• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年10月19日 07:00

「デジタル庁が目指すべき“人間中心”のAI戦略とサイバーテロ対策」(1) 未来トレンド分析シリーズ 

国際政治経済学者 浜田 和幸

 アメリカでは大統領選挙が終盤を迎えている。近年、毎回のように話題になるのは、外部勢力の介入である。前回の2016年には、ロシアのサイバー部隊が暗躍し、民主党のヒラリー・クリントン陣営から情報を盗み、トランプ候補に有利となる情報操作を展開したという「ロシア介入疑惑」が沸き起こった。今回もロシアに限らず、中国や北朝鮮までもがネット上でさまざまな偽情報を流しているようだ。

日常的なサイバーテロの可能性が深刻化

 サイバー空間の安全や公平性を維持、管理するのは大変なことである。何もトランプ大統領が気に入らないニュースをことごとく蹴散らすときの決まり文句である「フェイクニュース」のことではない。狙った相手国の政府や公共施設(電力、通信、交通網)をマヒさせることが技術的に可能な時代になったからである。国家の安全保障にとっても看過できない事態といえるだろう。

 こうした事態を受け、最近、台湾ではアメリカとの合同でサイバーセキュリティ演習を実施した。実は、こうした演習は2013年から繰り返し行われているのだが、今回は日本、オーストラリア、マレーシアなど10カ国が参加しての大規模なものとなった。

 台湾政府の説明では「2018年以降、毎月平均すると3,000万回ものサイバー攻撃を仕掛けられた」とのこと。主に狙われたのは「軍事施設を含む台湾の公的機関」であり、「機微にわたる機密情報」が奪われそうになったらしい。台湾側の分析では中国軍は台湾への軍事進攻を可能にするために事前に通信網や総督府の機能をマヒさせることを狙っているという。台湾海峡をめぐってはきな臭い動きが絶えない。

 とはいえ、政治、軍事的な側面に限らず、一般社会においても偽情報の流布や個人、企業情報が改ざんされたり、盗まれることは日常茶飯事である。いうまでもなく、「壁に耳あり、障子に目あり」という古き良き時代から、「パソコンに耳あり、スマホに目あり」という24時間監視化時代に突入しているからだ。

 日本政府が公表する「サイバーセキュリティ戦略」を見ると、電力インフラを管理・制御するソフトウェアの脆弱性を狙ったサイバー攻撃によって大停電が引き起こされる可能性が早い段階から指摘されていた。実際、海外においては、すでに制御システムをターゲットにしたサイバー攻撃が頻繁に発生している。

 経産省はこの「サイバーセキュリティ戦略」に基づき、今後大量導入が想定されるスマートメーターに対する防御をどのように構築すべきか、発電所から各家庭の次世代電力計に至るまでの情報セキュリティ対策の調査に着手している。

 思い起こせば、2010年にイランのウラン濃縮施設の制御システムがUSBメモリを経由してウイルスに感染する事件が発生。その結果、インターネットに接続されていないネットワークも攻撃対象になり得ることが判明した。そのため、我が国における対策の検討に際しても、アメリカの標準技術研究所が発表した「スマートグリッドのサイバーセキュリティに関するガイドライン」などを参考にするようになった。

 イランの核開発を遅らせるために、ウラン濃縮施設の制御システムを標的にした「スタックスネット」と呼ばれるマルウェアが使われた模様で、その開発はオバマ前大統領自身の命令によるものとされた。そこで日本でも「アメリカが開発したと思われるサイバー攻撃のノウハウを吸収することも必要」との判断が下されたわけである。

 スタックスネットが狙ったターゲットはシーメンス社の制御装置であった。このマルウェアを開発するためには、100億円近くの経費がかかった模様である。イランの工場と同一の設備をつくり、想定した通りに感染するかどうか実験が行われていた。スタックスネットは、他の制御システムに対しては感染しても発症せず、ウラン濃縮のシステムだけに発症するようプログラムされていた優れもの。

 実はこうした米軍が関与したと思われる高度なサイバー攻撃以外にも、より日常的なサイバーテロの可能性が深刻化している。たとえばオーストラリアでは、水道運営会社に雇用を拒否された元契約社員の技術者が腹いせに下水処理施設の制御システムを不正に操作し、ポンプやバルブを止め、100万キロリットルもの汚水が周辺に垂れ流されるという事件が起こっている。

 ポンプ場に設置された制御システムは無線LANによって中央から操作されていた。通常は、インターロックというかたちで侵入されれば、すぐさま検知される仕組みになっていたのだが、この元契約社員は手元の無線装置を使って不正な遠隔操作を行ったのである。犯人はシステムの内情に詳しかったため、管理者側はいつネットに侵入されたかも、どのような不正が行われたかもわからなかった、というわけだ。

(つづく)

<プロフィール>
浜田 和幸(はまだ・かずゆき)

 国際未来科学研究所主宰。国際政治経済学者。東京外国語大学中国科卒。米ジョージ・ワシントン大学政治学博士。新日本製鐵、米戦略国際問題研究所、米議会調査局などを経て、現職。2010年7月、参議院議員選挙・鳥取選挙区で初当選をはたした。11年6月、自民党を離党し無所属で総務大臣政務官に就任し、震災復興に尽力。外務大臣政務官、東日本大震災復興対策本部員も務めた。最新刊は19年10月に出版された『未来の大国:2030年、世界地図が塗り替わる』(祥伝社新書)。2100年までの未来年表も組み込まれており、大きな話題となっている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年01月19日 17:39

【福岡県に緊急事態宣言】(11)コロナを舐めてはいけない(2)NEW!

 12月29日に新型コロナウイルスが陽性と診断されたTは1月1日の元旦、身柄を拘束された。ホテルに幽閉となったのである。それから12日まで軟禁状態が続き、ようやく自宅...

2021年01月19日 17:12

【みやき町】関家具と包括連携協定を締結、地域活性化推進へNEW!

 佐賀県みやき町は19日、(株)関家具と包括連携協定の締結調印式を行った。この協定は、包括的な連携のもと、相互の発展と地域活性化の推進を目的としている...

2021年01月19日 16:58

コロナ第三波、菅首相・小池知事の“A級戦犯コンビ”を問いただすNEW!

 コロナ第三波の爆発的感染拡大で、お互い責任をなすりつけ合っている菅義偉首相と小池百合子知事の“A級戦犯”ぶりが際立っている...

2021年01月19日 16:42

【佐賀県】佐賀大発「オプティム」がNTT東などと「NTTドローン」設立

 佐賀大学発のコンピューター・ソフト会社「オプティム」、NTT東日本、ドローン販売「ワールドリンク」の3社は18日、埼玉県朝霞市にドローン(無人航空機)を応用して産業...

2021年01月19日 16:20

【福岡県に緊急事態宣言】(10)コロナが触媒になる流通の転換

 多くの小売業はバブル崩壊以降、規模の大小を問わず売上不振に見舞われ、それが今もなお続いている。それに拍車をかけたのが、新型コロナだ。飲食・旅行業界だけでなく、幅広い...

2021年01月19日 15:19

吉塚松崎線、新設区間の無電柱化を検討

 福岡市は、県から「福岡広域都市計画道路事業3.5.1-80号吉塚松崎線」の変更許可を取得した...

2021年01月19日 15:02

JR博多シティの飲食店が期間限定で弁当販売中!

 JR博多シティで“うまかもん”を提供する「くぅてん」「デイトス」「デイトスアネックス」「三百歩横丁」の一部飲食店が、2月5日(金)までの期間限定で弁当を販売している...

2021年01月19日 14:05

中洲の灯は絶えない(2)接待はなくならない〜「ロイヤル・ボックス」ママ・藤堂和子氏

 今回の緊急事態宣言などについて、中洲で50年にわたり経営に携わってきた「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子氏に話を聞いた...

2021年01月19日 11:30

2020年休廃業・解散企業数が過去最多の約5万件に

 昨年の休廃業・解散企業数は4万9,698件(前年比14.6%増)と5万件に迫り、調査開始の2000年以降で過去最多となった...

2021年01月19日 11:07

【縄文道通信第58号】縄文道ユートピア論~実現可能な道程 縄文道―武士道―未来道(後)

 それでは国連が2015年に提唱した17カ条を以下に掲げながら、縄文道と比較してみよう...

pagetop