わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月18日 16:35

とことん「リアル」なアート展~日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」

五感すべてを使って楽しめるアート

 「こんな時期だからこそ、作品を見る人がほっとして、明るい気持ちになってほしいという思いが強くなりました」。日々の生活のなかで何気なく過ごせることの幸せや、つい忘れがちなときめきを抽象絵画や写真とのコラボレーションで表現する画家、山田ゆかり氏は語る。

オンラインの対極にあるのがアートかもしれない。五感すべてを使って楽しめる、とことんリアルな世界にこだわった「日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群『響き合う世界』」が2月17日~26日まで中国文化センター(東京都港区)で開催されている。

右から、山田ゆかり氏と武楽群氏の作品
山田ゆかり氏

 日本と中国の両方で活躍している山田ゆかり氏と武楽群氏の作品を公開し、多くのアジア諸国で今も続いている旧正月(春節)を祝う。武氏は中国の伝統的な楽器「ニ胡(にこ)」の奏者であり、風景や人、文化を写実的に描いた雄大さを感じる作品が魅力だ。

「富士夕照」(武楽群氏)

一足先に春を感じる「桜日和」

 色使いでイメージが大きく変わる絵画。「響き合う世界」展では、明るい色を使い、見る人の気持ちがぱっと明るくなるような作品が並ぶ。

 壁に絵をかけるだけでなく、絵のテーマに合う植物を一緒に飾ることで、見る人が感じる世界観が広がってほしいと、フラワーアーティストの前芝良紀氏が空間のフラワーアレンジメントを工夫している。

 山田氏の作品は、光の具合で作品から放たれる輝きが変化する抽象画シリーズ「Find the sparkling moment in life」とともに、らせんを使って富士山を描いた新作「Mt.Fuji」などポップアートに近い新しい作風も。この作品では、雪景色のダイヤモンドダストのきらめきや山肌、地中に流れる目に見えないマグマを絵画のイメージで表現している。

「Mt.Fuji」(山田ゆかり氏)

 また、各地で撮影した写真を基に絵具で描いた絵画を組み合わせた新しいジャンルのアートである「I happy am, Joy is my name.」シリーズでは、海外に渡航しにくいコロナ禍のなか、日本に焦点を当てた作品がいくつも登場。たとえば、海の近くにある鳥居の風景をモチーフにした作品。立春を過ぎて日の光が少しずつ春らしくなるなか、一足先に春を感じる「桜日和」。数年前に、桜の季節に都内で雪が降ったときの1コマをモチーフに制作した「桜雪」。ふと歩みを止めて見つめたくなる、何気ない一瞬の風景を描いた作品だ。

「桜日和#3」(山田ゆかり氏)

アート写真と詩のコラボも

 水滴をあしらったアート写真の「All’s right with the world!」のシリーズでは、詩とのコラボレーションも生まれた。見る人に作品の世界観を感じてもらえるように、作品のコンセプトを詩で表現している。山田氏は「これからも、世界観を共有できる詩とコラボレーションした作品を増やしていきたいです」と意欲的だ。

水滴をあしらったアート写真が並ぶ

 「響き合う世界展」は目で見る絵画をはじめ、作品を飾っているインテリア、音楽、アロマの香りと五感すべてでアートのある空間を楽しめることがコンセプト。アートに詳しい人はもちろん、これまでアートに触れる機会があまりなかった人にも興味を持ってもらい、多くの人の人生が豊かになるきっかけになればという思いも込められている。

 やはり足を運んで本物の作品を見てこそ伝わる世界観もある。山田氏は「たとえば、同じ絵でも見る角度や光で印象が大きく変わります。実際に自分の目で見たり、五感を使って感じる気持ちを大事にしてほしいと感じています」と語った。

【石井 ゆかり】

▼関連リンク
日中芸術交流展 山田ゆかり×武楽群「響き合う世界」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月21日 15:01

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(4)NEW!

 グリーンピース「東電福島第一原発 汚染水の危機2020」の14ページでは、汚染水に含まれる放射性炭素14Cの問題を取り上げています。この件は、次の項目「放射性炭素1...

2021年04月21日 14:38

全国ノーマスクピクニックデー、全面中止にNEW!

 全国各地で連休中の5月1日(土)・2日(日)の連日開催が予定されていたイベント「全国ノーマスクピクニックデー」は、全面中止となった...

2021年04月21日 14:33

【飲食事業者の独立心、自尊心を育てよ!(4)】福岡の老舗ロシア料理店「ツンドラ」~閉店惜しみ午前中から長蛇の列NEW!

 20日、老舗ロシア料理店「ツンドラ」が5月7日に閉店すると報道された。同店は1960年創業と福岡におけるロシア料理店の草分け的な存在で、看板メニューのボルシチなどが...

2021年04月21日 13:44

【佐賀】原材料が100%佐賀産ビールの『佐賀アームストロング醸造所』NEW!

 佐賀市諸富町に立地する千葉県のプラントメーカーが、100%佐賀県産ビール大麦を使う製麦工程併設のクラフトビール工場『佐賀アームストロング醸造所』の建設を進めている...

2021年04月21日 13:26

【福岡市】「感染症対応シティ促進事業」~空気清浄機『Aura Air』も補助金対象製品にNEW!

 福岡市は、感染症対策に取り組む市内の店舗などを支援する「感染症対応シティ促進事業」を行っている...

エコモ・インターナショナル(株)(福岡)/水素水生成器卸NEW!

 同社は、4月9日、福岡地裁飯塚支部より破産手続開始決定を受けた...

2021年04月21日 11:35

アレルギー表示制度の役割、「卵」は妥当と評価~食品安全委員会NEW!

 内閣府の食品安全委員会は20日、加工食品のアレルギー表示制度で「卵」の表示を義務づけていることよって、鶏卵アレルギーの患者がアレルギー症状の誘発を防止できているとす...

2021年04月21日 11:29

【4/25~】昭和の記憶を回想 「博多どんたく」画像の吊り下げバナー企画~川端通商店街NEW!

 福岡市博多区の川端通商店街(上川端商店街振興組合、川端中央商店街振興組合)において、吊り下げバナー企画「博多どんたく昭和の記憶」が25日から5月末まで(終了日未定)...

2021年04月21日 11:00

東芝のキングメーカーになった永山治取締役会議長~迷走を続ける東芝の救世主となるか(前)NEW!

 東芝への唐突なファンドからの買収提案は、わずか1週間で社長退任劇に発展した。東芝の社長交代会見には、会長から社長に復帰した綱川智氏と取締役会議長・永山治氏が出席し、...

2021年04月21日 10:17

【企業研究】九州卸の雄・ヤマエ久野(2)

 流通業を取り巻く環境は、少子高齢化に加えて、新型コロナウイルス感染拡大というゲリラ的に発生した逆風に見舞われ、今や乱世ともいうべき様相を呈している。さらなる問題は...

pagetop