• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月16日 15:00

『脊振の自然に魅せられて』大雪の金山登山(後)

縦走路を金山へと進む

 ようやくピークにつくと、時刻は午後1時を過ぎていた。非常食を急いで食べてエネルギーを補給する。筆者はコップに入れた即席ぜんざいに保温ポットの湯をそそぎ、亀田の柿の種を頬張り、コンデンスミルクを飲んだ。先輩Tはホットコーヒーで体を温め、後輩 Hにもコーヒーをすすめていた。

 休憩をとった後、歩き出した。ここから右折すると普段なら10分で道標 NO.13の縦走路に出るが、雪山で少し時間がかかり、縦走路に出たのは午後1時20分であった。ここでも記録用の記念写真を撮る。「今来た道を戻るか、金山へ進むか」と考えたが、所要時間はどちらも同じだと判断した。先輩T は「金山へ行くか」と言い、縦走路を金山へと進んだ。普段であれば金山山頂までの所要時間は1時間である。

ようやく縦走路に出た。ここから金山山頂へと進む
ようやく縦走路に出た。ここから金山山頂へと進む

 誰も歩いてない深雪の上で足を進める。先頭は先輩T、次に後輩Hが続き、筆者は後方から写真を撮るため、少し遅れて歩いた。風が少し出てきたのでヤッケの風よけを被った。雪で覆われた登山道はルートが不明のところもあり、時々立ち止まってはルートを確認する。

 アップダウンの続く雪の縦走路を黙々と進む。先に行く2人が雪景色のなかで薄く見える幻想的な光景でもあった。このような歩みを繰り返しながら、金山(標高967m)が展望できる地点にきた。金山が見えたので、安心感も出てきた。

金山山頂(967m)がようやく見えた
金山山頂(967m)がようやく見えた

 少し歩くと、やがてたくさんのブナの大木がある場所にきた。雪をたくさん被ったブナが静かにたたずんでいて、風もなく静寂のみが漂っている。筆者は幾度となくカメラのシャッターを押した。

大雪を被ったブナの大木
大雪を被ったブナの大木

 途中でトイレを済ませたが、寒いなかで雨具のファスナーを上げるにも時間がかかる。
 ようやく歩ける態勢になり、少し寒さを覚えたのでフリースのフードを頭から被った。時間を要したため、先を歩いていた後輩Hが「池田さーん」と心配して声をかけてくれた。

 ようやく金山の肩にやってきた。あと少しだ、と思いながら、雪の中で先を歩いていた2人の足跡に自分の足を入れる、こんな作業をあと何度続ければ金山の頂上に着くのだろう。

縦走路にもイノシシが歩いた跡があった
縦走路にもイノシシが歩いた跡があった

 ようやく、金山の番所跡の表示板のある場所に着いた。ここは縦走路と三瀬峠の分岐ともなる場所だ。あと1kmという表示板を通りすぎてから到着するまで1時間もかかった。金山の番所跡から3分歩いて、ようやく金山山頂に着くと、先に着いた2人が待っていて手を振っていた。

金山山頂(967m)に到着
金山山頂(967m)に到着

 積雪は30㎝と、5年前より少なく、三角点の石標の頭が出ていた。急いでエネルギーを補給して3人の記念写真を撮り、登山口に向けて下山を開始した。時刻はすでに午後3時を過ぎていた。日没は午後5時20分である。

 凍てついた急勾配の登山道を下ると、時折、足元が不安定になる。登山口まであと20分の道標 NO.25レスキューポイント地点まで来たので、ここで小休止した。筆者のザックのポケットにチョコレートが3個残っていたので、先輩Tと後輩Hに1個ずつ手渡す。わずかなチョコレートであるが、気分転換とエネルギー補給にもなる。

 植林された杉林を20分ほど下って登山口へと戻った。時間は午後5時ちょうどで、日没寸前である。筆者はスマホで家内に連絡をしたら、「飛行機モードになっていますので、解除してください」とメッセージが出た。ガラケーからスマホにしたばかりで、残念ながら使用方法がわからない。

 家内が心配していると思い、不安を抱えながら家に着いたのは、すでに暗くなった時間であった。案の定、家内が心配して筆者や先輩 Tの携帯電話に電話していた。 先輩Tの携帯電話は電池切れで音信普通であったため、息子にも、まだ筆者が帰ってこないと連絡していた。スマホにはいまだに不慣れで泣かされている。パソコンよりも難しい。

 悪戦苦闘を強いられたが、記憶に残る5年ぶりの雪山登山であった。

(了)

脊振の自然を愛する会
代表 池田友行

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月07日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(2)

 日本の総広告費はGDPの拡大とともに年々増加の一途をたどり、今や7兆円に迫る規模に達している。電通は商業テレビがスタートした1953年以来、そうした日本の総広告費の...

2021年03月07日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(5)

 『別府市付近には、西日本を横断する断層帯である「中央構造線」に連なる断層帯がいくつもあります。大分県のホームページでは別府付近の断層を震源とする地震や南海トラフを震...

家族的な風土で社員の信頼関係を高め さらなる組織力強化を図る

 少子化に歯止めがかからないなか、政府は「働き方改革」を掲げ、IT活用による生産性の向上や労働環境の改善を促進。こうした取り組みによって離職率の低下と人材が確保できる...

2021年03月06日 08:00

極細1mmのふわふわ金糸モンブラン、太宰府天満宮参道で話題のソフトクリーム

 福岡の観光地・太宰府天満宮の参道にある金糸モンブラン専門店「香菓(かぐのこのみ)」が話題となっている。昨年12月25日のオープン以来3日間で1,000人を超える人気...

2021年03月06日 07:00

【新・「電通公害」論】崩れ落ちる電通グループ~利権と縁故にまみれた「帝王」の凋落(1)

 圧倒的な力を背景に、長期にわたりマスコミを支配し続けてきた広告代理店・電通グループ。だが、「驕れるもの久しからず」。広告料不正請求事件や過労死事件に象徴されるように...

2021年03月06日 07:00

別府市のマンション設計偽装~大分県は早急に県内の建物調査を行うべき(4)

 『「構造特性係数(Ds)」とは、保有水平耐力計算においてその建物に必要とされる「必要保有水平耐力(Qun)」を求める際の係数であり、Dsの値が大きいほど、その建物に...

誠実・勤勉に仕事を全うし地場総合建設業の使命をはたす

 (株)末永工務店は地場総合建設業として、1957年4月の創業以来63年間、地元・福岡を中心に、数多くの実績と信頼を積み上げている。今日も現状に甘んじることなく研鑽を...

いつの時代も正直に まちづくりに貢献し続ける

 福岡県内トップクラスの総合建設業として、地域のまちづくりに貢献し続ける照栄建設(株)。1972年6月、前畑一人氏によって創業され、2代目の中村悦治氏、そして2017...

企画が強みのアメイズマンション 機会を捉え新規事業にも挑戦

 九州の地方都市では、実家から独立して持ち家を求める若者や、通院に便利なようにインフラが整った街中に住みたいと望む老夫婦が、「2つ目の住宅」としてマンションを購入する...

2021年03月05日 17:19

会計法人代表らを逮捕、1.8億円脱税の疑い(福岡地検)

 福岡地検は4日、法人税や消費税など約1億8,000万円を脱税したとして、法人税法違反などの疑いで、(株)会計法人SASパートナーズ(東京都渋谷区)の武藤貴弘・代表取...

pagetop