• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年09月14日 16:28

台湾人からみた安倍内閣 日本版台湾関係法への期待 耳より情報 

 台湾の対外関係に詳しい台湾人から安倍首相以降の政治状況に関して意見交換をする機会があった。自民党総裁選の各候補者の対台湾・中国認識および政策について話すなかで、同人は「安倍首相ならば日本版『台湾関係法』を制定してくれるのではと期待していた」と残念がっていた。菅義偉官房長官の次期首相への就任が有力視されるなか、菅氏が大枠では安倍内閣の外交政策を引き継ぐものの、その台湾政策がよくわからないという不安も覗かせていた。

 台湾関係法とは、1979年1月に米中が国交を樹立し、同時に米台の国交が断絶された後、東アジアにおける安全保障環境の急激な変化を避けるため、同年4月に米国が制定した法律である。この法律に基づき、米国は米台間の既存の条約の効力維持、駐米台湾人外交官への外交特権の保全(例外もある)、台湾への米国製武器提供などを行っている。
 日台間にはこの法律がないこともあり、たとえば外交官は一般旅券で両地を行き来している。

 安倍内閣は、台湾における事実上の日本の大使館・総領事館の役割をはたす出先機関である(公財)日本台湾交流協会について、2017に従来の日本交流協会から日本台湾交流協会へと名称を変更するなど、従来と比べて一歩踏み込んだ措置をとった実績がある。

 仮に日本が台湾関係法の制定に動けば、台湾を自国の核心的利益(譲歩の余地のないもの)と位置付ける中国が猛反発するのは必至である。日本にとって、対中国関係と対台湾は一方を立てればもう一方が立たずというようなトレードオフの関係としてとらえられることが多く、また台湾人としても、日本に対し中国との関係を大きく悪化させるような政策転換を期待できないことは百も承知であろう。
 ただ、中国とも戦略的互恵関係に基づき関係改善を進めてきた安倍内閣であれば、双方との関係を並行して処理・改善できたかもしれなかったということか。

【茅野 雅弘】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月02日 14:44

【緊急寄稿/佐藤章】日本が立ち向かうべき「真の問題」 医系技官ヒエラルキーと特別会計の闇

 第2次安倍政権以来8年間続いた自民党政権の下にいて満足を感じている国民はごく少数だろう。安倍晋三前首相や菅義偉現首相にかかわるスキャンダルを毎日のようにテレビや新聞...

2021年03月02日 18:18

『脊振の自然に魅せられて』素晴らしき脊振の霧氷(前)

 2月19日(金)、ワンダーフォーゲルの後輩Oを誘い、今年3度目となる雪の脊振山へ向かった。18日には雪が舞い散っていたが、天気予報を見ると19日は晴れマークとなって...

2021年03月02日 17:58

中国経済新聞に学ぶ~中国、2020年に新生児30%減少(前)

 中国公安部が2月8日に公布した人口に関するデータが多くの人たちを悩ませた。2020年12月31日現在で、20年の出生戸籍に登録した新生児数が1003.5万人、そのう...

2021年03月02日 17:51

LINE、Yahooが防災デジタル化~デジタル庁創設に向けて自民党デジタル社会推進本部が委員会を開催(前)

 自民党は2月25日、デジタル庁創設に向けて、デジタル社会推進本部デジタル施策調査小委員会を開催した。LINE(株)とYahoo(株)から「防災のデジタル化」について...

2021年03月02日 17:39

福島第一原発事故、東電の賠償額10兆円超える

 東日本大震災の福島第一原発事故による東京電力(株)の原子力損害賠償支払額の累計は、2021年度に10兆円を超える見通しとなったことがわかった。この累計には除染費用が...

2021年03月02日 16:46

コロナ時代のメイクを追求「マスクdeなりきりメイク」~明治産業「あ!めいじんぐ倶楽部」

 不動産資産管理、エネルギー販売などを行う(株)明治産業(福岡市中央区、明永喜年代表)は、オトナ女子のための部活動「あ!めいじんぐ倶楽部」をCSR活動の一環として運営...

若きトップと情熱を傾ける社員たち 快進撃はとどまることを知らない

 創業した1986年当時、(株)三和通商は海外から輸入した衣料品などを国内で売りさばくことが主な事業だった。また、お隣の韓国から人気の化粧品を仕入れるなど、時流に乗っ...

地域とともに発展してきたことに感謝 より身近なスーパーマーケットへ

 暮らしに寄り添うスーパーマーケット。その代表格がサンリブやマルショクではないだろうか。長崎、鹿児島、沖縄を除く九州全域、そして山口、広島に133店舗を構え、事業を推...

2021年03月02日 15:39

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(1)

 ポスト・コロナ時代に、バイデン新政権下での米国、中国、ミャンマー、台湾、韓国、北朝鮮、中東などの国際情勢はどう動き、日本はどのような役割をはたすべきなのか。さらに、...

2021年03月02日 15:18

ワクチン接種開始とその後の展開(前)

 新型コロナウイルスの感染が拡大するなか、待望のワクチンがいよいよ生産され、アメリカやイギリスなどの世界各国で接種が始まった。すでに国民の半分近くが接種を受けているイ...

pagetop