• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月22日 13:21

【IR福岡誘致開発特別連載25】IR大阪開業時期の白紙報道とIR福岡との比較

 大阪市行政は11日、コロナ禍の影響により、IR大阪の開発事業に関して、2026年開業予定も含めた、すべてのスケジュールを白紙にすると発表した。米国MGM Resorts Internationalとオリックスが主導するこの開発事業では、今の環境下で止むを得ない判断だ。

 主たる理由は公にはされていないが、事実上は米国MGM側にある。世界的なコロナ禍により、MGMは過去に経験のない1万8,000人という大量の人員解雇を実施し、未曾有の巨額損失を出しているからだ。それゆえ日本への投資は事実上の凍結状態にある。

 米国ラスベガスをビジネスの中心地とするMGMは、ライオンの彫像で知られる国内一の規模である約5,000室の部屋数を誇るMGMグランドに、噴水のショーやハリウッド映画の『オーシャンズ11』で知られているホテル、ベラージオなど米国最大のカジノホテルを含めて数多くの施設を所有し運営する総合エンターテイメント企業だ(映画制作スタジオのMGMは別とされる)。

 IR大阪のほか、北海道苫小牧、和歌山、長崎・佐世保など後背地人口の少ない観光客を主とする地域でのIR開発にはつきもののリスクが、コロナ禍で如実に露呈した。

 また、IR大阪の共同事業者であり、オーナー企業のオリックスも、同様に大きな影響を受けている。当初からのIR大阪事業計画予算などの全面的な見直しを迫られて白紙となったのだ。

 当然、大阪市行政からのMGM側への依頼でもあった、鉄道インフラ整備延長工事の負担要請額の約200億円も、コロナ前の話であり、米国を含めた海外のIR投資企業側に、これらを負担する余裕は現在まったくない。すべての条件がコロナ前から一変している。

 ところが幸か不幸か、IR福岡の場合は、本件候補地の当地の福岡市行政はいまなお正式には手を挙げていない。

 IR福岡を促進している(一社)福岡青年会議所(JCI福岡)を筆頭に民間グループ組織は、昨年8月に福岡市行政と市議会ならびに(一社)九州経済連合会や在福岡米国領事館などの各関係機関に対して、この誘致促進を促すための「上申書」を提出し、その後、さらに、3万筆にも上る市民からの本件促進要請書名簿も併せて提出している。これらは、全国IR候補地ではほかに例がない。つまり、行政がコロナ以前に計画していたわけではないということだ。

 前回、IR福岡はコロナ収束後の、当地での各鉄道事業者の唯一の"救世主"であると、すでに説明している。また、IR福岡に関わる巨額な流動資金は、国と当地行政が進める「国際金融都市構想」を実現し、各地元金融機関からみても大きな"付加価値"と説明している。

 さらに、IR福岡は苦境にある各種観光関連業であるJAL、ANA、JTB、近畿日本ツーリスト、HIS、近年中に完成する天神のザ・リッツ・カールトン福岡などの宿泊業にも多大な貢献をするだろう。

 それどころか、コロナ前にIR福岡関係者から聞いた話によると、5つ星ホテルの少ない当地に、世界的著名なペニンシュラ、フォーシーズンズ、マンダリン、シャングリラなどのホテルも、隣接するアイランドシティの活用も含めて、続々と誘致開発が可能になるという。当地には、それを受け入れるだけの市場性は十分にある。

 MICEのほか、世界大会が開催可能な国際規格のリトルリーグ専用野球場(現在は神奈川県逗子市に1カ所のみ)、家族で楽しめるエンタメ施設、ギター型のIR高層ホテルなどが進出する可能性もイメージできれば、なんとワクワクする話ではないか!

 しかし、行政機関という組織は厄介なもので、IR大阪でも一度決めたことを変えるには、大変な労力が要る。従って、コロナ禍の影響で、当初のスケジュールを"白紙"に戻さざるを得なかったのだ。

 IR福岡の場合は、候補地までの既存の交通インフラが充実しており、ほぼ揃っているといえる。加えて前述の民間組織が先行して戦略を練っている。それゆえIR福岡は今後も規制を受けることなく柔軟に準備できる。タイミングも良い。若い人が集うJCI福岡が主導する魅力的な案件ではないか!

 筆者は、コロナ禍で苦境にある福岡の新たな雇用促進および経済の再生には、このプロジェクト以外には方法がないものと確信する。

【青木 義彦】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年03月08日 17:55

加速する建設現場へのICT技術の導入、「i-Construction大賞」授賞式開催〜国土交通省NEW!

 国土交通省は5日、「i-Construction大賞」の授賞式をオンラインで開催した。同賞は、建設現場の生産性向上を図る「i-Construction」に係る優れた...

2021年03月08日 17:44

アフターコロナの市民の心を癒す「パブリックアート」の大きな役割!(1)NEW!

 ニューヨークはアートの街として2つの点で有名である。1つは、ニューヨークには「メトロポリタン美術館(MET)」「ニューヨーク近代美術館(MoMA)」など83もの美術...

2021年03月08日 17:32

【東日本大震災から10年】宮城県で津波を経験、九死に一生を得るNEW!

 ゼオライト(株)の常務取締役・松井真二氏は2011年3月9日、フジパン仙台工場の水処理プラントの設置を行うため、河村恭輔名誉会長(当時・会長)と河村勝美会長(当時・...

2021年03月08日 17:07

【福岡県知事選2021】元国交省局長・奥田氏が出馬断念 2日の速報ピタリNEW!

 小川洋・福岡県知事の辞職にともなう県知事選に出馬する意向を示していた、元国交省局長の奥田哲也氏(59)が今日午後、立候補を断念すると表明した。自民党の二階俊博幹事長...

2021年03月08日 16:51

大野城~水城橋梁補修、14.8億円で前田建設工業が落札NEW!

 福岡県北九州高速道路公社発注の「大野城~水城橋梁補修工事(R2-3)」を、前田建設工業(株)九州支店が14億8,690万円(税別)で落札した...

2021年03月08日 16:22

テスラは電気自動車の最後の勝者になれるのか?NEW!

 二酸化炭素の排出抑制など、環境への配慮を優先する機運が高まり、自動車業界でも電気自動車へのシフトが本格化している。そのような状況下で、新型コロナウイルスによるパンデ...

2021年03月08日 16:09

【怪文書】故・田中久也県議の後継めぐり怪文書 出所をほぼ特定NEW!

 昨年12月30日に亡くなった自民党福岡県議の田中久也氏(享年87)の後継をめぐる補欠選挙が、県知事選と同じ4月11日に行われる...

水のリーディングカンパニーとして 地域社会に安心安全を提供し続けるNEW!

 ゼオライト(株)は1969年11月、「良い水創り・人財(ひと)創り」を経営理念に河村恭輔氏が創業。70年8月に株式会社に改組して、恭輔氏が代表取締役に就任。2004...

街をデザインすることで地域貢献 時代を越えて残る住まいを提供NEW!

 西武ハウス(株)は、「デベロッパー業務を通じて広く社会に貢献する」という経営理念のもと、環境・プラン・品質・デザインあらゆる点で「つくり手が住みたくなる住まい」を追...

2021年03月08日 14:57

ポスト・コロナ時代をどう生きるか?変化する国家・地域・企業・個人、そして技術の役割(5)

 『安倍前首相は米国とイランの国際関係を仲裁しようとイランを訪問しましたが、イラン核合意では成果が出ませんでした。欧州はイランの核合意復帰を望みますが、バイデン政権は...

pagetop