• このエントリーをはてなブックマークに追加
2021年02月22日 13:21

【IR福岡誘致開発特別連載25】IR大阪開業時期の白紙報道とIR福岡との比較

 大阪市行政は11日、コロナ禍の影響により、IR大阪の開発事業に関して、2026年開業予定も含めた、すべてのスケジュールを白紙にすると発表した。米国MGM Resorts Internationalとオリックスが主導するこの開発事業では、今の環境下で止むを得ない判断だ。

 主たる理由は公にはされていないが、事実上は米国MGM側にある。世界的なコロナ禍により、MGMは過去に経験のない1万8,000人という大量の人員解雇を実施し、未曾有の巨額損失を出しているからだ。それゆえ日本への投資は事実上の凍結状態にある。

 米国ラスベガスをビジネスの中心地とするMGMは、ライオンの彫像で知られる国内一の規模である約5,000室の部屋数を誇るMGMグランドに、噴水のショーやハリウッド映画の『オーシャンズ11』で知られているホテル、ベラージオなど米国最大のカジノホテルを含めて数多くの施設を所有し運営する総合エンターテイメント企業だ(映画制作スタジオのMGMは別とされる)。

 IR大阪のほか、北海道苫小牧、和歌山、長崎・佐世保など後背地人口の少ない観光客を主とする地域でのIR開発にはつきもののリスクが、コロナ禍で如実に露呈した。

 また、IR大阪の共同事業者であり、オーナー企業のオリックスも、同様に大きな影響を受けている。当初からのIR大阪事業計画予算などの全面的な見直しを迫られて白紙となったのだ。

 当然、大阪市行政からのMGM側への依頼でもあった、鉄道インフラ整備延長工事の負担要請額の約200億円も、コロナ前の話であり、米国を含めた海外のIR投資企業側に、これらを負担する余裕は現在まったくない。すべての条件がコロナ前から一変している。

 ところが幸か不幸か、IR福岡の場合は、本件候補地の当地の福岡市行政はいまなお正式には手を挙げていない。

 IR福岡を促進している(一社)福岡青年会議所(JCI福岡)を筆頭に民間グループ組織は、昨年8月に福岡市行政と市議会ならびに(一社)九州経済連合会や在福岡米国領事館などの各関係機関に対して、この誘致促進を促すための「上申書」を提出し、その後、さらに、3万筆にも上る市民からの本件促進要請書名簿も併せて提出している。これらは、全国IR候補地ではほかに例がない。つまり、行政がコロナ以前に計画していたわけではないということだ。

 前回、IR福岡はコロナ収束後の、当地での各鉄道事業者の唯一の"救世主"であると、すでに説明している。また、IR福岡に関わる巨額な流動資金は、国と当地行政が進める「国際金融都市構想」を実現し、各地元金融機関からみても大きな"付加価値"と説明している。

 さらに、IR福岡は苦境にある各種観光関連業であるJAL、ANA、JTB、近畿日本ツーリスト、HIS、近年中に完成する天神のザ・リッツ・カールトン福岡などの宿泊業にも多大な貢献をするだろう。

 それどころか、コロナ前にIR福岡関係者から聞いた話によると、5つ星ホテルの少ない当地に、世界的著名なペニンシュラ、フォーシーズンズ、マンダリン、シャングリラなどのホテルも、隣接するアイランドシティの活用も含めて、続々と誘致開発が可能になるという。当地には、それを受け入れるだけの市場性は十分にある。

 MICEのほか、世界大会が開催可能な国際規格のリトルリーグ専用野球場(現在は神奈川県逗子市に1カ所のみ)、家族で楽しめるエンタメ施設、ギター型のIR高層ホテルなどが進出する可能性もイメージできれば、なんとワクワクする話ではないか!

 しかし、行政機関という組織は厄介なもので、IR大阪でも一度決めたことを変えるには、大変な労力が要る。従って、コロナ禍の影響で、当初のスケジュールを"白紙"に戻さざるを得なかったのだ。

 IR福岡の場合は、候補地までの既存の交通インフラが充実しており、ほぼ揃っているといえる。加えて前述の民間組織が先行して戦略を練っている。それゆえIR福岡は今後も規制を受けることなく柔軟に準備できる。タイミングも良い。若い人が集うJCI福岡が主導する魅力的な案件ではないか!

 筆者は、コロナ禍で苦境にある福岡の新たな雇用促進および経済の再生には、このプロジェクト以外には方法がないものと確信する。

【青木 義彦】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

     

トップニュース

2021年02月27日 07:00

DXで顧客・従業員満足を実現~食品シェア、まず10%に引き上げ(前)

 おりからの新型コロナウイルス感染拡大で総合スーパーは大きな影響を受けている。新型コロナをどう乗り切り、新たな成長につなげていくか、新会社の方針を柴田祐司社長に書面イ...

2021年02月27日 07:00

本社売却、史上最大の赤字・・・大きく揺れる電通(4)

 電通は2013年3月、英大手広告代理店イージス・グループを約4,000億円で買収した。電通にとって過去最大の買収額だ。電通がイージスを買収したのは、12年2月に仏広...

産学官連携の事業に積極的に取り組み 地域の発展に大きく貢献する

 もうすぐ26周年を迎えるコンダクト(株)は、次の30年に向けた5カ年計画を策定した。その中身は九州大学大学院と共同研究する『まちのコミュニティ×防災・防犯セミナー』...

2021年02月26日 18:08

【総務省接待問題】東北新社 社長辞任、菅部長は異動

 総務省接待問題を受け、東北新社は本日、二宮清隆代表取締役社長の辞任を発表した。また、菅義偉首相の長男の菅正剛統括部長に対しては、就業規則に基づき懲戒処分を行い、メデ...

2021年02月26日 17:35

【新型コロナ変異株】自民党が新型コロナ対策本部感染症ガバナンス小委員会を開催

 自民党は2月24日、新型コロナウイルス対策本部感染症ガバナンス小委員会を党本部で開催した。厚生労働省から新型コロナウイルスの「変異株対策の現状について」の発表が行わ...

2021年02月26日 17:23

コロナ禍で台湾が世界への協力をアピール!~Taiwan Can Help, Taiwan is helping.(1)

 新型コロナウイルス感染症対策で、台湾は世界でトップクラスの優等生である。マスク着用やソーシャルディスタンスなどの衛生管理は徹底されているが、テレワーク、オンライン授...

2021年02月26日 16:53

コロナとトランプの先に潜む新たなデータ覇権争いと人体への影響(前)

 アメリカで行われたバイデン新大統領の就任式は前代未聞であった。なぜなら「影の主役はコロナ」といっても過言ではなく、何から何まで“異例づくめ”の展開となったからだ...

GoTo緊急事態繰り返す菅二階内閣

 菅内閣の基本原則は「後手後手、小出し、右往左往」である。コロナ対策の後手後手対応は安倍内閣から引き継いだもの。昨年1月にコロナ感染が重大視された時点から、対応は後手...

2021年02月26日 16:06

【3/27】福岡高速6号線・臨港道路アイランドシティ3号線が開通

 福岡市は24日、香椎浜からアイランドシティに架かる都市高速道路(福岡高速6号線・臨港道路アイランドシティ3号線)が3月27日に開通すると発表した...

2021年02月26日 16:00

JR九州 来春の新卒採用見送りを発表 34年ぶり新規採用なし

 九州旅客鉄道(株)は25日、新型コロナウイルス感染拡大による業績悪化を受け、2022年度の新卒採用を見送ると発表した...

pagetop