• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月19日 15:40

西友売却に見る小売のパラダイムシフト(後)

 かねてから売却が噂されていた西友の売却が現実になった。米投資ファンドのKKR(コールバーグ・クラビス・ロバーツ)が65%、すでに西友とネットスーパーを共同運営している楽天が20%の株式を引き受ける。ウォルマートにとって、10月のイギリスの子会社アズダの売却に続く矢継ぎ早の海外店舗の見直しだ。今後も一部の株式は保持し、商品供給などに関わるというものの、実質は日本からの撤退である。

アマゾンというエイリアン(つづき)

 さらに、その背中を押すのがコロナ下のライフスタイルの変化だ。これまで生鮮など生産効率の良くない商品を含む食品はその単価もネックとなって、ネット需要を喚起できずにいた。しかし、非接触消費のニーズ拡大がそこの構造的な変化をもたらしつつある。英国のオカドのようにネットスーパー専業の企業が登場しただけでなく、同じようなシステムを備えようというクローガなど既存大手小売業も少なくない。我が国でもイオンがクローガと同様オカドと提携し、AIやロボットを使った最新技術の提供を受け、2023年までには巨大なネットスーパー専用の拠点を千葉市に建設する。

 既存店舗と個人宅配業者を使った宅配も多くの小売店で当たり前になりつつある。参入者が多いとそこに技術革新とコストの低下が生まれる。そうなるとますます個人宅デリバリーが一般化するということだ。見方を変えればこれは立地の崩壊でもある。そんな中、リアルで生きていくには大型ディスカウンターや価格戦術と一線を画した特殊なスーパーマーケット、極めてローコストで運営できるスーパーマーケットということになる。

 アメリカにアルディと同じルーツをもち人気を誇るトレーダー・ジョーズというスーパーマーケットがある。従業員は親切で能力が高く、価格が安いPB商品中心の店を米国各地に展開しているが、宅配などには一向に関心を示さない。そんなトレーダー・ジョーズも、いま従業員のコロナ感染とそれによるクラスター発生の懸念で店舗運営の困難に直面している。考えてみればスーパーマーケットは密である。コロナのリスクと無縁ではない。コロナに限らず、宅配競争でオンライン購入が一般化するとその後の小売の景色が従来と違ったものになるのは当たり前なのかもしれない。トレーダー・ジョーズの苦境もそれを予感させる。

楽天とKKRの思惑はうまく行くか

 アズダも西友も同じようなスタイルで大手小売業の立て直しを図る構図になったが、問題はそれがうまくいくかどうかだ。小売の基本はまず立地である。ついで商品と価格、提供方法ということだろうが、このなかでも立地はとくに重要であり、立地の失敗はその他の条件改善では補うことができない。オンラインの特徴はこの立地にある。ネットを介する商圏はほぼ無限である。短時間で商品が劣化する生鮮食品以外、1つの拠点から、全国津々浦々に商品を届けることができる。しかも在庫はリアル店舗の比ではない。販売商品や単価で顧客の嗜好性やニーズの詳細もリアルタイムで入手できる。最初は出品者が提供する商品の販売専業だが、その販売データを手にすることで、自らが出品者になり、さらにメーカーにもなり得る。出品者にとってひさしを借りて母屋を取られるという構図である。トイザらスとアマゾンの経緯を見ればそれが良くわかる。

 西友の店舗は立地も店舗スタイルもある意味陳腐化している。それがウォルマートの力をもってしてもうまくいかなかった大きな理由である。巷でいわれる日本の問屋システムや競争相手に負けたというのはごく一部の理由に過ぎない。

 当然、これからの西友にはその改善への容易ならない道のりが待っている。今回の売却に合わせて、西友は福岡春日店など一部店舗では直営部分の商品を売りつくし、建替えも含めて売り場改装を始めている。今後は楽天という無店舗企業がリアル店舗の経営にも携わる。人手不足、賃金高騰に備えてAI投資による店舗の省人化など、リアル店舗の課題は少なくない。アマゾンと同様、楽天の手法も注目である。その結果がどうなるかは今後の楽しみでもある。

(了)

【神戸 彲】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 13:23

ダイナム、パチンコ事業は287億円の減収NEW!

 (株)ダイナムジャパンホールディングスは、25日、2021年3月期の中間決算を発表した。当期のパチンコ事業収入は、前年同期比で287億1,500万円の減収となる45...

2020年11月26日 13:10

未回収となった工事代金5.7億円をめぐり、JR九州子会社が前社長を提訴NEW!

 JR九州(東証一部)の子会社・JR九州住宅(株)が、前社長・松尾純一氏を訴えていたことがわかった。発端となったのは、エステート・ワン(株)からの工事受注...

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

pagetop