• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月19日 07:00

電気自動車時代の本命「全固体電池」は、電池業界のゲームチェンジャーになるのか?(後)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 新型コロナウイルス感染拡大で、自動車の販売台数が落ち込むなか、電気自動車市場の成長が続いている。外出規制などで自動車の販売が鈍化するのは、当然の結果である一方、世界の電気自動車の販売台数は、コロナショックで一時的に減少したものの、昨年7月以降には需要が回復して、過去最高の月間販売台数を更新。
 電気自動車の性能を左右する「リチウムイオン電池」のもつ限界を乗り超えるため、「全固体電池」の開発が進む。

世界で開発競争が加速

 現在のリチウムイオン電池の性能では、既存の内燃機関の自動車(ガソリン車やディーゼル車)を代替するのは難しいという指摘もあり、電気自動車時代の本命と見なされている全固体電池。世界最大の自動車会社であるトヨタ自動車(株)は昨年12月、2021年の年内に全固体電池を搭載した試作車を披露すると発表した。

 ドイツのBMWも、米国のソリッドパワーと提携して、全固体電池を搭載した電気自動車を25年~26年に出荷する計画である。(株)村田製作所、(株)日立製作所、京セラ(株式)、東レ(株)、住友化学(株)、中国の電池メーカーCATLなども全固体電池の開発に取り組んでいる。

 一方、韓国企業の全固体電池の商用化は、日本や米国に比べて少し遅れを取っている。サムスンSDIは1回の充電で800kmを走行できるという全固体電池の研究成果を発表した。しかし、量産計画は27年となっている。現代自動車も全固体電池に取り組んでいるが、サムスンSDI、LG化学、SKイノベーションなどの電池専業メーカーとの提携も模索している。いずれにしても、韓国の電池メーカーは、トヨタ自動車の試作車の発表予定に数年遅れて、26年前後に全固体電池を搭載した電気自動車の出荷を計画している。

 リチウムイオン電池は日本で開発されたにもかかわらず、日本企業は現在、世界市場でシェアを落とし、韓国企業と中国企業が躍進している。日本企業はこのような状況を打開し、市場シェアを急速に取り戻すため、「オールジャパン」で全固体電池の開発に臨んだという話も耳にしている。もちろん、全固体電池が量産されるまでには早くても2~3年はかかると考えられるが、全固体電池の登場により、電気自動車の電池市場に大きな変化が訪れることは間違いない。

10分間の充電で500km走行を実現

 (株)富士経済研究所は、世界の全固体電池市場規模が35年に2兆8,000億円になると予想している。全固体電池が登場すると、ガソリン車やディーゼル車に勝るとも劣らない電気自動車がようやく登場することになる。

 全固体電池になると、10分間の充電で500km走行も夢ではなくなる。加えて、電池のサイズも小さくなるため、電池が場所をあまり取らず、航続距離のみを伸ばすことができるようになる。電解質が液体から固体に変わることにより、発火のリスクが低下するなど安全性も向上し、エネルギー密度も高くなり、良いことずくめである。充電時間もリチウムイオン電池の3分の1に過ぎず、十数分で充電ができるようになる。

 ところが、全固体電池はメリットのみではなく、課題も抱えている。固体の電解質の場合、液体の電解質に比べてイオンの移動スピードが遅く、出力が弱くなり寿命も短くなるようだ。加えて、固体電池は製造技術のハードルが高く、量産に成功するのは難しいようだ。
全固体電池が試作品の製造には成功しても、量産段階でも同じように成功できるとは限らないのは、そのような理由があるためだ。

 電気自動車で世界市場をリードするテスラ自動車をはじめ、電気自動車の覇権を取りたい中国の電池メーカーや、半導体につぐ大きな市場と見なして投資を敢行する韓国の電池メーカー3社(サムスンSDI、LG化学、SKイノベーション)も、全固体電池の開発に会社の命運をかけている。

 いずれにしても、トヨタ自動車は全固体電池の開発において、もっとも進んだ会社であることは間違いない。トヨタ自動車は全固体電池関連で、1,000件以上の特許を取得済みである。トヨタ自動車が23年頃に全固体電池を搭載した電気自動車を量産できるようになったら、電気自動車市場には大きな波乱が起こるだろう。

 一方、韓国の電池メーカーは「ハイニッケル電池」の製造において市場における優位を保ちつつ、全固体電池の開発も迅速に行うという戦略で臨んでいる。全固体電池が電池業界の「ゲームチェンジャー」になるのか。その動向に注目が集まっている。

(了)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop