• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月19日 14:05

中洲の灯は絶えない(2)接待はなくならない〜「ロイヤル・ボックス」ママ・藤堂和子氏

 福岡県に緊急事態宣言が発出され、県は飲食店に対し営業を午後8時(酒類の提供は午後7時)までとするよう要請した。
 昨年の新型コロナウイルス感染拡大以降、中洲の夜の店で営業を停止した店は少なくない。高齢などの理由でこの機会に引退を決断し閉店した店もあれば、転職のために閉店した店もある。一方で「中洲しかない」と腰を据え、売上を確保する店もある。
 今回の緊急事態宣言などについて、中洲で50年にわたり経営に携わってきた「ロイヤル・ボックス」の藤堂和子氏に話を聞いた。

「中洲しかない」

 午後8時以降の営業停止要請は夜の店の営業を直撃した。人目を気にし、ほかの店がどうするのかをみて判断する経営者もおり、藤堂氏は周囲の人から「藤堂さんが休まないと、ほかの皆が休まない」とよく言われたという。藤堂氏は経営するクラブを18日から2月7日まで休業とし、スナックを午後1~8時までの短縮営業とすることを決めた。

 藤堂氏は日ごろから先を見据えて経営していれば、このような状況でも大丈夫だと確信している。藤堂氏が重視していることの1つに、従業員と顧客の年齢層のバランスを取ることがある。同じ顧客がいつまでもクラブに同様の頻度で来店してくれるわけではなく、また若くてよい従業員がいないと客も来なくなるという。経済力があるわけでもない若い顧客も先を見据えて大事にする。面倒見のよい藤堂氏を慕う従業員は多いが、従業員に独立を促したり、厳しくても人員整理を行ったりなどしてきた。

 「接待というのは政府や企業の営みがある以上、絶対になくなりません」、「コロナでストレスが溜まるなかで、話すことによる癒やしは必要」と事業の社会的意義を強調する。実際に昨年も、店舗は休業期間を除いて多忙であったようだ。

 顧客に安心して来店し続けてもらうためには、目に見える防止対策が欠かせない。藤堂氏は昨年の営業再開後の早い時期からパーティションなどを購入し設置した。現在も最新装置を導入しているほか、通気を行いやすいように窓枠を交換するなどして、コロナ対策を常に万全にするよう努めている。

 藤堂氏にとっても、政府から事実上の休業を要請されるのは初めての経験だが、これまでに何度も苦しい思いを重ね、その経験からやりようはあると考え、また備えをしてきているという。裏を返せば、資金のあるところしか中洲でやっていけないということかもしれない。

 藤堂氏は「中洲で50年この仕事を行ってきて、『中洲しかない』と思っている」と迷わない。「88歳まで続けて経営60周年の記念パーティーを開催する」と経営を続けることに強い決意を示す。

政府の政策は平等であるべき

 藤堂氏は政府のコロナ対策について疑問を呈する。それは、多くの客が日中に飲食店を訪れるのに、夜8時以降のみを規制の対象とし、昼の影響に規制を加えないのは不自然であり、また感染防止の効果が薄いのではないかということだ。こう批判したうえで、政府の政策は平等であるべきだと訴える。政治家が国民や事業主に「皆さん我慢して耐えてほしい」と呼びかけるのであれば、昼も夜も一律でロックダウンすべきではないかと指摘している。

 また、飲食店に対する一律1日6万円支給という基準に対しても、店舗や従業員の規模、家賃相場を考慮しておらず、実態に即していないと批判する。小規模の個人経営の店舗であれば、6万円もらって休もうと考えるかもしれないが、自身の店では家賃さえ負担できないという。

 休業・短縮営業要請に応じないことへの50万円の過料という罰則についても同様という。一律にこの金額では、それを支払ってでも営業することにより得られる売上のほうが大きいと判断し、営業を続けようと考える店もあるだろうとみている。

【茅野 雅弘】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop