2022年08月18日( 木 )
by データ・マックス

感染第3波で勢い止まらず ホームセンター11月既存店 揃って好調

 ホームセンターの高水準の伸びが続いている。11月既存店売上高は前年同月比でハンズマンの15.8%増を筆頭にコーナン商事8.8%、DCMホールディングス7.1%増、ナフコ6.5%増を記録した。3.8%増ともっとも低かったコメリは10月が15.3%増だった反動と見られる。

 ハンズマンは客数も7.9%増えた。10月客数は3.2%減だった。コロナ感染第3波到来で家にいる時間が長くなったことも影響しているようだ。

 ナフコはハンズマンとは逆に客数増が0.8%で10月の5.4%増から低下した。

 コロナ禍の続く限りホームセンターの勢いが止まることはなさそうだ。

※この記事は有料記事です。全文を読むには「流通メルマガ」の申し込みが必要です。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

流通メルマガのご案内

 流通メルマガは沖縄を除く九州地区の食品スーパー、ドラッグストア、ディスカウントストアなどの小売業の情報を、土日祝日を除く毎日タイムリーに配信しています。現在、1カ月間に限り、無料で配信させていただきます。無料試読希望者は、下記のメールフォームからお申し込みください。
※「流通メルマガ」試読申し込みフォームはコチラ >>

関連記事