わらび座ミュージカル「北斎マンガ」特設ページ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月25日 14:37

【IR福岡誘致開発特別連載26】中国政府のカジノ観光客囲い込みと致命傷を負うIR長崎

 筆者が当初から指摘し、予測していた通りのことがまた起こった。24日付の一般紙によると、中国政府は香港に続く中国化の一環として、マカオにおける自国民のカジノ観光客を規制し、国外に出さずに囲い込む方針という。

 つまり、中国人民富裕層のすべての観光客に規制をかけて、自国でコントロール可能なマカオ以外での国外カジノ観光を禁止するという施策だ。共産党による独裁政権でなければできない芸当である。

 米中の覇権争いが激化するなか、中国問題は米国トランプ前大統領のファーウェイ問題から始まり、バイデン政権でも我が国の安全保障問題も含めてさらに顕著になってきている。このため筆者は、香港・マカオを中心とする中華系の海外IR投資開発企業などには、IR福岡の誘致開発に関するチャンスは一切ないと主張してきた。

 また、候補地周辺の後背地人口が少ない長崎佐世保のIRハウステンボスにとっては、今回の中国人富裕層の観光客集客計画は完璧に“致命傷"となる。このコロナ禍のなかで、中国問題は一気に顕著となってきたわけである。

 これは、香港の金融開発企業Oshidori International(junket企業)などの中華系企業も同様である。また、相乗りした米国企業のMohegan Gaming Entertainmentも同様に致命傷を負う。なぜなら、彼らが韓国・仁川で実行計画中のIR開発事業「インスパイアプロジェクト」も中国人富裕層が主体の計画であるからだ。

 我が国と異なり、韓国国内のカジノは韓国人の利用について1カ所(山のなかの江原道ランド)を除き、すべて禁止していて、中国人の富裕層が来ないと成り立たないという事情がある。

観光客集客が主体の事業計画はあり得ない

 筆者は当初から、IR福岡誘致開発のポイントは候補地周辺の「後背地人口の大小」にあると重ねて説明してきた。したがって、海外からの観光客の集客は、あくまでもプラスアルファの計画であるべきだ。

 その点、IR福岡は当初から、これらを熟知した米国IR投資開発企業を主体とした計画であり、海外開発企業が主体の香港・マカオとは異なる。中華系のカジノに偏った収益よりも、エンターテイメント全般に重きを置いた米国の民間組織先行のIR事業計画である。当然ながらプラスアルファとして、香港・マカオを含むアジアからの集客と連携計画も折り込み済みとなっている。

 IR福岡の関係者の話によると、IR大阪も含めて、米国IR投資開発企業との今後の取り組みは、全米で猛威をふるったコロナ禍によって疲弊した経済環境の打開と密接に関連するという。つまり、近日中に米国議会で承認されるとみられる、バイデン新政権による1.9兆ドル(約209兆円、日本は73兆円)に上る追加経済対策の実行と、ワクチン接種の進捗次第だと聞く。最近の世界的な株価の高騰からその期待は大きく、実行されるものと考えられる。

 したがって、我が国でIR事業開発が可能な地域は、当初から言っている東京都中心の関東都市圏、大阪市中心の関西都市圏、福岡市中心の北部九州都市圏の3カ所しかない。和歌山も長崎も困難である。今回のコロナ禍や中国・習近平政権による施策は、海外観光客の集客計画がいかにリスキーであるかを露呈したと言える。

 IR福岡誘致開発事業の結論は、日々絞られてきている。そろそろ、福岡市行政と各地元財界関係者も動くべきではないだろうか。郷土の福岡・九州の将来を担う、福岡JCをはじめとした若者たちの民間組織ががんばりに応えて、全面的に協力・支援する必要があると考えられる。これだけの条件がそろっているI R候補地はほかにはないだろう。

【青木 義彦】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年04月21日 15:01

福島原発事故、アルプス処理水を海洋放出して良いのか~報道では語られない諸問題と私の提案(4)NEW!

 グリーンピース「東電福島第一原発 汚染水の危機2020」の14ページでは、汚染水に含まれる放射性炭素14Cの問題を取り上げています。この件は、次の項目「放射性炭素1...

2021年04月21日 14:38

全国ノーマスクピクニックデー、全面中止にNEW!

 全国各地で連休中の5月1日(土)・2日(日)の連日開催が予定されていたイベント「全国ノーマスクピクニックデー」は、全面中止となった...

2021年04月21日 14:33

【飲食事業者の独立心、自尊心を育てよ!(4)】福岡の老舗ロシア料理店「ツンドラ」~閉店惜しみ午前中から長蛇の列NEW!

 20日、老舗ロシア料理店「ツンドラ」が5月7日に閉店すると報道された。同店は1960年創業と福岡におけるロシア料理店の草分け的な存在で、看板メニューのボルシチなどが...

2021年04月21日 13:44

【佐賀】原材料が100%佐賀産ビールの『佐賀アームストロング醸造所』NEW!

 佐賀市諸富町に立地する千葉県のプラントメーカーが、100%佐賀県産ビール大麦を使う製麦工程併設のクラフトビール工場『佐賀アームストロング醸造所』の建設を進めている...

2021年04月21日 13:26

【福岡市】「感染症対応シティ促進事業」~空気清浄機『Aura Air』も補助金対象製品にNEW!

 福岡市は、感染症対策に取り組む市内の店舗などを支援する「感染症対応シティ促進事業」を行っている...

エコモ・インターナショナル(株)(福岡)/水素水生成器卸NEW!

 同社は、4月9日、福岡地裁飯塚支部より破産手続開始決定を受けた...

2021年04月21日 11:35

アレルギー表示制度の役割、「卵」は妥当と評価~食品安全委員会NEW!

 内閣府の食品安全委員会は20日、加工食品のアレルギー表示制度で「卵」の表示を義務づけていることよって、鶏卵アレルギーの患者がアレルギー症状の誘発を防止できているとす...

2021年04月21日 11:29

【4/25~】昭和の記憶を回想 「博多どんたく」画像の吊り下げバナー企画~川端通商店街NEW!

 福岡市博多区の川端通商店街(上川端商店街振興組合、川端中央商店街振興組合)において、吊り下げバナー企画「博多どんたく昭和の記憶」が25日から5月末まで(終了日未定)...

2021年04月21日 11:00

東芝のキングメーカーになった永山治取締役会議長~迷走を続ける東芝の救世主となるか(前)NEW!

 東芝への唐突なファンドからの買収提案は、わずか1週間で社長退任劇に発展した。東芝の社長交代会見には、会長から社長に復帰した綱川智氏と取締役会議長・永山治氏が出席し、...

2021年04月21日 10:17

【企業研究】九州卸の雄・ヤマエ久野(2)

 流通業を取り巻く環境は、少子高齢化に加えて、新型コロナウイルス感染拡大というゲリラ的に発生した逆風に見舞われ、今や乱世ともいうべき様相を呈している。さらなる問題は...

pagetop