ホームセンター上場大手6社の2,3期決算は巣ごもり消費の恩恵で軒並み過去最高になる見通しだ。増収効果に加えDIYや園芸用品などの高採算商品の売上好調で粗利益が改善し...

2020年11月22日 13:00

【高速道手抜き工事】自民党支部の真相究明会議に宮内副大臣が猛烈抗議 文書で「政治活動の妨害」

   中央自動車道の耐震補強工事をめぐる橋台のコンクリートに鉄筋が入っていなかった問題で、工事を請け負った宗像市の建設・運輸業者「大島産業」との癒着関係が取...

2020年11月22日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(中)

 「それまでは大都市、もしくはビジネス街といわれる地域を中心に拠点を開設することが多かったのです。宗像市で開設に至ったポイントの1つとしては、やはり自治体としてスター...

2020年11月22日 07:00

中国経済新聞に学ぶ~塘栖古鎮で想ったこと、古鎮ツーリズムの夢

 もともと、余杭は梅花で有名な土地で、超山という海抜260mの山があり、そこには中国五大古梅のうち、唐梅と宋梅の2本が今なお元気に生存している...

2020年11月22日 07:00

【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(後)

 今年10月、球磨川で流域治水協議会が設置され、議論がスタートした。新たな会議体に場所を移したとしても、球磨川流域の治水を考えるうえで、川辺川ダムが焦点なのは変わりな...

2020年11月22日 07:00

いつまで続くコロナ特需 ホームセンター大手中間決算、軒並み過去最高

 長く鳴かず飛ばずの状態の続いたホームセンターがコロナ特需に湧いている。上場大手6社の8、9月中間決算は軒並み大幅な増収増益を計上。今期決算では過去最高を更新する企業...

2020年11月21日 07:00

黎明期から戦国時代に突入~シェアオフィス業界に求められる変革(前)

 アメリカで生まれ、日本でもニーズが高まっているシェアオフィス業界。東京や大阪などの大都市を中心に供給エリアが拡大するとともに、外資系企業や国内企業の新規参入もあって...

2020年11月21日 07:00

ストラテジーブレティン(266)2021 年の景気拡大前に、投機化する米国金融~日本株式の相対優位鮮明に~(後)

 鍵となる米国長期金利は8月に0.5%であり、ボトム長期上昇トレンドに入ったとみられる。米金融緩和は弾力的でありプラグマテックである。景気とワクチンおよび財政による経...

pagetop