• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月20日 07:00

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(2)

国際政治経済学者 浜田 和幸

 アメリカでは大統領選挙が終盤を迎えている。近年、毎回のように話題になるのは、外部勢力の介入である。前回の2016年には、ロシアのサイバー部隊が暗躍し、民主党のヒラリー・クリントン陣営から情報を盗み、トランプ候補に有利となる情報操作を展開したという「ロシア介入疑惑」が沸き起こった。今回もロシアに限らず、中国や北朝鮮までもがネット上でさまざまな偽情報を流しているようだ。

群集と国家が対峙する時代

 サイバー攻撃といえば、海外からの侵入や見知らぬハッカーによる攻撃をイメージしやすいが、実際には内部犯の可能性も多く、システムを熟知している人間であれば簡単にセキュリティを潜り抜けることもできることを忘れてはならない。NSAの元契約社員スノーデンがアメリカの国家機密に関わる情報を大量に持ち出した例もあるように、内部からの犯行には効果的な防御策は考えにくいのが現状である。

 言い換えれば、「サイバー攻撃を完全に防ぐことはほとんど不可能である」と認識する必要があるということだ。防御にのみ関心を払うのではなく、攻撃を受けた後の対策を事前に講じておくことが、より実践的な対応といえるだろう。その意味で、速やかな情報開示を行う対応チームを事前につくっておくことが望ましい。

 なぜなら、サイバー攻撃の脅威に対して「想定外」という言葉は通用しなくなるからである。サイバーテロの首謀者は国家とは限らない。十分なスキルと時間さえあれば、個人でも容易に仕掛けることができる。最近のインテリジェントビルはネットワーク化が進んでおり、空調システムを停止させるだけで企業が保有するサーバーをダウンさせ、企業活動をマヒさせることも朝飯前だ。

 今や、個人であっても、国家を相手に闘いを挑むことができる。組織の体をなしていないネット上の群集と国家が対峙する時代に他ならないのである。言い換えれば、個人対国家、あるいは群集対国家といった、非対称の戦闘がサイバー空間で展開される可能性も高くなったわけだ。これまでさまざまな国がサイバー攻撃を受けた際に、他国の関与について懸念を表明してきたが、実際には攻撃の主体として国家が関与する必然性は薄くなっていると思われる。

 これからの情報ネットワーク空間においては、紛争の非対称性が大きくなるに違いない。そうした状況下においては、直接的なサイバー攻撃に対応した防御能力も重要だが、ネットワーク上での扇動や群集コントロール心理戦といった技術も求められるようになるだろう。

 アメリカでは、電力網への攻撃を想定し、カナダやメキシコの政府と合同でサイバー攻撃への対応シミュレーションや訓練を行っている。アメリカの元上院議員ドーガン氏によれば、「電力網に対するサイバー攻撃は2001年の9・11テロと比べ、1万倍もの影響を北米大陸にもたらす危険性がある」という。確かに、その可能性は否定できない。電力網がストップすれば、水や食糧やエネルギーの供給、運搬にも甚大な影響が生じ、地域経済は寸断され、国家機能も麻痺することは容易に想像できる。

 一方、我が国においては、原子力発電所の安全に関しては福島の原発事故以来、関心が高まってはいるが、上下水道をはじめ電力網や運輸網全般に対するサイバーテロ対策は、いまだ緒に就いたばかりと言わざるを得ない。

 海外の事例を参考にしたうえで、早急なハード面での対策に加え、内部の不平不満分子を危険な行動に走らせないようにするためには、どのように対応すべきか、人事管理などソフト面での対策も早急に求められる。新型コロナウィルス対策も必要だが、ネット空間を汚染するウイルス対策も忘れてはならない。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸(はまだ・かずゆき)

 国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。最新刊は19年10月に出版された『未来の大国:2030年、世界地図が塗り替わる』(祥伝社新書)。2100年までの未来年表も組み込まれており、大きな話題となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年12月02日 07:00

いよいよ今年度中の事業者公募へ 九大・箱崎キャンパス跡地再開発(中)NEW!

 こうした跡地利用計画やグランドデザインを受けて福岡市は、新たな拠点の創出に向けて、九州大学跡地にふさわしい機能の導入を図るとともに、土地利用転換に向けた都市基盤を整...

2020年12月02日 07:00

国交省担当者に聞くなぜ今、「流域治水」なのか?(後)NEW!

 『流域治水を実現するためには、民間企業や住民の方などの参加者を増やさなければなりません。たとえば、住家ごとに「浸透ます」を設置して雨水を貯める「各戸貯留」という取り...

2020年12月02日 07:00

東宝ホームの空き家プロジェクト 4棟の空き家を高性能住宅へNEW!

 北九州市戸畑区三六町―若戸大橋や国道199号線、北九州都市高速道路2号線などの幹線道路のほか、JR九州工大前駅も近い住宅地で、JR線路を挟んで北側の臨海部には日本製...

2020年12月02日 07:00

都心の利便性と居住性が魅力、福岡市「薬院・平尾エリア」(3)NEW!

 戦後、焼け野原となった中心市街地の復興のために、福岡市は国が制定した特別都市計画法に基づき、47年1月から「戦災復興土地区画整理事業」に着手した...

2020年12月01日 17:20

1人ひとりが社会を動かすプレーヤーに 市民社会への変容が世界を変える(後)

 「教育の問題が、根本にあるのではないでしょうか。自分たちが社会の一員であり、社会をつくっているのは自分たちだということを教える教育、つまりシティズンシップについての...

2020年12月01日 17:04

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(5)

 下記の3名の報告が行われた...

2020年12月01日 16:50

第一生命が詐欺容疑で『実録 頭取交替』登場の元社員を刑事告発 (35)山口銀行の田中耕三特別社友が退任

   【表1】を見ていただきたい。特別社友を退任した田中耕三氏の役員履歴である。1970年10月に本店営業部長に就任。それから5年弱経った75年5月、取締役本店営業部...

激化するコロナ用ワクチンの開発レース 隠蔽された副作用のリスク(中)

 こうした発表がなされるたびに、製薬会社の株価は急騰し、株式市場全体の景気も押し上げる効果があるようだ。しかし、こうした期待先行の動きには注意が必要だろう...

2020年12月01日 15:43

ガウディー本社跡にLOVE HAIR?が移転

 管工事業者で、2019年4月19日に福岡地裁より破産手続開始決定を受けた(株)ガウディ―の本社跡に、美容室「LOVE HAIR?」姪浜店が移転...

2020年12月01日 15:33

新語・流行語大賞に小池都知事の「3密」

 もはや師走の恒例行事といえるユーキャン「新語・流行語大賞」。このほど、第37回2020年受賞語が発表され、年間大賞に小池百合子東京都知事の「3密」が選ばれた...

pagetop