• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年01月23日 07:00

【長期連載】ベスト電器消滅への道(4)

 かつて家電業界で日本一の売上高を誇ったベスト電器がヤマダ電機に完全に吸収された。なぜ、このように消滅するという事態になったのか!当社は長期にわたってベスト電器に関する記事を連載してきた。まず、ベスト電器がかつてビックカメラと合併しようと画策を講じたが、破談となった当時のことを報告する。

ベスト電器の再生を阻む過去のくびき(4)

(2012年3月8日掲載)

 1953年9月創業のベスト電器は、当時メーカー優位の家電販売業界にあって、創業者の北田光男氏が辛酸を舐めながらも"安売り"を前面に押し出した販売手法で日本一の会社にした。そして、長男・葆光氏が2代目社長として事業継承し、3代目社長に娘婿・有薗憲一氏が就いた。

 2代目葆光時代は、会長として光男氏が残っていたため、「父の威光を受けて経営している」という見方がされている。ただ、葆光氏なりの経営方針も持っていたようだ。海外出店数を増やし、FCを中心とした全国展開で積極的な拡大戦略を採ったのもこの時代だ。しかし一方で、負の遺産も生み出すことになった。一気に有利子負債が増加し、ピークとなる2001年2月期には957億円(97%は普通社債と転換社債)を抱えた。

 また、本来は葆光氏の前に社長となるはずだった戸島酉夫氏(福岡相互銀行から転籍)という人物がいたが、「次期社長は自分だ」と飲みの席で失言。たまたまそれを聞いた光男氏の逆鱗に触れ、期せずして葆光氏が社長となったというエピソードもある。「光男氏の最大の汚点は、自分の息子の愚かさを知っていながら後継者に指名したことだ。ベスト電器を没落させた一番の犯人は葆光氏だ」と、光男氏や葆光氏、有薗氏らとともに中枢の仕事をしていた元側近の人物は語る。

 ただ、「もっとひどいのは有薗氏。ベスト電器を没落させたもう1人の犯人だ」と前出の人物は糾弾する。「頭は良いがリーダーシップはなかった。ナンバー2の器で、トップになること自体が間違いだった。有薗の役割の1つに、北田光男から特命を受けて政界・財界への水面下工作を行なうものがあった。またベストを食いものにし、私腹を肥やすことに専念していた」という。

 02年6月、約14億4,200万円もの負債(申請時)を抱え破産した(株)エヌケイという会社がかつてあった。市野紀子という人物が、ベストの出店やリニューアルの内装工事を行なう目的で設立した。数々の疑惑を有するこの倒産劇については、本誌『I・B』でも糾弾したことがある。スキームとしては、ベストが店舗工事を、ベスト子会社のベストハウジングに発注し、そこからエヌケイへ内装工事を発注していたという流れだ。このなかで、循環取引ともいえる不透明な資金の流れが債権者の間で問題となっていた。

 また匿名投書によると「有薗は以前から北九州の愛人にトンネル会社をつくらせ、ベスト電器の商品リベートをつぎ込むなど大がかりなリベート操作により、ヤマダ、コジマなどの価格攻勢に対抗できなくした大きな要因をつくったことは周知の事実である」という。

(つづく)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop