2021年12月05日( 日 )
by データ・マックス

医者の診断を断って、AI診断へ切り替えよう

 肺がんに罹患している友人A氏の証言を紹介しよう。

 肺がんは転移の恐れが大きいため、A氏はリスクを考慮して病院で骨・頭脳の検査を受けた。造影剤を使用して脳MRI検査を行ったところ、脳の影や形態が1ミリ単位まで細かく、ものの見事に鮮明に映っていた。

 担当の医者は、「最近の医療機器は、性能が極端に上がったため、1ミリ単位の小さいものまでこのようにハッキリと捉えます。ところが、検査の画像を見るだけでは、脳の影の部分に腫瘍などの異常があるかどうかという診断を行うことはできません。3カ月このまま検査を続け、その間の変化を見守りましょう」と自信満々に語ってくれたという。

 A氏は「この程度の診断であれば、AIに任せる方が早く、患者としても心が安らぐ」との結論に至ったという。

関連記事