【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(後)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月22日 07:00

【流域治水を考える】流域治水への転換とは何を意味するのか?(後)

議論は最適なダム選びへ

 今年10月、球磨川で流域治水協議会が設置され、議論がスタートした。新たな会議体に場所を移したとしても、球磨川流域の治水を考えるうえで、川辺川ダムが焦点なのは変わりない。ただ、もはや川辺川ダムを建設するかどうか予断を許さないという状況でもない。

 すでに過去の会合で、ダムによる治水効果は高いが、ダム以外の治水対策の効果は低いことが明示されている。流域市町村に至っては、ダム建設を含めた治水対策の早期実現に関する決議も行っている。少なくとも地元行政レベルでは「ダム建設しかない」という空気が支配的なのは明らかだ。いまだに「ダム建設反対」を主張し続けているのは、市民団体など「ダム反対ありき」の特定のセクトしかいないのが現実だ。今後の流域治水の議論の軸は、ダム建設の是非ではなく、最適なダム選びへとシフトしていくと予想される。

 川辺川に最適なダムとはどういうものか。それが流水型ダム、いわゆる穴あきダムだ。堤体に穴を設けることで、平時はダムに水を貯めず、洪水時の水を貯めるダムだ。水質など河川環境などへの影響を軽減できるらしいということで、一部の流域市町村メンバーから流水型ダムを推す声が挙がっている。ダムによる川辺川の水質悪化など、河川環境への懸念を払拭できるからだ。

 かつて川辺川ダム建設がストップした際、一部の流域市町村トップなどが理由として挙げたのが、水質悪化への懸念だ。ダムができれば、河川の水量が下がって水質が悪化し、清流が失われるというものだった。この手の懸念は、一部の流域市町村の間で、いまだにくすぶり続けている。「ダムによる治水効果は疑いがない。ただ、水質悪化への懸念がある。だったら、水質への影響が少ない流水型にすれば良いじゃないか。そもそも同じ県内ですでに建設しているじゃないか」。流水型ダムをもってくると、こういうわかりやすい話になる。

 ただ、流水型ダムが環境への影響が比較的少ないとしても、堤高90m、堤頂長200m、堤体積40万m3という構造物を建設する以上、当然、環境への影響がゼロになるわけではない。この辺の是非を判断するには、専門家による科学的な検証が待たれるところだ。

地元負担で再び揉める懸念も

 仮に、川辺川上流に流水型ダムをつくることを軸に、球磨川の流域治水プロジェクトが取りまとめられたとしよう。その場合、気になるのは、建設にかかるコストだ。

 既存の川辺川ダム建設計画を復活させるのであれば、すでに多くの事業が完了しているので、2,000億円程度の追加投資でできるようだが、流水型ダムへの変更によって、コストが増加する可能性は高い。財務省が首をタテに振るのか、流域自治体にこの負担増を受け入れる覚悟があるのか。総論にはしぶしぶ賛成するが、負担増になるなら、反対に回る自治体が出てこないとも限らない。流域治水プロジェクトはできたものの、地元負担で揉めて、事業が前に進まないという事態も考えられなくはない。この点、何しろ過去に実績がある。

 いつ完成するのかも気になるところだ。これも既存のダム計画であれば、早ければ数年で完成する見込みが立ちそうだが、流水型に変更する場合は、調査の段階からすべてやり直しになる可能性がある。少なくとも完成まで10年、ヘタをすればそれ以上の年月がかかる可能性もある。そうなると、流域治水が整う前に、再び水害に見舞われるリスクも高くなる。これも、つい数カ月前に実際に経験したことだ。

 ところで、報道によれば、蒲島知事は川辺川ダムを容認し、流水型ダムの建設を要望する方針らしい。これも報道ベースだが、国土交通省も、流水型ダムによる川辺川ダム建設に前向きらしい。事実だとすれば、ダム以外に有効な治水対策がない以上、唯一残されたまともな選択だといえる。12年前に同じ人物が真逆の判断を下したことを考えれば、隔世の感がある。流水型ダムでの建設再開が決まれば、球磨川の流域治水をめぐる議論も、現実味を増し(生々しさも増すだろうが…)、一気に加速することが期待される。

 流域治水プロジェクト策定まで、約4カ月。決して十分な時間とはいえないが、約12年間にわたる“あさっての方向”を向いたムダな議論と比べれば、より有意義な議論が聞けそうだ。蒲島知事の言動を含め、引き続きこれらの動きを追っていきたい。

(了)

【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年06月22日 16:00

【コロナ禍で明暗分かれるラーメン業界(3)】無視できない存在に躍り出るNEW!

 2015年11月、豚骨が主流の福岡のラーメン業界を揺るがす超新星が現れた。「元祖トマトラーメンと辛めんの店 三味(333)」だ...

2021年06月22日 15:57

【7/10】「2021世界体操・新体操選手権北九州大会」100日前イベント開催NEW!

 北九州市は7月10日、今年10月に北九州市で開催される「2021世界体操・新体操選手権北九州大会」(世界体操:10月18~24日、世界新体操:10月27~31日)の...

2021年06月22日 15:37

【北九州】「到津の森公園」(小倉北区)が再開NEW!

 臨時休業・休館していた福岡県内の観光・レジャー施設などが21日から営業を再開。このうち、「到津の森公園」にはさっそく家族連れなどが訪れ、園内を散策したり遊具で遊んだ...

2021年06月22日 15:22

福岡ソフトバンクホークスが役員選任NEW!

 福岡ソフトバンクホークス(株)はこのほど、定時株主総会および取締役を開き、役員を選任した...

2021年06月22日 14:50

2050年代を見据えた福岡のグランドデザイン構想(31)~新福岡空港島(案)への鉄軌道「新空港アクセスライン」の検討NEW!

 新福岡空港への鉄軌道の乗り入れを考える場合は、やはり博多駅からのアクセスということになるだろう。博多駅には福岡市地下鉄も乗り入れているため、大深度地下を利用したトン...

2021年06月22日 14:30

食品スーパー主要9社2月期 過去最高の好決算に沸く サンリブは店舗閉鎖で減収NEW!

 これまでに判明した食品スーパー主要9社の2021年2月期決算によると、店舗閉鎖で減収になったサンリブを除く8社が増収を計上。経常利益は非公表のサンリブを除き各社とも...

暴走続ける菅義偉氏NEW!

 日経平均株価が急落している。では、金融市場の方向転換の可能性を指摘してきた。3つの重要事実がある。第1は米国金融政策の方向転換。第2は相場の成熟。第3は経済環境の方...

2021年06月22日 11:26

【コロナ禍で明暗分かれるラーメン業界(2)】コロナ禍の店舗型ラーメン店4社 特徴の違いが明暗を分けたNEW!

 群雄割拠の福岡ラーメン業界。新店舗が続々とオープンしているが、競争に敗れて閉店に追い込まれる店舗も少なくない。「一風堂」「一蘭」「一幸舎」「龍の家」を展開する4社を...

2021年06月22日 10:22

【福岡市】売上減少の事業者への支援金、きょう(22日)から申請受付開始NEW!

 福岡市は、新型コロナウイルス感染拡大にともなう緊急事態宣言の影響で売上が減少し、一定の要件を満たす事業者を対象に支援金を支給している。きょう(22日)から、5月分の...

2021年06月22日 09:08

【コロナ禍で明暗分かれるラーメン業界(1)】アフターコロナをどう進む 時代に合わせた舵取りで黒字化へ

 福岡県民にとってなじみ深く、国内にとどまらず世界で活躍するラーメンチェーン店「一風堂」を運営する(株)力の源ホールディングスがコロナ禍とどう対峙しているのかを分析す...

pagetop