球磨川流域治水協議会がとりまとめへ 流水型ダム前提に流域治水プロジェクト
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月12日 07:00

球磨川流域治水協議会がとりまとめへ 流水型ダム前提に流域治水プロジェクト

 球磨川流域治水協議会の第2回目の会合が、2020年12月18日に開かれた。席上、11月に熊本県知事が国土交通大臣に建設を要望した新たな流水型ダムの有効性、必要な調査検討内容などについて事務局から説明があった。今後は、流水型ダム建設を前提として、球磨川緊急治水プロジェクトをまとめたうえで、20年度中に球磨川流域治水プロジェクトをまとめる。 

 河川対策として事務局からは、川辺川に流水型ダムを建設する場合、既存の多目的ダムとしての川辺川ダム計画に示された利水容量を洪水調節容量に振り替えれば、1万600㎥が洪水調節容量として増強活用できるなどとした。その際の洪水調節ルールの変更については、慎重な検討が必要になるとした。その一方、流水型ダムの実現に向けては、貯水池法面の安定性に関する追加の地質調査、環境調査のほか、ダム機能を最大化する洪水調節計画の策定、流木閉塞や環境に極限まで配慮するための土砂堆積対策に関する検討について、速やかに着手すべきとの考えを示した。 

流水型ダムの特徴(協議会資料より)

 流水型ダム以外の河川対策としては、球磨川上流部(多良木町など)、中流部(球磨村など)で河道掘削を行う。人吉地区では堤防位置を極力変更せず、川側に突出した箇所のみを河岸拡幅(引堤)する。人吉地区を除く区間では、必要に応じて輪中堤・宅地かさ上げを行う。上流部(錦町など)区間に遊水地を整備する。整備方式は、平時に営農可能な地役権方式、より多くの貯水容量を確保できる掘り込み方式を組み合わせ配置する。一房ダムの基本的な最大放流量を400㎥/s(現行650㎥/s)とし、一定量放流操作を検討する。浸水リスクのあるエリアでの土地利用規制、リスクの低いエリアへの移転などの誘導、住まいの工夫などを進める――などとした。 

 流域対策としては「上流域での田んぼダム(約3,300ha)」のほか、「流域全体のため池(50カ所、約73万㎥分)を活用する」「校庭や公園など(約85ha、約25万㎥分)に雨水貯留機能を確保する」「浸透ますや透水性舗装など雨水浸透機能を整備する」「間伐などの森林整備を行い、保水、土砂流出防止機能を増強する」――などを挙げた。ソフト対策としては、水害タイムラインの作成検討などを挙げた。 

 流域市町村の首長からは、事務局の提案に対して、とくに異論や反論はなかった。引き続き、まっとうな治水対策が期待される。ただ、熊本県知事が打ち出した「緑の流域治水」について、具体的に何を指すのか説明されることはなかった。実体をともなわない「屁のようなスローガン」がそのまま残り続けるのが気がかりだ。 

【大石 恭正】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省NEW!

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)NEW!

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:32

【東日本大震災から10年】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリNEW!

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

2021年03月08日 16:51

大野城~水城橋梁補修、14.8億円で前田建設工業が落札NEW!

 福岡県北九州高速道路公社発注の「大野城~水城橋梁補修工事(R2-3)」を、前田建設工業(株)九州支店が14億8,690万円(税別)で落札した...

2021年03月08日 16:22

テスラは電気自動車の最後の勝者になれるのか?NEW!

 二酸化炭素の排出抑制など、環境への配慮を優先する機運が高まり、自動車業界でも電気自動車へのシフトが本格化している。そのような状況下で、新型コロナウイルスによるパンデ...

2021年03月08日 16:09

【怪文書】故・田中久也県議の後継めぐり怪文書 出所をほぼ特定NEW!

 昨年12月30日に亡くなった自民党福岡県議の田中久也氏(享年87)の後継をめぐる補欠選挙が、県知事選と同じ4月11日に行われる...

水のリーディングカンパニーとして 地域社会に安心安全を提供し続けるNEW!

 ゼオライト(株)は1969年11月、「良い水創り・人財(ひと)創り」を経営理念に河村恭輔氏が創業。70年8月に株式会社に改組して、恭輔氏が代表取締役に就任。2004...

街をデザインすることで地域貢献 時代を越えて残る住まいを提供NEW!

 西武ハウス(株)は、「デベロッパー業務を通じて広く社会に貢献する」という経営理念のもと、環境・プラン・品質・デザインあらゆる点で「つくり手が住みたくなる住まい」を追...

2021年03月08日 14:57

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(5)NEW!

 『安倍前首相は米国とイランの国際関係を仲裁しようとイランを訪問しましたが、イラン核合意では成果が出ませんでした。欧州はイランの核合意復帰を望みますが、バイデン政権は...

pagetop