• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月07日 10:45

中国経済新聞に学ぶ~世界ぜいたく品の半分は中国人が買った(前)

強大な購買力を備える若者 

 今年の「ダブル11」(11月11日のネット通販イベント)では、ぜいたく品ブランドの売れ行きが、ことのほか熱かった。これらを売り始めるとすぐに売り切れて、再入荷するとまたすぐに売り切れるため、ブランド側は海外から緊急に商品を調達しなければならなかった。クロエ、IWC、バレンシアガなどの「ビッグブランド」を含む人気のファッション小物65ブランドは、いずれも世界から中国市場向けに商品を調達した。 

中国ぜいたく品市場の消費が大幅に増加したのは、若年層の功績が大きい。若者はみな「デジタルネイティブ」であり、未来に対し楽観的な態度をもち希望に満ちており、最新のトレンドをすぐに広めようとする。さらに、ショッピング・交流プラットフォームの「小紅書(RED)」やショート動画共有アプリの「TikTok(ティックトック)」などをよく利用している。 

 新しい時代に生きる彼らは、ほかの世代に比べて最新のトレンドを追いかけたい、高級品を買いたい、生活の質や社会的地位を上げたいという気持ちがさらに強い。若い「買い物の達人」は、買い物をするときに「モノの値段にはそれなりの理由がある」と信じており、将来のための貯金にも普段はあまり関心がないため、強大な購買力を備えている。 

 26~35歳の年齢層は高級ぜいたく品消費額シェアの62%を占める。26~35歳の人々はちょうど出生数がピークの「80後(1980年代生まれ)」と「90後(90年代生まれ)」で、中国の総人口に占める割合が大きい。 

 国家統計局が発表した出生数データをみると、80後は合計2億2,000万人、90後は合計2億1,000万人であり、「00後(2000年代生まれ)」の1億6,000万人、「10後(2010年代生まれ)」の1億6,000万人を大幅に上回る。この年齢層は、親の世代と比較して物質的条件が極めて大きく改善されたため、所得の増加分のうち消費の占める割合(限界消費性向)がより高く、個性に合った消費のニーズもより大きく、高品質の商品にはそれに見合う「プレミアム」を支払っていいという気持ちが強い。 

 彼らが購入する商品の品目は、服飾品、腕時計、ジュエリー、ハンドバッグなどが最多だ。ボストン・コンサルティング・グループの「2019年中国ぜいたく品消費者デジタル行動報告」によると、18年の中国ぜいたく品市場での消費のうち、衣類、腕時計、ジュエリー、ハンドバッグはいずれも500~600億元の売上高(小売額)となり、総売上高に占める割合が平均20%を超え、その他、アクセサリーは同売上高の16%を占め、靴類は同15%を占めた。 

 多くの消費者がぜいたく品を選ぶ主な理由は、ブランドにある。消費者にとって、ブランドは品質の代名詞であることが理由だ。ブランドは、企業が長年にわたる経営で築き上げた信頼であり、商品を製造するときにはさまざまなことを考慮してデザインするため、できあがった商品はファッショナブルで新しいものになる。 

 しかし若者は、年長者たちほどブランドが重要だと感じていない。SNSの影響を受けて、ぜいたく品消費についての考え方が成熟するにつれ、より多くの消費者がデザイン、素材、製法などを評価し、吟味するようになってきた。 

 商品についてブランド以外のより多くの知識を得ることが、若者が人と交流するときの一種の社交的資本(ソーシャルキャピタル※)になっている。また一方で、ぜいたく品を購入する要因として、価格はデザインや製法、素材に比べて、それほど重要ではなくなってきているようだ。これは、中国人の収入がますます多くなり、消費力がますます強くなり、消費ニーズが多様化したことが主な理由だ。 

(つづく) 

※ 社会・地域においての人々の信頼関係や結びつきを表す概念。 


中国経済新聞を読もう

<連絡先>
(株)アジア通信社
所在地:〒107-0052 東京都港区赤坂9-1-7
TEL:03-5413-7010
FAX:03-5413-0308
E-mail:china@asiahp.net
URL:http://china-keizai-shinbun.com

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月03日 17:16

『脊振の自然に魅せられて』素晴らしき脊振の霧氷(後)

 気象台レーダー作業道に足を入れると、純白の雪道が西へまっすぐ続いていた。1月にスキーを試み、深い雪に難儀した場所である。2人で新雪の道に足跡を付けて歩いた。新雪を歩...

2021年03月03日 17:00

中国経済新聞に学ぶ~中国、2020年に新生児30%減少(後)

 中国の人口が伸びない主な原因は、現代的都市化現象であり、都市化が皆の生活期待値を広く向上させ、子どもの養育の基本コストをも高めている...

2021年03月03日 16:46

【凡学一生の自戦体験記2】新たな組織詐欺事件か

 2月25日(木)の午前中の福岡県警の南警察署員による事情聴取は、冷静に振り返ってみると重大な不条理のオンパレードであった...

2021年03月03日 16:20

LINE、Yahooが防災デジタル化~デジタル庁創設に向けて自民党デジタル社会推進本部が委員会を開催(後)

 Yahooは自宅、実家、勤務先など国内最大3拠点と、位置情報を利用した現在地へ防災速報を通知するサービスを行っている。利用者は2,000万人以上。加えて、Yahoo...

2021年03月03日 15:59

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(1)

 Net IB Newsでは、構造設計一級建築士・仲盛昭二氏が所有する大分県別府市の分譲マンション「ラ・ポート別府」について、仲盛氏が広瀬大分県知事に送付した質問状に...

コロナ禍において月間最高売上達成 さらなる高みを目指して

 (株)ジェムキャッスルゆきざきは1978年2月、前社長である柚木崎政秋氏(現会長)が福岡県那珂川町(現・那珂川市)で創業、86年10月に設立された...

コロナ禍で風向きが変わる医療業界 「縁の下の力持ち」民間検査機関の使命

 医療や食品に関わる民間検査センターとして創業50年を越える(株)シー・アール・シー。CRCグループは「医」「食」「環境」と健康をトータルで捉え、あらゆる検査を受託し...

2021年03月03日 15:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(2)

 『WHO(世界保健機関)の調査チームが武漢を訪れていますが、発生源の特定にはまだ数年かかる見込みです。一方、「新型コロナウイルスの特効薬が開発されてウイルスへの恐れ...

2021年03月03日 14:35

都道県別民営事業所数~最多は東京都の91.4万事業所、福岡は26万事業所で全国6位

 総務省統計局は昨年12月、都道府県別の民営事業所数とその増減を発表した。それによると全国の事業所数は約640万事業所で、2016年の調査から14.7%の増加となった...

2021年03月03日 14:30

ワクチン接種開始とその後の展開(後)

 mRNAワクチンは、3つの課題を解決して実用化されている。1つ目は、mRNAが細胞に入って初めてタンパク質をつくることができる点だ。RNAは分子量が大きくて、そのま...

pagetop