• このエントリーをはてなブックマークに追加
2020年11月27日 10:30

アメリカ大統領選挙後の世界秩序を模索する!(3)

 「国際アジア共同体学会(ISAC)年次大会」が11月7日(土)、「ポスト・コロナを生きる日本の道」をメインテーマとして、東京・日比谷の現地会場とオンラインのハイブリッド形式で開催された。
同大会の後援者は、朝日新聞東京本社、(公社)日本中国友好協会、共催者は(一社)アジア連合大学院機構、日本ビジネスインテリジェンス協会、日本華人教授会議。

荒井 正吾 奈良県知事

 第二部では、続いて、「21世紀シルクロードと日本再生の道」と題して、川勝平太静岡県知事・早稲田大学名誉教授(ビデオメッセージ)と荒井正吾奈良県知事・元海上保安庁長官の2人の知事が基調挨拶を行った。

 ここでは、荒井知事が「21世紀シルクロードと日本再生の道」と題して、シルクロードを通じた奈良県の国際交流について語った講演のエッセンスをお届けする。

日本は、韓国、中国などシルクロードを通じた交流交易で発展

シルクロードと奈良の結びつき

 奈良(大和)に政治の中心があった時代(6~8世紀)には、中国の隋・唐を中心としたグローバルな世界があり、シルクロードを通じた交流により、高度な文明が日本に到来した。

当時の隋・唐には、中央アジアにあった巨大王国のササン朝ペルシア(※1)などを通じて、西からの文明が、まるで電気を蓄えるコンデンサのように、何世紀にもわたって蓄えられた。

インドで興った仏教のなかで、大乗仏教が中央アジア、中国、朝鮮半島を経由して日本へ6世紀に伝来。奈良では、多くの仏像がシルクロード経由で日本に到来した。鑑真和上は6回目の渡航の末、753年に日本へ到着。聖武天皇に受戒をし、唐招提寺を建立した。7世紀の奈良にはペルシア人が渡来しており、高松塚古墳壁画の飛鳥美人のスカートは、西安やウズベキスタン壁画のソクド人(※2)のスカートと様式が類似していることからも、シルクロードとの文化交流の活発さが感じられる。

シルクロードを通じた交流交易で日本は発展

 中国や韓国から先進的な制度、技術が日本に伝わった。中国をモデルとして建設された最初の首都である藤原京・平城京(律令国家を創成・育成)から遣隋使、遣唐使を派遣し、漢字の受容、古事記・日本書紀・万葉集の編纂が行われた。

 国際交流としては、文物と技術がユーラシアを横断して日本へ到来。ペルシアとの交流の証として、ササン朝ペルシアでつくられたといわれるガラス器やペルシア風の水差しなどが正倉院で保存されている。

東アジア地方政府会合を設立、7カ国74の地方政府が参加

以上を語ったうえで、荒井知事はこれまでの感謝の印として、「東アジア発展のために」奈良県が行っているさまざまな行事を披露した。代表的なものを以下に紹介する。

東アジア地方政府会合(地方政府間の交流)

 2010年に平成遷都1,300年を記念して設立。共通する課題への議論を通して、解決の筋道を見出そうとするもので、相互理解と信頼の構築、それぞれの行政能力の向上を図り、国家間の外交関係を補完し、平和で安定した東アジアの発展を目指している。現在7カ国(日本、韓国、中国、ベトナム、マレーシア、フィリピン、インドネシア)、74の地方政府が参加している。

平城遷都1300年記念アジアコスモポリタン賞

 12年創設。経済・社会科学、文化の面で東アジア共同体の形成に優れた貢献を行った個人・団体を対象として、東アジア・アセアン経済研究センター(ERIA、※3)が贈呈する国際賞。本賞発案の地、奈良県において、授賞式および記念フォーラムを2年に1回、開催してきた。
 これまで、ピーター・デーヴィッド・ドライスデール氏(オーストラリア国立大学名誉教授)、リチャードE.ボールドウィン氏(ジュネーブ高等国際問題開発研究所国際経済学教授)、マンモハン・シン氏(前インド首相)、福田康夫氏(元内閣総理大臣)などが受賞している。

東アジア・サマースクール開催

 次世代を担うアジアのリーダーとしてグローバルに活躍できる人材の育成を目的に、11年から9回実施。

(つづく)

【金木 亮憲】

※1:イラン(ペルシア)の王朝。226年にパルティア王国を倒して、アルデシール1世が建国。ゾロアスター教を国教とし、中央集権制を確立して西アジアの広大な地域を領有。ローマ帝国とたびたび戦い、ホスロー1世時代にもっとも栄えたが、651年イスラムに滅ぼされた。 ^

※2:中央アジアのタジキスタンとウズベキスタンにまたがるソグディアナ地方のイラン系住民。古代ギリシャのポリス(都市国家)のようなオアシス都市を形成し、紀元前4世紀ごろからシルクロードの隊商の民として活躍。独自のソクド語をもち、ゾロアスター教を信仰した。 ^

※3:東アジアの経済統合に資する政策研究および政策提言活動を実施することを目的として、東アジア16カ国(ASEAN加盟10カ国、日本、中国、韓国、インド、オーストラリア、ニュージーランド)の首脳の合意に基づき、08年にインドネシア・ジャカルタに設立された国際機関。 ^

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月03日 17:16

『脊振の自然に魅せられて』素晴らしき脊振の霧氷(後)

 気象台レーダー作業道に足を入れると、純白の雪道が西へまっすぐ続いていた。1月にスキーを試み、深い雪に難儀した場所である。2人で新雪の道に足跡を付けて歩いた。新雪を歩...

2021年03月03日 17:00

中国経済新聞に学ぶ~中国、2020年に新生児30%減少(後)

 中国の人口が伸びない主な原因は、現代的都市化現象であり、都市化が皆の生活期待値を広く向上させ、子どもの養育の基本コストをも高めている...

2021年03月03日 16:46

【凡学一生の自戦体験記2】新たな組織詐欺事件か

 2月25日(木)の午前中の福岡県警の南警察署員による事情聴取は、冷静に振り返ってみると重大な不条理のオンパレードであった...

2021年03月03日 16:20

LINE、Yahooが防災デジタル化~デジタル庁創設に向けて自民党デジタル社会推進本部が委員会を開催(後)

 Yahooは自宅、実家、勤務先など国内最大3拠点と、位置情報を利用した現在地へ防災速報を通知するサービスを行っている。利用者は2,000万人以上。加えて、Yahoo...

2021年03月03日 15:59

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(1)

 Net IB Newsでは、構造設計一級建築士・仲盛昭二氏が所有する大分県別府市の分譲マンション「ラ・ポート別府」について、仲盛氏が広瀬大分県知事に送付した質問状に...

コロナ禍において月間最高売上達成 さらなる高みを目指して

 (株)ジェムキャッスルゆきざきは1978年2月、前社長である柚木崎政秋氏(現会長)が福岡県那珂川町(現・那珂川市)で創業、86年10月に設立された...

コロナ禍で風向きが変わる医療業界 「縁の下の力持ち」民間検査機関の使命

 医療や食品に関わる民間検査センターとして創業50年を越える(株)シー・アール・シー。CRCグループは「医」「食」「環境」と健康をトータルで捉え、あらゆる検査を受託し...

2021年03月03日 15:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(2)

 『WHO(世界保健機関)の調査チームが武漢を訪れていますが、発生源の特定にはまだ数年かかる見込みです。一方、「新型コロナウイルスの特効薬が開発されてウイルスへの恐れ...

2021年03月03日 14:35

都道県別民営事業所数~最多は東京都の91.4万事業所、福岡は26万事業所で全国6位

 総務省統計局は昨年12月、都道府県別の民営事業所数とその増減を発表した。それによると全国の事業所数は約640万事業所で、2016年の調査から14.7%の増加となった...

2021年03月03日 14:30

ワクチン接種開始とその後の展開(後)

 mRNAワクチンは、3つの課題を解決して実用化されている。1つ目は、mRNAが細胞に入って初めてタンパク質をつくることができる点だ。RNAは分子量が大きくて、そのま...

pagetop