• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月18日 14:37

電気自動車時代の本命「全固体電池」は、電池業界のゲームチェンジャーになるのか?(前)

日韓ビジネスコンサルタント 劉 明鎬 氏

 新型コロナウイルス感染拡大で、自動車の販売台数が落ち込むなか、電気自動車市場の成長が続いている。外出規制などで自動車の販売が鈍化するのは、当然の結果である一方、世界の電気自動車の販売台数は、コロナショックで一時的に減少したものの、昨年7月以降には需要が回復して、過去最高の月間販売台数を更新。
 電気自動車の性能を左右する「リチウムイオン電池」のもつ限界を乗り超えるため、「全固体電池」の開発が進む。

電気自動車時代の幕開け

 昨年11月の世界の電気自動車の販売台数は、前年同期比58%増加して70万台を記録した。地位別では、ヨーロッパ市場は同106%、中国市場は同60%、米国市場は同28%の増加となった。

 自動車業界の専門家は、今年から2030年にかけて電気自動車市場が急速に伸びることを予測している。市場調査会社のSNEリサーチによると、今年は世界の電気自動車の年間販売台数が687万8,000台になると見込まれている。世界の電気自動車市場は、年平均21%成長し、30年には販売台数が4,000万台になるとされる。今年から、本格的に電気自動車の時代が幕開けするわけだ。

 電気自動車の性能を左右する主要部品である電池をめぐって、世界各国のメーカーが開発競争を繰り広げており、注目が集まっている。加えて、今回の開発競争では、電池メーカーだけでなく、アップルなど自動運転車関連の企業も参入する。

 電池は、電気自動車のなかで40%ほどの比重を占めるもっとも大切な部品である。電気自動車の電池といえば、現在は「リチウムイオン電池」が主流となっている。リチウムイオン電池は正極材、負極材、電解質、分離膜で構成されており、基本的には、正極と負極の間をリチウムイオンが行き来することにより、電池の充電と放電が行われている。

 電池の電解質はリチウムイオンが行き来する道路の役割をはたしているが、現在の電解質は液体でできており、温度の変化により電解質の液体が膨張したり、外部から衝撃が加わると電池が損傷して火災が発生するケースもあり、安全性の上で課題を抱えている。また、液体の電解質は価格が安いものの、充電に時間がかかり、容量が少ないという限界がある。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月09日 13:11

【読者ご意見】東京五輪とコロナNEW!

 NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は植草一秀氏のブログ記事「2021東京変異株博覧会の開催」についてのご意見を...

2021年03月09日 13:11

【読者ご意見】企業批判をめぐる報道NEW!

  NetIB-Newsでは、読者のご意見を積極的に紹介し、議論の場を提供していきたい。今回は【新・「電通公害」論】についてのご意見を紹介する...

2021年03月09日 13:00

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(中)NEW!

 公的除染の問題点を考えてみよう。福島県のHPによると、除染の目標値は0.23μSv/hとなっている。これは、民間人の被曝限度量が年間1μSvで、時間あたりに直すと0...

2021年03月09日 11:31

飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に寄付~グッデイNEW!

 (株)グッデイ(福岡市博多区、柳瀬隆志社長)による福岡県飯塚市の「まち・ひと・しごと創生事業」に対する寄付金の贈呈式が8日、飯塚市役所で行われた...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(2)】福島第一原発事故から10年、放射性物質汚染の現状 公的除染終了後の問題(前)NEW!

 もうすぐ、3・11震災・原発事故から10年を迎える。この原稿では、東京電力福島第一原子力発電所事故による放射性物質の汚染がいまだに続く福島県中通りの現状を、私の徒歩...

2021年03月09日 10:19

【東日本大震災から10年(1)】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月09日 10:00

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(6)NEW!

 『コロナは世界のパワーバランスが変わる引き金になり、米国、中国、ロシア、ベトナム、ミャンマーは混乱のなかで新しい権力構造を生みつつあります。個人の持つ感性やコミュニ...

2021年03月09日 09:15

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(4)NEW!

 クライアントに詐欺を働き、社の繁栄に貢献すべき若い有能な人材をも潰すような企業に未来はない。電通は大型スポーツイベントを次々と独占受注し、人々のマスコミ離れを食い止...

2021年03月09日 07:00

経営者が知っておくべき「人財」に投資するという考え方

 「人財」は、いつの時代も経営の根幹です。良い人財がいるかいないかで、経営は大きく変わってきます。では、どのように良い人財を得ればよいでしょうか?そこでは、従来の「人...

2021年03月09日 07:00

【八ッ場ダムを考える】群馬県は水没住民と どう向き合ってきたのか?(前)

 国直轄ダムの八ッ場ダムであるが、水没自治体である長野原町、その住民との交渉などを実質的に担ってきたのは、ダム受益者でもある群馬県だった。県は1993年、水没住民やダ...

pagetop