• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月16日 10:15

負けを認めないトランプ大統領に見る精神的若さの可能性と限界(第1回)

NetIB-Newsでは、「未来トレンド分析シリーズ」の連載でもお馴染みの国際政治経済学者の浜田和幸氏のメルマガ「浜田和幸の世界最新トレンドとビジネスチャンス」から、一部を抜粋して紹介する。今回は、2020年11月13日付の記事を紹介する。 


 アメリカの大統領選挙はなかなか決着が着きそうにない。74歳の現職のトランプ大統領も、間もなく78歳になるバイデン前副大統領も、ともに「勝利宣言」をするという前代未聞の混乱ぶりである。7,600万票を獲得したバイデン氏。トランプ氏は7,100万票である。いずれも歴代最高得票数に他ならない。言ってみれば、アメリカは「バイデン国」と「トランプ国」に2分されたような状況だ。

 トランプ大統領やその支持者に言わせれば、「バイデン陣営は郵便投票の集計で不正な操作を行い、票の水増しをした。正当な票のみで比べれば、トランプ票が圧倒していた」とのこと。一方のバイデン陣営によれば、「コロナ禍の下では郵便投票は命を守る上で必要な対策だった。多くの集計者が慎重に対応しており、不正が行われることはありえない。トランプ大統領は速やかに敗北を認め、政権移行を図るべきだ」ということになる。

 どちらの陣営も一向に譲歩する気配が見えない。このままでは、決着が着かないどころか、対立する両陣営が「力づく」で相手側に勝利を認めさせようとし、流血騒ぎに発展しかねない。すでに多くの国民が最悪の場合を想定し、「内戦が勃発するのでは」と、危惧の念に囚われ始めている。

 というのは、投票日であった11月3日以降、各地で両陣営の支持者たちが非難合戦を始め、時には銃で武装した集団がにらみ合うような事態が起こっているからだ。Googleの前CEOのシュミット氏などは、「こんなアメリカにはいたくない」と、早々に地中海のキプロスの市民権とパスポートを手に入れ、アメリカとの決別宣言をする有り様。

 実は、「その後に続け」とばかり、ヨーロッパやカナダに移住するアメリカ人が増えている。まさに、「自由で豊かな国」として、世界から移民を引き寄せていたアメリカが内部分裂と国家破綻の瀬戸際に追い込まれていると言っても過言ではないだろう。

 とはいえ、来年1月20日に無事就任できれば史上最高齢の大統領となるバイデン氏。また、敗北を認めたとしても24年に再度挑戦する可能性を秘めたトランプ氏である。その時点では78歳の再チャレンジとなる。要は、78歳でも大国の最高指導者の地位を争う選挙という戦いに挑めるというわけだ。

※続きは11月13日のメルマガ版「負けを認めないトランプ大統領に見る精神的若さの可能性と限界(第1回)」で。


著者:浜田和幸
【Blog】http://ameblo.jp/hamada-kazuyuki
【Homepage】http://www.hamadakazuyuki.com
【Facebook】https://www.facebook.com/Dr.hamadakazuyuki
【Twitter】https://twitter.com/hamada_kazuyuki

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 13:23

ダイナム、パチンコ事業は287億円の減収NEW!

 (株)ダイナムジャパンホールディングスは、25日、2021年3月期の中間決算を発表した。当期のパチンコ事業収入は、前年同期比で287億1,500万円の減収となる45...

2020年11月26日 13:10

未回収となった工事代金5.7億円をめぐり、JR九州子会社が前社長を提訴NEW!

 JR九州(東証一部)の子会社・JR九州住宅(株)が、前社長・松尾純一氏を訴えていたことがわかった。発端となったのは、エステート・ワン(株)からの工事受注...

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

pagetop