• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月22日 07:00

黎明期から戦国時代に突入 シェアオフィス業界に求められる変革(中)

fabbit(株) 代表取締役社長 田中 保成 氏

 アメリカで生まれ、日本でもニーズが高まっているシェアオフィス業界。東京や大阪などの大都市を中心に供給エリアが拡大するとともに、外資系企業や国内企業の新規参入もあって市場は拡大し続けた。そんななかで起きた新型コロナウイルスの感染拡大。コロナ禍はシェアオフィス業界にさまざまな影響を与えている。コワーキングスペース 「fabbit」を運営する fabbit(株)代表取締役社長・田中保成氏に業界の最前線と今後の動向について聞いた。

 ――fabbit宗像開設の経緯を教えてください。

 田中 それまでは大都市、もしくはビジネス街といわれる地域を中心に拠点を開設することが多かったのです。宗像市で開設に至ったポイントの1つとしては、やはり自治体としてスタートアップ支援や中小企業の第二起業支援に力を入れていたということがあります。

 宗像市行政の方々の熱量が非常に高かったことに加えて、東京から移住される方、もしくはUターンで戻って起業される方々がサポーターとしてfabbit宗像を応援していただけることも大きな要因でした。単純に人口の多さや市場規模だけを考慮して決めるのではなく、官民共同型事業にとって宗像市はとても魅力的だったのです。

 ――ハワイではアドバイザーの協力があったということですが、多くの著名人がアドバイザーとして協力されていますね。

 田中 そうですね。元シティグループ証券(株)・取締役元副社長の那珂通雅さん、Blackstone Group Japan元代表でトラスト・キャピタル代表取締役CEOの藤井ダニエル一範さん、Mountain PartnersおよびConny & Co.の創業者であり09年にヨーロピアン・ビジネス・エンジェル・オブ・ザ・イヤーを受賞したCornelius Boerschさん、アップル米国本社副社長兼日本法人代表を歴任された(株)リアルディア代表取締役社長・前刀禎明さん。

 こういった皆さまは幅広いネットワークをもたれていますので、海外への事業展開がスムーズにいっているのはアドバイザーの方々の力も大きいと思います。不定期ではありますが、スタートアップ企業への支援として、アドバイザーが個々に、販路拡大、資金調達、組織人事などさまざまな方面の相談に乗ることもできます。「支援」と一言で言ってもその方法はさまざまで、設備や環境などのハード面だけでなく、ソフト面でもサポートしており、これは他社との大きな違いだと思います。

 ――他社との違いということでしたが、業界全体はどのような状況でしょうか。

 田中 事業が軌道に乗っているところと、そうでないところの明暗がはっきり出始めていると思います。当社は成長戦略の一環としてM&Aを視野に入れておりますが、シェアオフィス買収の話をいただくこともあります。このような場面でも優勝劣敗が出てきていることがわかります。もともとはフラグメントな業界だったのが、勝者と敗者に二極化しつつあると思います。

 大きなトレンドとしては、大企業も含めてオフィスの在り方が見直されてきているということがあります。すでに一部の大企業がオフィス面積を半減すると発表しました。自宅でのリモートワークという働き方がある一方で、在宅勤務が難しい人にとってはシェアオフィスやコワーキングスペースのニーズが高まっているのです。黎明期に多く見られた大都市型だけでなく、これからは郊外型のコワーキングスペースが注目されていくのではないかと思います。

 ――黎明期からいわば「戦国時代」に突入している状況といえますか。

 田中 そうですね。その他の業界でも同様のことがいえますが、ここで勝ち残っていくためには常にサービスや体制を磨いていく必要があります。とくにこの業界は市場として自然に起こり得る変化や働き方改革という労働環境の変化に加えて、コロナ禍という突発的な変化もあるため、業界にもたらされている変化がより加速化している状況にあります。だからこそ、どうやって差別化を打ち出し、磨き上げていくか。ここに長期的に生き残るための差異が生まれてくると思っています。

fabbit Global Gate waySan Francisco

(つづく)

【麓 由哉】

<COMPANY INFORMATION>
fabbit(株)

代 表:田中 保成
所在地:東京都千代田区大手町2-6-1
設 立:2017年4月
資本金:1,000万円

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2020年11月26日 13:23

ダイナム、パチンコ事業は287億円の減収NEW!

 (株)ダイナムジャパンホールディングスは、25日、2021年3月期の中間決算を発表した。当期のパチンコ事業収入は、前年同期比で287億1,500万円の減収となる45...

2020年11月26日 13:10

未回収となった工事代金5.7億円をめぐり、JR九州子会社が前社長を提訴NEW!

 JR九州(東証一部)の子会社・JR九州住宅(株)が、前社長・松尾純一氏を訴えていたことがわかった。発端となったのは、エステート・ワン(株)からの工事受注...

2020年11月26日 12:12

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(2)NEW!

 下記2名が「岡倉天心記念賞」の受賞者として選出された...

2020年11月26日 10:30

【企業研究】ロイヤルホールディングス~コロナ禍で飛行機が飛ばず、創業事業の機内食事業が壊滅的な打撃!(3)NEW!

 ロイヤルHDは、何ごとも業界に先駈けて実施してきた。それは、創業者の(故)江頭匡一(えがしら・きょういち)氏の遺伝子である。江頭氏は1923年3月25日、福岡県三潴...

2020年11月26日 10:00

【凡学一生のやさしい法律学】詭弁の論理学(1)NEW!

 日本社会は崩壊の危機に瀕している。しかし一見すると、高度の科学や文芸をもち、大量消費生活を謳歌する大多数の国民は、日本の文明が崩壊の危機に瀕しているなど夢にも思って...

2020年11月26日 09:46

2020年マックス忘年会~万全の感染対策を講じて開催NEW!

 データ・マックスは11月24日、ホテルオークラ福岡で「2020年マックス忘年会」を開催した...

2020年11月26日 08:59

オンライン結婚式という選択、ディライトの取り組みNEW!

 奈良を拠点に、結婚式場やレストランの運営などを手がけるディライト(株)。同社は、コロナ禍で求められる「ニューノーマル」に対応したサービスとして、『オンライン結婚式』...

孤独と向き合い、撃退するための文化芸術

 「良い意味での宗教と文化芸術でしか、もう人間は救えないのかもしれない」とおっしゃるドクターに出会ったのが30歳のころでした。「人間にとって最大の病は何ですか?」と質...

グローバリズムの次のステージに コロナで激変・移行する世界

 現在、新型コロナ蔓延による影響で、国内外のさまざまな動きがストップ、もしくは停滞しているような状況です。そうしたなかで我々建築家が今何をすべきかを考えたとき...

2020年11月25日 16:42

【凡学一生の優しい法律学】熊本典道元裁判官の死

 筆者は幼少のころ、たびたび小銭を握って闇米買いの小使いをさせられた。その度「闇米などの違法な米を食することはできない」として餓死した裁判官の話を父から聞かされた...

pagetop