• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月15日 15:06

『脊振の自然に魅せられて』大雪の金山登山(前)

金山の登山口となる坊主ヶ滝登山口へ

 1月の7日から12日にかけて、全国的に寒波がやってきた。脊振山系でも5年ぶりに本格的な冠雪がみられた。天気の状態を見て、ワンゲル(ワンダーフォーゲル)の先輩で「脊振の自然を愛する会」の副代表Tへ「雪が降りましたね、いつ行きましょうか?」と筆者は電話を入れた。すると「池田から電話があるとば、待っとうたい」と先輩Tが博多弁で返してきた。

 天候が安定する13日(水)に金山に登山に行くことに決めた。ワンゲルの後輩3人に「都合はどうか」とメールで連絡を取ったが、元気な後輩らも加齢とともに体調に変化があり、膀胱がんや前立肥大の手術をする年齢になっていた。後輩Hから「行けます」との返事があり、先輩T、後輩H、筆者の3人で行くことにした。

 筆者の自宅の近くに住む先輩Tを車で迎えに行って、集合場所の早良区のJA脇山支店に隣接するワッキー主基の里に午前8時30分に集合し、さらに後輩Hを車に同乗させて金山の登山口となる坊主ヶ滝登山口へ向かった。

 坂道に雪が積もっているのではないかと懸念していたが、登山口までの坂道ではすでに溶けていた。未舗装のため、10㎝ほど積もった雪が残る工事用の空き地に車を入れる。「ググー」と、冬タイヤが雪を踏みしめる音がする。

坊主ヶ滝上流となる沢の支流ルートへ

 登山準備をしていると、知人の平田氏がやってきた。平田氏には昨年夏に野河内渓谷の沢登りで世話になっていた。先輩 Tとは旧来の山仲間であり、ベテランの登山家である。ピッケルを片手に冬山の装備をしていた。時間はちょうど午前9時であった。

 途中まで、平田氏と一緒に歩いた。標高400mくらいまでくると、登山道に雪が現れた。我々が設置した道標やレスキューの表示板を確認しながら歩みを進める。平田氏は単独登山のため、「奥にある氷瀑を見たいので」と途中から沢ルートに入っていった。平田氏は筆者より10歳若い。我々は金山へ直登する予定であったが、先輩Tが「沢ルートへ入ろう」と言い、坊主ヶ滝上流となる沢の支流ルートへと歩き出した。平田氏と同じルートである。

 歩くごとに雪が少しずつ深くなり、岩に積もった雪が丸みを帯びてきた。足下には浅い沢の水も流れており、慎重に歩く。先輩Tが先頭を切ってルートをつくりながら歩く。雪はますます深くなった。

 沢を飛び越えようとした後輩Hが石の上でバランスを崩し、冷たい水に足を入れてしまった。膝から下が濡れていた。先輩 Tも筆者も、「大丈夫か」と同時に声をかけたが、後輩Hはすぐに水から出たので、ずぶ濡れにはなっていなかった。脚に付けていた雪対策のスパッツが幸いした。

ますます深くなる雪

 沢道は谷になり、さらに奥へと進む。谷が傾斜を増し、雪もますます深くなってきた。樹木に降り積もった雪がきれいだと、見惚れながら足を進める。雪景色に感動してカメラを構えると、後輩Hもカメラのシャッターを盛んに押していた。

雪深い谷沿いのコースを進む
雪深い谷沿いのコースを進む

 筆者らは75歳も過ぎており、脊振山系で雪山を堪能できるのはこれが最後かもしれないと、雪に足を一歩ずつ入れてさらに奥へ進んでいると、人が歩いたと思われる足跡があった。よく見ると猪が歩いた跡であった。雪をかき分けて、力強く歩いた足跡が左右に続いていた。過去にも、雪の登山道で小動物2匹の足跡が点々と山の上まで続いていたことがあり、筆者は、小動物のおかげで当時のルートを間違わずに済んだ。

 雪道を歩くのは、普段の3倍近くの時間を要する。まず、積雪のために足を上げる動作が多くなる。次に、ルート確認に手間取る。ルートを判別しにくい場所には、登山愛好者が赤テープを付けてルート表示をしていることもあるが、今回は途中からそのテープが見当たらなくなった。

 先に歩いて別の沢へ向かっている平田氏の足跡が残っていた。一段落して小休止すると、ここまで2時間は要していたことに気づいた。後輩Hがリンゴを出してくれた。筆者が食べやすいように切られたリンゴを口に頬張ると、「もう1つどうぞ」とH。後輩Hは「リンゴ屋のリンゴですから美味いですよ」と大きめタッパーにたくさんのリンゴを持参していた。Hはいつも果物を持参してくれる気配りの後輩である。

 一息ついて、筆者のザックにカメラを乗せ、セルフタイマーで3人の記念写真を撮る。さらに谷を進むと、20年前によく撮影にきたシャクナゲの群生地にやってきた。初めて使うスマホの地図アプリ「ヤマップ」でルートを確認する。ルート判別が難しい雪山では、やマップが大いに役に立つ。

 先輩Tが日没を気にして、「戻ろうか」と言ったが、筆者はスマホの地図を確認しながら「あと標高100mで西山のピークに出ます。そこまで行きましょう」と提案する。背をかがめてシャクナゲの林をくぐり抜けると、雪で被われていたシャクナゲからバッサリと雪が落ちてきた。

(つづく)

脊振の自然を愛する会
代表 池田友行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月01日 18:13

【九州FG】肥後銀と鹿銀で共通のスマホアプリを開発 オンラインで口座開設もNEW!

 (株)九州フィナンシャルグループ(熊本市)が、モバイルバンキングサービスを手がける米・ムーブン社と提携して傘下の肥後銀行(熊本市)と鹿児島銀行(鹿児島市)共通のスマ...

2021年03月01日 18:04

米金利上昇ショックの株急落、日本株投資に稀有の好条件が揃った NEW!

 世界的に株価調整が起きている。日本株価はコロナ後の底値から年末までに68%の急伸を遂げ、今年に入ってからも年初比11%上昇と快進撃を続けてきたが、2月16日の高値か...

2021年03月01日 16:56

【大手企業を糾弾する/大和エネルギー】脊振山系の風力発電所建設計画からみえること(前)「輝く小さな町」糸島市の豊かな自然を守ることこそ、私たちの責任NEW!

 「脊振山系に大規模な風力発電所の建設計画」という一見すると心地よいタイトルを掲げて、大和エネルギー(株)が自然の力を活かす再生可能エネルギー事業の...

2021年03月01日 16:26

アビスパ、高いJ1の壁に苦杯 福岡1-2名古屋 NEW!

 サッカーJ1リーグのアビスパ福岡は2月28日、ホームのベスト電器スタジアムに名古屋グランパスを迎え、シーズン第1節の試合を行った。5年かけてたどり着いた待望のトップ...

2021年03月01日 15:19

中国経済新聞に学ぶ~中国の9割の若者が老後に不安NEW!

 中国メディアが行った調査によると、18~35歳の1,000人余りの回答者のうち、9割近くが「今から自分の老後について考え始めなければならない」と答えたという。これよ...

現場を重視した顧客主義戦略で サッシ工事では地場トップクラスNEW!

 建物の外と室内を仕切り、風雨を遮る、個室をつくる、さらに個室内を仕切って収納をつくる―建具とは住宅の開口部に取り付けられる「仕切り」の総称を指す。玄関ドアや障子、ふ...

変化に対応できる柔軟性をもって 時代に求められる物件に挑戦するNEW!

 建築、土木工事などの公共工事から共同住宅、オフィスビル、医療機関、福祉施設、商業施設、物流施設、工場・プラントなど、幅広い実績をもち、九州内外7カ所に拠点を展開する...

広報官はNHKでなくNHK職員に連絡した?NEW!

 政治は結果で判断される。年中無休で新しい変化が起きる。それぞれの変化に対してトップは判断をしなければならない...

2021年03月01日 13:20

【菅政権に打撃】山田真貴子内閣広報官が辞職 〈飲み会を絶対に断らない女〉が陥落

 菅首相の長男などが関係した総務省の高額接待問題。厳しい追及を受けてきた山田真貴子内閣広報官(60)が1日、辞任したことがわかった。山田氏は東京都内の病院に入院中とさ...

2021年03月01日 13:12

ザ・クイーンズヒルゴルフクラブ 新理事に地場財界の3名

 会社更生手続きによる再建を進めているザ・クイーンズヒルゴルフクラブは2月21日、臨時理事会を開催し、そこで新任理事3名を含む8名の理事会が発足した...

pagetop